【スター・ウォーズ】レイの正体とは?親は誰?スター・ウォーズ9の結末も考察

映画

「スター・ウォーズ」で新たな主人公になったレイですが、彼女はどうして主人公になったのでしょうか。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」では、レイの両親が何者でもないと公表されました。

ファンは「レイはハン・ソロとレイアの娘」ではないか、「ルークの娘なんじゃないか」、はたまたハン・ソロに登場した「キーラの娘なのではないか」と様々な考察をしていました。

しかし、レイの両親は「何者でもない人」だと一旦落ち着きました。

ただよく考えてみると、何者でもない人の娘がどうしてこの超巨大映画の主人公になっているのでしょうか。

この疑問がやはり払拭できません。

そこで、下記の話題が飛び込んできたので、私は改めてレイが何者なのかを考察していきます。

「スター・ウォーズ」レイの正体は?

上記のギズモードの記事には、ダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーがシーヴ・パルパティーンの息子であることがわかったと書かれています。

アナキン・スカイウォーカーの母親はシミ・スカイウォーカー・ラーズです。

彼女はタトゥイーンに住む人間の女性です。

シーヴ・パルパティーンは普通の人間の女性にフォースを使用し、子どもを産ませました。

ちなみにシーヴ・パルパティーンとは、パルパティーン最高議長のことです。

彼はフォースを使用し、普通の人間に自分の子どもを産ませたのです。

そして、最新作「スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」の予告でパルパティーンの笑い声が流れ、彼の復活が話題になっています。

ギズモードの記事を元にすると、スカイウォーカーは、パルパティーンの子孫であることがわかります。

つまり「スカイウォーカー家=ダース・シディアスの子孫」だということです。

つまりスカイウォーカー家がどうしてこれほど不安定なのかというと、そもそも祖先がダークサイドだからなのです。

アナキン・スカイウォーカーはなるべくして、ダークサイドに墜ちたのです。

「スター・ウォーズ」レイの父親はパルパティーン?

となると、レイの父親がパルパティーンだという可能性もあるということです。

そしてもしそうだとすると、最新作「スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」でパルパティーンが復活する理由がわかります。

ここではレイの父親がパルパティーンであったらどうなるのかという視点で考察していきます。

レイは「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」でカイロ・レンによって「両親は名のない人だ」と自白させられました。

レイの両親は自分たちの生活のためにレイを売ったのです。

レイは両親に売られた子どもだったのです。

カイロ・レンはレイの両親はすでにジャクーで死んでいると言いました。

レイもそのことに気づいていました。

レイは自分の父親をハン・ソロに重ねていたのです。

ハン・ソロ亡き後は、ルークをその代わりにしました。

ファンは、「なんだレイの両親は普通の人か」とがっかりしたのですが、よく考えてみるとアナキンの母親も普通の人です。

普通の人からアナキンが生まれ、そこからスカイウォーカー家が始まったのです。

そしてレイも普通の人から生まれました。

でもそれが全てパルパティーンのフォースの力だったとしたら、話は大きく変わってきます。

レイはパルパティーンの娘だったのです。

パルパティーンのフォースによって生まれた娘です。

どうしてスカイウォーカーの復活?

さて、最新作「スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」の原題はどうして「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」なのでしょうか。

皆さんはルーク・スカイウォーカーが死んだことを知っています。

もちろんジェダイは亡くなりませんので、魂としては今も生きています。

それはアナキンも同じです。

ですが、もう形としては亡くなっています。

今生きているスカイウォーカー家の血筋は、カイロ・レンだけです。

カイロ・レンはまたもや暗黒面に堕ちてしまいました。

これは祖先がそもそも暗黒面だから仕方がないことです。

カイロ・レンがそもそもすでに存在しているので、「スカイウォーカーの復活」というは、原題としてはおかしいです。

しかし「スカイウォーカー家=ダースシディアス」、つまり「スカイウォーカー=ダークサイド」という意味だったらどうでしょうか。

「スター・ウォーズ」のダークサイドとは?

アナキン・スカイウォーカーは暗黒面のパルパティーンによって産み落とされました。

ですので、彼は完全な黒です。

ダークサイドです。

ダークサイドの素質を持つ人は、怒りや嫉妬、寂しさなど負の感情を抱いた時、暗闇に堕ちやすいものです。

だからアナキンは母親を無残に殺された時、クイーン・アミダラ(パドメ)の愛があったにも関わらず、ジェダイを滅ぼし闇の世界に堕ちていきました。

しかし、その娘・息子である、ルークとレイアはパドメの100%正義の素質が半分受け継がれているため、悪に屈することなく正義を貫くことができます。

ここで悪と正義が半分になったのですね。

レイアとルークは悪にもなるし正義にもなることができたのです。

そしてルークはヨーダに導かれ正義を貫くことができました。

ですが、カイロ・レンの父親ハン・ソロは悪でもなければ正義でもない中間的な人間です。

レイアも悪と正義を両方持っています。

そういった人物の息子であるカイロ・レンは悪にも正義にもなることができます。

カイロ・レンはハン・ソロという不真面目な父親から育ちました。

母親は大きな組織(レジスタンス)のトップです。

レジスタンスは正義ではありますが、大きな権力を持ったファーストオーダーに抵抗する反社会的組織とも捉えることができます。

(私はレジスタンスを応援しています)

その組織のトップであるレイアから厳しく育てられたにも関わらず、父親は不真面目でした。

それが直接的な理由ではないにしても、両親は自分を育てるのを放棄し、叔父のルークに修行をさせます。

同じ頃当然暗黒面がカイロ・レンの心に忍び込んできます。

すでに暗黒面に落ちかけていることに気づいたルークは、カイロ・レンを葬ろうとするのですね。

それに気づいたレンは完全に暗黒面に墜ちてしまいます。

カイロ・レンがダークサイドに墜ちた直接的理由は家庭環境ではありませんが、それが間接的な原因になったことは確かです。

つまりハン・ソロが家庭を大事にしなかったことは、非常に罪深いことであり、それがレンをダークサイドに墜とした理由でもあります。

だからこそ、レンはハン・ソロが憎くて仕方がなかったのです。

ダークサイドに堕ちる理由は確率の問題

ここで何が言いたいかというと、ライトサイドとダークサイドがルークとレイアの時点で五分五分になったのに、ハン・ソロがそこに黒を少し足してしまった形になります。

スカーウォーカー家はもともと大きな黒の血筋が祖先にいるのですが、少し黒い部分が加算されればすぐに黒くなってしまいます。

それが問題なのです。

では、レイはどうなのでしょうか。

「スター・ウォーズ」レイはダークサイドに墜ちないのか?

私はレイが普通の人から生まれたジェダイではなく、パルパティーンのフォースによって生まれたジェダイなので、レイもダークサイドに堕ちる可能性が非常に高いと思います。

というかその可能性の方が大きいと思っています。

レイがパルパティーンの血を引くと考察する根拠

まず条件として、ダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)がパルパティーンの息子だったとすると、レイが「フォースの覚醒」でスカイウォーカー家のライトセーバーに触れた時、暗黒面に引き込まれてしまうような幻想を見たのをうなづけます。

アナキンが持っていたライトセーバーは暗黒面の武器だったのです。

さらに、「フォースの覚醒」でのカイロ・レンとの死闘においてスカイウォーカー家のライトセーバーがカイロ・レンの手を飛び越えて、レイの手に吸い込まれたのも、レイがパルパティーンの直下の血筋であるからだということで納得できます。

「フォースの覚醒」時レイは何の訓練も受けていないのに、カイロ・レンに勝ってしましました。

レイが勝つことができたのは、カイロ・レンが「フォース」について言及したからです。

レイはカイロ・レンからフォースの存在を思い出させてもらったのち、尋常でない力をつけて勝利しました。

例のフォースはカイロ・レンのものより優っているのです。

つまりそれがパルパティーン本人の末裔だという理由だとしたらうなづけるのです。

「スター・ウォーズ」レイがダークサイドに落ちる可能性

人は常に恐怖と正義の間で揺れています。

どんな人でも恐怖と正義の間で戦っているのです。

例えば最愛の人を悪人に殺されたとしたら、例えば悪人に自分の地位や名誉を剥奪されたら、相手を恨まない人はいないのではないでしょうか。

大切な娘を殺害されたり、大切な両親を殺されたりしたら、誰だって人を憎む気持ちが生まれるはずです。

このスター・ウォーズはそういった問題と直結しているのです。

だからハン・ソロとレイアで、わざわざ家庭環境の悪さを描いたのです。

そこから生まれた不良少年がカイロ・レンなのかもしれません。

レイは何かのタイミングで最愛の人を失ったりすると、いくらでも暗黒面に堕ちてしまう可能性があります。

しかしそれは逆も言えることです。

カイロ・レンは本当に信頼できる人に諭されれば、ライトサイドに戻ることができます。

私が考察する「スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」の結末は、カイロ・レンのライトサイドへの帰還、そしてレイのダークサイドへの転換ではないかと思います。

主人公のダークサイドへの転換とダークサイドからのライトサイドへの帰還は今までのスターウォーズでも描かれてきました。

だとすると、カイロ・レンはレイの愛によりライトサイドに帰還します。

ですが、ライトサイドに帰還したカイロ・レンは暗黒面によって殺される。

あるいはフィンが殺害される。

そして自分の父親がパルパティーンだと知った時、レイは暗黒面に堕ちてしまう可能性があるのです。

脚本的にはその結末がよりファンの頭をかき回すことになるので、可能性としても高い気がします。

もちろんこれは考察なので、事実かどうかわかりませんが、この時点でダース・ベイダーがパルパティーンの息子だったと公表したことはとても意味があることだと思います。

さらに、「スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」の予告の最後の高らかなパルパティーンの叫び。

そしてこの「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」という題名。

つまり、これはレイが暗黒面に堕ち、本当の意味でのスカイウォーカー家が復活したという意味なのかもしれません。

こんなダークな結末を考察しましたが、私はライトな人間です。

ここまでご読了頂き、ありがとうございました。

私は引き続き、スターウォーズ情報を配信していきます。

One More Things

ここでもう1つ考えなければならないことがあります。

ジェダイの騎士というのはどのような存在であるかということです。

「スター・ウォーズ」テミリ・ブラッグ

テミリ・ブラッグは勇敢なフィンとローズの影響でレジスタンスに憧れを抱くようになった子どもです。

テミリ・ブラッグ

テミリ・ブラッグはルークの死後、フォースを手に入れたように描かれていました。

いえ、もちろんその前からフォースを受け継いでいたのかもしれません。

テミリ・ブラッグの両親は特別な人間ではありません。

カントニアでフィンとローズに偶然出会った少年です。

そう考えると、ジェダイは突然変異の可能性があります。

「スター・ウォーズ」ヨーダ

ではヨーダはどうなのでしょうか。

ヨーダが誰から生まれたのかは、はっきりしていません。

しかし彼は途中から自分がフォースの感知者であることに気づいたようです。

そしてジェダイマスター:ヌカタ・デル・ゴーモによってその素質を見出されます。

「スター・ウォーズ」オビ=ワン・ケノービ

オビ=ワン・ケノービは、人間の子どもとして生まれ、生後6か月以内にフォース感応者と認定され、訓練を受けるためジェダイ・テンプルへと連れていかれたとされています。

つまりオビ=ワン・ケノービも突然変異なのです。

「スター・ウォーズ」ジェダイとは?

このようにジェダイとは、突然変異から生まれるのではないかと思います。

しかしそれがもしも意図的に操作されて生まれているのであれば、話は変わってくると思います。

のちにダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーがパルパティーンのフォースによって生まれたのであるとすれば、テミリ・ブラッグがルークのフォースにより、力が宿った可能性もあるのです。

となるとレイも普通の人から生まれたように見えていますが、実はパルパティーンの末裔である可能性があるのです。

ネット上では、レイがダース・ベイダーの生まれ変わりであるという説もあります。

出典:シネマトゥデイ

なので、レイは強力なフォースを持っているというのです。

これが本当であれば、いくつも辻褄の合うことがありますが、これでは最後のパルパティーンの笑い声には結びつきません。

あの予告の意味からしても、レイが暗黒面に堕ちてしまうというシナリオの方がしっくりくるのです。

こちらでは新たな情報が公表されたら、追記していきます。

以上です。