誰でもお金持ちになれるのに誰もやらない。お金持ちになるのはとても簡単だった!

ライフハック

最近YouTubeを見ていて、お金について「本当だ!」と思うことがあったので書いておきます。

これでみんなお金持ちになれるんですが、これをすると日本の経済は悪くなるので、みんなが行ってはいけません。

これを読む人はそんなにいないだろうと思って書きます。

とはいえ、もうYouTubeでも配信されているので、やる人はやるんだと思います。

では、下記に「誰でもお金持ちになれるのに誰もやらない。お金持ちになるのはとても簡単だった!」と気づいた動画をお伝えします。

 

もうこれで10年後にはお金持ちになる人がいると思いますし、収入が低い人でも定年までには1億円持っている人がたくさんいると思います。

このYouTubeと本が言っていることはお金を使うタイミングを考えようということだと思います。

そして、上で言った通り、10と定年までと差があるのは、誰もが副業や起業で成功するとは限らないし、今の年収がみんな違うからですね。

でも今から書く方法を行えば高確率で1億円は手に入ります。

とはいえ、はじめにお伝えしたようにみんながやってしまうと、経済が回らなくなるので、内緒にする必要があります。

「誰でもお金持ちになれるのに誰もやらない。お金持ちになるのはとても簡単だった!」みんなお金を使うタイミングを間違えている

さてまず考えなければならないことは、1億円あったらどうなるかということです。

1億円あると、配当だけで毎年800万円入ってくるかもしれません。

yahooの株式ランキングで配当利回りを調べると、エイベックスの配当金が2021年2月28日現在、8.16%だということがわかります。

配当が確定する日に、エイベックスの株を1億円分買うと、800万円手に入れることができます。

他にもソーシャルレンディングなどで高利回りなものはたくさんあります。

怖い人は社債や国債に投資しても良いです。

お金は賢く投資すれば増えます。

でもこの動画でも言っているように100万円投資しても1年に1万円ほど、1,000万円投資しても1年に10万円ほどしか儲からず投資のインパクトを感じられないんです。

でも1億円投資したら上述のように800万円つまり、100万円単位のリターンを簡単に得ることができます。

800万円と言ったら多くの人の年収を超えているのだと思います。

それが1億円あれば簡単に手に入るんです。

でもそんな1億円なんてどうやって貯めるんだと思うと思います。

多くの人は1億円手に入れるためには、年収をあげないと無理だと思っているんだと思います。

私もそうでした。

お金持ちにしか1億円は作れない、そう思っていたんです。

でもそうじゃなかったんです。

別に年収が高くなくても大金を作ることができます。

それは単にお金を使わなければ良いだけです。

お金を使わないだけでお金は貯まる

皆さんはどうしてお金が貯まらないのでしょうか。

みんなお金を稼いでいるから生活できているのだと思います。

お金を稼いで生活をするんですね。

でもその生活はみんな人それぞれです。

子どもがいる人もいますし、収入もまちまち、さらに車を買ったり、家を買ったり、いろんなことにお金を使っています。

その使うお金が多ければ多いほど、お金はなくなります。

反対に使うお金が少なければ少ないほどお金は貯めることができます。

もし1億円を貯めることができれば、配当だけで毎年800万円入ってきます。

黙っていても今の年収より稼げるようになります。

でもそれをみんなできません。

なぜならお金を使うタイミングが間違えているからです。

皆さんはどうして子どもを育てるのでしょうか。

皆さんはどうして車や家、服、家電を買うのでしょうか。

中にはローンを組んで物を購入する人がいます。

ローンを組んで脱毛にいく人もいるし、歯の矯正をする人もいます。

電車に乗ると、広告があり、テレビを見ると広告が流れます。

その全てはお金を使ってくださいと訴えています。

だからみんなお金を使ってしまうのですが、そのお金は本当に使う必要があるのでしょうか。

子どもを設けるといくらかかる?

さて子どもを作るといくらかかるかご存知でしょうか。

人1人育てるので、そのお金が必要になります。

養育費、教育費、服、旅行などなど。

本当に膨大なお金が必要になります。

子どもを作らなければそのお金は全て使用しなくて良いです。

とはいえ、子どもを作らなかったら将来の経済に悪影響を与えるため、これは内緒にしておいてください。

車や家を買えばすんごいお金がかかる

東京に住んでいる人で車や家を買う人がいると思います。

そのお金本当に払う必要があるんでしょうか。

車を買う人はどうして買うんでしょうか。

別にレンタカーでも良いはずです。

自転車でも良いです。

なのにわざわざ高い車を買います。

動画でも言っていますが、ベンツを買う理由はどこにあるんでしょうか。

あるとすれば見栄を張るためです。

自分がベンツを持っているんだと見せびらかしたいから買っている人が多いのではないでしょうか。

車は物を運ぶために必要な道具です。

しかし車を買えば、燃料費、税金、ローン返済などさまざまなお金がかかります。

車を買うだけで負債を抱えることになります。

大きな一軒家を買うと5,000万円ほどかかります。

それを普通は一括で購入できませんからローンを組みます。

ローンはお金を借りるという行為なので、実際の値段よりも高い金額を払うことになります。

みんな本当は買えないのに買うんですね。

トータルで多くのお金を払っていることになります。

そもそもそんなに大きな家を買う必要があるんでしょうか。

家が大きければ電気代も高くつくし、税金も高くつきます。

さらに掃除も面倒です。

でもみんな大きな家に住みたい、「人に自慢できる」。

「とても快適に過ごせる」と言って買うんだと思います。

それと代償にどんどん貧乏になります。

もしも1億円貯めて年収が800万円で、さらに仕事をして10億円貯めて、年収が1,000万円になったのちにそのお金で1億円貯めて、家を一括で購入したらどうでしょうか。

私はしませんが、もしも家が欲しいのであれば、買うタイミングは10億貯めたあとなのです。

つまり車や家、家電も子どももみんな買うタイミングを間違えてしまっているということです。

「誰でもお金持ちになれるのに誰もやらない。お金持ちになるのはとても簡単だった!」お金を貯めるにはどうしたら良いのか?

お金のイメージ画像

お金を貯めるにはどうしたら良いのか?

例えば今の手取りが30万円だったとします。

その人の手取りが100万円になった時何をするんでしょうか。

大抵の人は今家賃が5万〜8万円だったとすると、10万円の家賃の家に住むようになるんじゃないでしょうか。

家賃は収入の3分の1と決まっていますから、30万円の家賃の家に引っ越す人もいるかもしれません。

収入が増えて使うお金が増えたら、手元に残るお金は変わりません。

でももしも100万円の手取りがあって、それでも5万〜8万円の家を借りていたら、お金はどんどん貯まります。

それは本当に必要な物でしょうか

皆さんは買い物へ行くと思います。

服が欲しい、メガネが欲しい、新しい洗濯機が欲しい。

それを買うタイミングは本当に適切でしょうか。

例えば服を買いたいとします。

でも家のクローゼットにはたくさんの服が並んでいます。

そのどれもはもう3年も着てヨレヨレになっています。

だから新しいのが欲しい。

でも別にその服まだまだ着れるんですよね。

もっといえば、破れても縫えばまだ着れます。

新しい服を買う理由は何でしょうか。

みんなにかっこいい服を着ている自分を見せたいからでしょうか。

みんな欲しい物を買って老後を心配します。

新しい洗濯機は必要でしょうか。

家にある洗濯機はまだ使えるはずです。

下手したらまだ5年は使えるはずなのに、新しいドラム缶の洗濯機が出たから、知り合いが持っていたから買うなんてことはないでしょうか。

脱毛も同じです。

脱毛をしたら剃刀大は削減できますが、その剃刀台と脱毛台は何年で元が取れるんでしょうか。

何十年もかかるなら、脱毛なんてしなくて良いですよね。

つまり皆さんはいらないのに見栄や流行りで物を購入していることが多いのです。

そんなことをしていると本当に必要な時にお金を払えなくなってしまいます。

なので、それが必要かどうか考えるのではなく、今持っているものがまだ使えるのではないかと考えるようにするとよいでしょう。

このように今まで欲しかった物を買うのをやめたら、お金はどんどん貯まっていきます。

ジムに行っている人はYouTubeで無料で自重トレーニングを見ながら筋トレをしたら毎月1万円ほど削減できます。

「誰でもお金持ちになれるのに誰もやらない。お金持ちになるのはとても簡単だった!」定年までには高確率で1億貯められる

created by Rinker
¥1,782 (2021/04/16 14:43:11時点 Amazon調べ-詳細)

動画では早いうちに1億貯めて早く仕事をやめようと言っています。

そのためには副業を当てて、起業を成功させなければならないとなっています。

この手の本は自分が起業で成功したからみんなもそれをしようと言っているんですが、みんなが起業で成功したら今頃違う世界になっていると思いますし、正社員が減ってしまいますので、経済破綻していると思います。

起業家たちも働いてくれる人が見つからないので、事業を拡大できません。

つまり起業を成功させようと言っている人たちはミスリードをしています。

しかし起業を成功させよう、副業を成功させようと努力することはとても重要です。

でもやった人みんなが成功するわけでは決してありません。

でも節約、倹約を続けることができれば、定年退職までには高確率で1億円貯めることができます。

手取り30万円の人でも1年間月10万円貯金すれば1年で120万円余剰資金ができ、20万円を旅行へ回しても50年で,5000万円貯まります。

5000万円あれば、1億円で800万円得られる配当利回りが400万円分得ることができます。

これでも老後はかなり楽です。

手取り30万円で、20万円の生活は私でもできています。

食事は全て自炊、1日1食、家賃5~8万円でも十分暮らしていけます。

普通に出かけることもできます。

年齢が上がれば手取りがどんどん増えます。

つまり起業で成功せずともお金はどんどん増えます。

ちなみに5,000万円貯金する前も配当利回りで得たお金を福利として投資に回せば貯まるお金は倍速します。

【まとめ】「誰でもお金持ちになれるのに誰もやらない。お金持ちになるのはとても簡単だった!」

今回言いたかったことをまとめると、たくさん稼いでもお金を使わず貯めようということです。

よくタワーマンションに住んでいる人がいますが家賃は30万円です。

でも普通に8万円の家賃の家でも生活はできます。

つまり毎月20万円ほど捨てていることになります。

お金を持っている人の中には100万円をばら撒いている人がいます。

でもあの人たちは10億円以上持っていて持っていて、毎年配当で1000万円入ってくるからです。

100億円持っていたら配当で1億入ってきます。

となると、100万円ばら撒いても一向にお金が減らず、また増えます。

なので、一旦お金をたくさん作ってからばら撒いてファンを増やすなどするのが良いです。

大きな家も、一度100億作ってから買った方が良いのです。

それまでは倹約する。

高い物を買っている人たちを見ても羨ましがらず、買うタイミング間違えているんだなと思いながら、話を合わせるのが得策なのです。

1億円貯めるまでは、自分が最低限満足できる生活を続け、最後に安心して暮らせるようになるのを待ちましょう。

ちなみに1,000万円貯めることができれば、そのノウハウも売れることでしょう。

それが起業につながるかもしれません。

まずは倹約です。