山下智久「CHANGE」歌詞の意味(解釈)とは?『インハンド』主題歌

ドラマ

山下智久さんの「CHANGE」は、ドラマ『インハンド』の主題歌です。

PR

コスメ選び大丈夫?オーガニックもありますよ?

山下智久「CHANGE」歌詞

ほら僕らカメレオンみたい
色を変え 生きるように
仮面を付け替えて yeah yeah yeah
愛想笑い

あざだらけの心で
人が人を騙して
手遅れになる前に yeah yeah yeah
今、明日、未来
僕が変える…

(公開された部分を耳コピしました。)

山下智久「CHANGE」歌詞の意味考察

山下智久さんの「CHANGE」は、この変な世界でどうやって生き抜けばいいか教えてくれる歌です。

歌詞考察歴2年の私が、山下智久さんの「CHANGE」の意味を考察していきます。

ほら僕らカメレオンみたい
色を変え 生きるように
仮面を付け替えて yeah yeah yeah
愛想笑い

僕らはある人の前では、その人に好かれやすいようにお世辞を言ったり、ある人の前では偉そうにしたりして過ごします。

なんだか自分がないみたいで、ころころ態度を変えているのです。

そんな人を信用することはできません。

あざだらけの心で
人が人を騙して
手遅れになる前に yeah yeah yeah
今、明日、未来
僕が変える…

人は人を騙し蹴落としながら生きています。

そんな世界で心が壊れてしまう人もたくさんいます。

変な世の中なのに、変な人ばかりだから、一向に変えようとしません。

僕はそんな変な世界をもっと住みやすい人間味のある世界に変えたいのではないでしょうか。

すごく難しいことかもしれませんが、いつか変えてみたいのです。

ドラマ『インハンド』

ドラマ『インハンド』は、天才寄生虫学者の紐倉哲(山下智久)が、助手の高家春馬(濱田岳)と内閣官房の牧野巴(菜々緒)とともに、感染症がらみの事件を解決するドラマです。

ロボットの義手をつけた紐倉が変人丸出しで事件を解決するので、結構面白いです。

山下智久さん演じる寄生虫学者が、いわゆる変人なので、ドラマ『ガリレオ』が好きな人はおすすめかもしれません。

すごいトリックはありませんが、どこまでも諦めない天才的推理が魅力です。

濱田岳さん演じる良い人キャラの高家と紐倉のコンビがとても面白いです。

菜々緒さん演じる牧野がおとぼけ二人をまとめていきます。

山下智久「CHANGE」MVの意味考察

自分のことを地味なやつと諦めていないでしょうか。

自分はかっこよくないから、モテないんだと思っていないでしょうか。

たとえ今がすごくダサい人だったとしても、明日どうなるかわかりません。

どんどん変化していくべきです。

人はどんどん変わっていくことができます。

容姿に自信がなくても、良いスキンケアを買ってみたり、貯金して高い服を買ったらどんどん変わっていけるのです。

人は装飾することで、生まれ変わることができます。

山Pもかっこいいだけじゃなく、いろんな経験をして変わってきたのです。

そこには「Challenge」があったからではないでしょうか。

山下智久「CHANGE」が伝えたいこと

ドラマには悪い人たちが出てきます。

被害者家族は、加害者達を憎み犯罪者になることもあります。

誰かを騙し、それを憎み、世界はどんどんややこしくなります。

そこには嘘も真実も多く存在し、わけがわからなくなります。

この世の中が全て事実だけだったら、ややこしいことは起きません。

でも人が嘘をつくから、どんどん汚れていくのです。

弱い人は人に恨まれたり憎まれたりしたくないから、あらゆる顔を持っています。

カメレオンのように顔や性格を変えたほうが、リスクがないと思っているからかもしれません。

でもそうすることで信用力は失われていきます。

誰も信用できなくなったこの世界で、どうやって信用力を保ちながら生きていくのでしょうか。

紐倉晢がその答えを知っている気がします。

山下智久さんのコメント

山下智久さんが、自身のHPで、楽曲に対してコメントをしています。

<山下智久 楽曲に対するコメント>

4月から始まる新ドラマ「インハンド」
こちらのオープニング曲を担当させていただく事になりました。
この曲「CHANGE」は、「世界の惰性に流されずに、情熱と心に耳を傾けて信念を貫いていけば、未来をより良く変えていくことができる。」
そんな主人公の心の声を描き、作詞させていただきました。
誰かの希望になるよう心を込めて書きました。
ぜひオープニング曲「CHANGE」と共にドラマ「インハンド」をお楽しみください。
この新曲「CHANGE」のリリースに関する情報は未定となっており、決定次第こちらのオフィシャルHPで発表させていただきます。

『インハンド』主人公の紐倉晢の心の声を、歌詞に込めたと書かれています。

紐倉は事実や世界の真理だけを見て物事を判断します。

悪い心を持ってしまった優しき被害者が犯罪を犯してしまった時、紐倉は「未来のない生き物などいないよ」と言いました。

どんな人や生き物にも未来はあります。

何があっても、また立ち直ることができるのです。

たとえどんなに人に恨まれ落とされようとも、また這い上がることができます。

誰かに恨まれたり、嫌われたりすることに恐れる必要はありません。

対面する人の前で顔を変える必要はないのです。

自分のキャラクターを貫き生きていけば、恐れるものなどありません。

どんなことがあっても、立ち直ればいいのですから。