Official髭男dism「Pretender」歌詞の意味(解釈)とは?『コンフィデンスマンJP』主題歌

Official髭男dism

Official髭男dismの「Pretender」は、映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌です。

Official髭男dism「Pretender」歌詞

作詞・作曲:Satoshi Fujihara

君とのラブストーリー
それは予想通り
いざ始まればひとり芝居だ
ずっとそばにいたって
結局ただの観客だ

感情のないアイムソーリー
それはいつも通り
慣れてしまえば悪くはないけど
君とのロマンスは人生柄
続きはしないことを知った

もっと違う設定で もっと違う関係で
出会える世界線 選べたらよかった
もっと違う性格で もっと違う価値観で
愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから

グッバイ
君の運命のヒトは僕じゃない
辛いけど否めない でも離れ難いのさ
その髪に触れただけで 痛いや いやでも
甘いな いやいや

グッバイ
それじゃ僕にとって君は何?
答えは分からない 分かりたくもないのさ
たったひとつ確かなことがあるとするのならば
「君は綺麗だ」

誰かが偉そうに
語る恋愛の論理
何ひとつとしてピンとこなくて
飛行機の窓から見下ろした
知らない街の夜景みたいだ

もっと違う設定で もっと違う関係で
出会える世界線 選べたらよかった
いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて
「好きだ」とか無責任に言えたらいいな
そう願っても虚しいのさ

グッバイ
繋いだ手の向こうにエンドライン
引き伸ばすたびに 疼きだす未来には
君はいない その事実に Cry…
そりゃ苦しいよな

グッバイ
君の運命のヒトは僕じゃない
辛いけど否めない でも離れ難いのさ
その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや

グッバイ
それじゃ僕にとって君は何?
答えは分からない 分かりたくもないのさ
たったひとつ確かなことがあるとするのならば
「君は綺麗だ」

それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな
永遠も約束もないけれど
「とても綺麗だ」

>>Official髭男dism「宿命」の歌詞はこちらへ

Official髭男dism「Pretender」歌詞の意味考察

Official髭男dismの「Pretender」は、愛する人を騙さなければならない人の曲です。

歌詞考察歴2年の私が、Official髭男dismの「Pretender」の歌詞の意味を考えていきます。

君とのラブストーリー
それは予想通り
いざ始まればひとり芝居だ
ずっとそばにいたって
結局ただの観客だ

一緒に住んでいたら、だんだんそれが普通になってきます。

パートナーになって、それぞれがそれぞれの生活をして、他人行儀になるのかもしれません。

結局人生は単独プレーです。

感情のないアイムソーリー
それはいつも通り
慣れてしまえば悪くはないけど
君とのロマンスは人生柄
続きはしないことを知った

いつも「ごめん」と思ってもないことを行事的にやっています。

なんだか一緒に居すぎて、愛情がなくなったように見えてしまっているのを心配しているのでしょうか。

本当はありがたいことなのに、その大切さを感じられなくなっているのです。

もっと違う設定で もっと違う関係で
出会える世界線 選べたらよかった
もっと違う性格で もっと違う価値観で
愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから

君とまた会いたいとは思うけれど、もう今のように変わらない日々はいらないと言っているのかもしれません。

これから何も変化はないでしょう。

だから、ただただそう思うだけです。

グッバイ
君の運命のヒトは僕じゃない
辛いけど否めない でも離れ難いのさ
その髪に触れただけで 痛いや いやでも
甘いな いやいや

僕は君の運命の人ではないと言っています。

そんなことを言うということは、本当は愛しています。

それなのに別れなければならなくなったようです。

どうしてこんなことになったのでしょうか。

グッバイ
それじゃ僕にとって君は何?
答えは分からない 分かりたくもないのさ
たったひとつ確かなことがあるとするのならば
「君は綺麗だ」

僕は君とどうして出会ったのでしょうか。

どうして別れなければならないのでしょうか。

別れるなら、出会わなければよかったのです。

そう思うけれど、もう過去には戻れません。

必死で何か理由を探します。

それが”無駄なことは一つもない”という言葉を作っただけではないでしょうか。

誰かが偉そうに
語る恋愛の論理
何ひとつとしてピンとこなくて
飛行機の窓から見下ろした
知らない街の夜景みたいだ

恋は誰かの論理に当てはまるものではありません。

いつも違うから誰にも慰められないのです。

これは君と僕との問題です。

他の誰のものでもない、君と僕の問題です。

もっと違う設定で もっと違う関係で
出会える世界線 選べたらよかった
いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて
「好きだ」とか無責任に言えたらいいな
そう願っても虚しいのさ

君と僕は何か結ばれることができない理由があるのかも知れません。

何も考えずに、ただ君を愛したかったのに、それはできないようです。

普通に恋をして、普通に暮らしたかったでしょう。

それがどうしてもできません。

グッバイ
繋いだ手の向こうにエンドライン
引き伸ばすたびに 疼きだす未来には
君はいない その事実に Cry…
そりゃ苦しいよな

僕は君が好きです。

離れたくないのに、別れの日はきたのです。

君はどう思っているのでしょうか。

君の想いはどこにも描かれていません。

グッバイ
君の運命のヒトは僕じゃない
辛いけど否めない でも離れ難いのさ
その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや

君と一緒に居たい。

でも、もう一緒にいることができません。

一緒にいることはどうしてもできないのです。

グッバイ
それじゃ僕にとって君は何?
答えは分からない 分かりたくもないのさ
たったひとつ確かなことがあるとするのならば
「君は綺麗だ」

今でも好きなのに、別れなければならない、君という存在をどう消化すればいいのでしょうか。

僕はまだ君を対処しきれません。

どうすればいいか全くわからないのです。

君は”こんなに綺麗なのに”僕は離れなければならないのです。

それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな
永遠も約束もないけれど
「とても綺麗だ」

二人の関係は崩れてしまいました。

そこにもうなんの意味もないのです。

でもただ一つずっと変わらないものがあります。

それは「君が綺麗だ」ということです。

これだけは変わらないのです。

別れても、僕の心は変わりません。

ずっとずっと愛しているのです。

それは変えられません。

Official髭男dism「Pretender」MV考察

僕はずっと君に片思いをしているようです。

いつも一緒にいるけど、ずっと見ているだけ。

僕は君が僕をなんとも思っていないことを一番よく知っています。

だから、僕の気持ちを告げることは君にとって「面倒だ」ということもわかっています。

僕は君と一緒にいれるだけでいいです。

本当は大好きで、もっと一緒にいたいけれど、告白なんてできるわけがないのです。

最後、僕は君に想いを告げました。

どうなるのでしょうか。

その先は描かれてません。

でも結ばれることはないのでしょう。

タイトルの「Pretender」とは?

Pretenderとは詐称者(サショウシャ)のことです。

詐称者とは、氏名・住所・職業などをいつわる人のことです。

この曲の主人公は、君のことを騙しているのでしょうか。

いえ、好きだという感情を隠しているのかも知れません。

僕は君のために僕の気持ちを隠しているのです。

僕の本当の気持ちは、君が綺麗だということです。

それを隠さなければいけない事情があります。

それが何なのかはわかりません。

この歌は、自分の感情を偽らなければいけないものの曲なのです。

Official髭男dismコメント

ドラマに続き、映画の主題歌も任せて頂き光栄です。

夢の中で「あっ、これは夢だ。」と気付く事ってありませんか?

自分を騙し切って、夢の主人公を続けたいのに、夢だってまだ気付きたくないのに、叶わない。そんな寂しさと、儚さが、
この映画に隠れているのを見つけた気がしました。そして生まれたのがこの「Pretender」でした。

苦悩と幸せが交錯する、そんな不思議で綺麗な曲が映画『コンフィデンスマンJP』とのコラボで生まれた事が本当に嬉しいです。

Official髭男dism「Pretender」は片思いの人の「幸せと苦悩が交差する」状況を描いているようです。

仲よければ、二人きりになれることもあります。

でも別れればその幸せはすぐに失せてしまいます。

結局二人が交わることはありません。

交わっているのはいつも僕の心の中の二人だけです。

それは現実でもなければ、明日必ず起きる出来事でもありません。

君との時間はいつなくなるかわからないのです。

その「瀬戸際の恋」を僕は続けているのです。

コンフィデンスマンJP

映画『コンフィデンスマンJP』は、誰かを救うため、誰かの人生を綺麗にするために、赤字覚悟で人を騙す信用詐欺師の物語です。

今回長澤まさみ演じる・ダー子と元恋人のジェシー(三浦春馬)の恋模様が、Official髭男dism「Pretender」の登場人物とリンクするように思います。

ジェシーは恋愛詐欺ですが、ダー子とは本気の恋をしたのかも知れません。

ダー子たちとジェシーが狙う獲物が一緒なので、その標的・ラン(竹内結子)の取り合いになります。

二人の過去にはいったいどのような秘密が隠されているのでしょうか。

2 件のコメント

  • 僕は、自分がプリテンダーである可能性もあると思います。

    自分自身から、相手に対して思う気持ちを抑え、解りきっている答えを、
    君は綺麗だという一言で終わりにしなければならない。自分が騙す方であれば、諦めても諦めきれないのではないでしょうか。
    戦っているのです、自分と、相手を騙すべく対峙している自分と。ともすれば、それは、自分自身を騙しているわけであり、もしかしたら、騙しきれないかもしれない。そんな葛藤が感じられます。

    だから、グッドバイ。と別れを告げなければならいののかと、今のままここにいては、自分すら騙せない、だから、別れなければならない。

    ただ、事実として、君は綺麗だと。

    偽りのない美しさで目の前に存在したあなたのことを何度も綺麗だと言いたいのではないでしょうか。

    どちらを一人称に捉えるか、振り幅のある歌詞ではないかと感じます。

    どちらにも捉えられるので、切なさと、やり切れなさがつらいです。

  • この曲、今まさに自分の恋愛事情を歌ってるみたいだと思ってました。自分のつらさを聞いてくれて死にたいとか辛いとか言ったことに対してそんなことは無いと否定して、生まれてくれてありがとうと言ってくれて俺のいいところをいっぱい教えてくれた女性がいます。その女性のおかげで俺は自分のことが少しだけ好きになれました。
    でもその女性には彼氏がいます。俺は付き合いたいけど付き合えない。振り向いて貰えない。でもこんなにすきになった女性は今まで一人としていない。そんな恋愛をしている俺がこの曲を聴くと一緒に暮らしてて別れたという解釈以外でもとれると感じました。そういう人も多いと思います!でも一緒にいて別れたというこのブログの解釈もわかる気がします。また視野が広がりました!ほんとにいい曲ですねこれは!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です