Superfly「Ambitious」歌詞の意味(解釈)とは?『わたし、定時で帰ります。』主題歌

Superfly

Superflyの「Ambitious」は、ドラマ『わたし、定時で帰ります。』の主題歌です。

PR

服はレンタルした方が得です

Superfly「Ambitious」歌詞

作詞:越智志帆・jam
作曲:越智志帆

すれ違う スーツの群れは夜よりダーク
白い靴 踏まれそうになる駅のホーム

うつむいて 画面のリンク
スケートしながら
あの人の悪い噂を拡散中

ねぇ、今宵も夜空に月が綺麗ですよ?
見上げてごらん Cry Cry Cry
オー ノー ノー

今はきらい oh yeah
でも私は生きている
簡単に手に入るほど未来は楽じゃない

心配ない oh yeah
明日も起きようね
憧れを手放さないでね
格好いい大人たち

恐竜も 進化を遂げて我が身を死守
私たちも 生き抜く術のアイディア募集

ねぇ、不安や焦りはご法度でしょうか?
今宵もぼやく Why Why Why
オー ノー ノー

夢はきらい oh yeah
ほら、急かさないでちょうだい
憧れを手放さないでね
大変ね 大人たち

ひらひら 星は流れる
ゆっくり歩いてゆけばいい
この手になんにもなくたって

今はきらい oh yeah
でも私は生きていく
生み出したい oh yeah
この小さな体から

夢が見たい oh yeah
明日に行かなくちゃ
憧れは手放さないまま

格好いい私になれ

Superfly「Ambitious」歌詞の意味考察

Superflyの「Ambitious」は、何もない状態から、大志を抱く勇気をもらえる歌です。

歌詞考察歴2年の私が、Superflyの「Ambitious」の歌詞の意味を考えていきます。

すれ違う スーツの群れは夜よりダーク
白い靴 踏まれそうになる駅のホーム

みんなスーツスーツスーツ。

駅のホームには、サラリーマンがたくさんいます。

なんでそんなにいっぱい、いるんだろうと思います。

同じ時間に同じ服を着て、誰だかわからない顔をして。

そんな塊に私は踏まれそうになったのです。

圧倒されて、でも交わりたくなくて。

うつむいて 画面のリンク
スケートしながら
あの人の悪い噂を拡散中

家に帰ったら、匿名のアカウントで、誰かの悪口を書いてストレスを発散します。

誰でもない自分で、ネット上を荒らしまくるのです。

ねぇ、今宵も夜空に月が綺麗ですよ?
見上げてごらん Cry Cry Cry
オー ノー ノー

みんな星を見る暇もなく、街での暮らしに明け暮れています。

そこには自然の入る隙もなく、人人人。

どうしてこんな世界になったのでしょうか。

今はきらい oh yeah
でも私は生きている
簡単に手に入るほど未来は楽じゃない

今の自分は嫌いです。

もっと違う自分になりたいのに、全然近づけません。

それでも生きていかなくてはなりません。

なりたくなかったサラリーマンになって、今日も誰だかわからない自分を生きていくのです。

心配ない oh yeah
明日も起きようね
憧れを手放さないでね
格好いい大人たち

たとえ今は何者にもなれなくても、歩いていかなければなりません。

夢を追い続けるのです。

そうすればあなたは、かっこいい大人になれます。

恐竜も 進化を遂げて我が身を死守
私たちも 生き抜く術のアイディア募集

生きていくために変わってきました。

動物も人間も、皆同じです。

どうにか生きていかなければなりません。

日々改善していくのです。

ねぇ、不安や焦りはご法度でしょうか?
今宵もぼやく Why Why Why
オー ノー ノー

ご法度とは、禁止されていることです。

不安や焦りを感じてもいいのです。

かっこ悪いなんてことはありません。

不安や焦りがあるから、前に進めるのです。

夢はきらい oh yeah
ほら、急かさないでちょうだい
憧れを手放さないでね
大変ね 大人たち

夢に近づけない自分を嘆いているのでしょうか。

全然実現できない夢に苛立ちを感じています。

結果はすぐには現れません。

結果が出るまで、追い続けるのです。

ひらひら 星は流れる
ゆっくり歩いてゆけばいい
この手になんにもなくたって

自分にできることなど何もありません。

何も資格などないのです。

でもだからってなんなのでしょうか。

今までやってきたことは無駄ではありません。

だから諦めずに前に進みましょう。

今はきらい oh yeah
でも私は生きていく
生み出したい oh yeah
この小さな体から

不安ばかりだけど、仕方ありません。

何もしなければ何にもなりません。

諦めたりせず前に進むのです。

あなたにだってできるはずです。

夢が見たい oh yeah
明日に行かなくちゃ
憧れは手放さないまま

どんなに難しい状況でも明日へ向かいましょう。

やると決めたことは、必ずやり遂げるのです。

決して諦めてはいけません。

格好いい私になれ

今日より明日、明日より明後日、一歩踏み出した自分になればいいのです。

今までがどうとか関係ありません。

積み上げてきたものがなくても、始めればいいのです。

そこからあなたの実績が始まるのです。

Superfly「Ambitious」が伝えたいこと

Ambitiousとは、”考えや企画などに意欲が感じられ、通常を打ち破って大胆であるさま”のことです。

「この手になんにもなくたって ゆっくり歩いてゆけばいい」という歌詞が心に刺さりました。

自分は今まで何も頑張ってきませんでした。

急に頑張ったって、意味がないと思うことがあります。

子供の頃から頑張ってきた人には、到底敵わないと思ってしまうのです。

でもそうだとしても、やることは変えられません。

何もしてこなかった自分を後悔して、これからも何もしないなんてダメなのです。

いつから始めようと、それがあなたの実力です。

そこから10年後には必ず技術が手についています。

だから、いつからでもいいのです。

何か始めればいいのです。

『わたし、定時で帰ります。』

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』は、吉高由里子さん主演の「現代を生きるサラリーマンたちの姿」を描いたドラマです。

このドラマには、様々な問題を抱えたビジネスマンの姿が描かれています。

今の社会には、「ゆとり世代」「SNS世代」など、様々な考え方を持った世代の人たちが一緒に働いています。

そんな中でコミュニケーションをとることは、できにくくなっています。

他人を尊重することが難しくなっているのです。

でもそこにも思いやりがあれば、救いはあります。

主人公の東山結衣は必ず定時に帰る自分勝手な人に見えがちですが、きちんと人の気持ちが見えている人なのです。

Superflyコメント

Superflyが「Ambitious」について、下記のようにコメントしています。

この曲を作るにあたり、ドラマのテーマのひとつでもある、働くということについて繰り返し深く考えました。
たとえ大人になっても、夢や目標がない自分にコンプレックスを抱いたり、プレッシャーに押しつぶされそうになる世の中のムードを感じることがあるかもしれません。
もし自信がなくて、自分には何もできないと思っている人がいても、人生の中でいつでも夢や憧れが見つけられるチャンスはあるのではないか、そういうタイミングを待ってみてもよいのではないかと思い、応援する気持ちで制作しました。
大人が、夢や憧れを抱くことができるというのはとてもポジティブなことだと思うので、そういう世の中になってほしいなという願いを込めています。
壮大で美しい中にも、都会の殺伐とした現実的な景色が見えるようなサウンドに仕上がったと思います。
サウンドと歌詞に背中を押されてロック魂が呼び起こされ、都会の中で叫んでいるような感じが出せたのではないかと思います。

なんだか、今は生きているだけの人が増えているのかもしれません。

ただ日々をやり過ごして、飲んで、疲れて寝ての繰り返し。

夢を追うなんて、馬鹿げていると思っている人もいるのかもしれません。

たとえ夢を描いても、叶うはずがないと思っているのではないでしょうか。

夢など叶わないのかもしれません。

でも、夢を追うことはとても素敵なことです。

夢を追い続けることが、仕事に活きてくるかもしれません。

もしも夢を抱くことができなくなっている人がいるなら、この曲を聴き勇気を出して欲しいと思います。

Superfly「Ambitious」

Superflyの25th Single「Ambitious」は、​6/12(水)リリース予定です。

「Ambitious」には、他に「覚醒」(映画『プロメア』主題歌)、「氷に閉じこめて」(映画『プロメア』エンディング主題歌)が収録されています。