亀梨和也「Rain」歌詞の意味(解釈)とは?「ストロベリーナイト・サーガ」主題歌

ドラマ

亀梨和也さんの「Rain」は、ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」の主題歌です。

PR

ダイエットは運動とファスティングしないとだめ?

亀梨和也「Rain」歌詞

作詞︰KOMU・TATSUNE
作曲:原一博

滲んだ灯りが綺麗で
冷たい胸を締め付ける
力無くした祈りを
搔き消すように降る雨

震えた心 受け止める
途切れた言葉 そのままに
行き場無くした涙さえ
抱いて眠るこの街で

人は誰も自分を騙して
微笑み映し出すから

叫び出す空が今日の叫びを
塗りつぶし夜明けが来るなら
さあ その果てに行こう
叶わない事が真実ならば
風に揺れた果実を
ああ ただ守りたい
手の中

明日を求めた心に
無くしたはずの祈りを

叫び出す空が今日の叫びを
塗りつぶし夜明けが来るなら
さあ その果てに行こう
叶わない事が真実ならば
風に揺れた果実を
ああ ただ守りたい
手の中

亀梨和也「Rain」歌詞の意味考察

亀梨和也さんの「Rain」は、この世界の残酷さを描いた曲です。

歌詞考察歴2年の私が、亀梨和也さんの「Rain」の歌詞を考察していきます。

滲んだ灯りが綺麗で
冷たい胸を締め付ける
力無くした祈りを
搔き消すように降る雨

辛い時に救いもあれば、窮地の時にさらに窮地が降ってくることもあります。

辛い時にさらに辛い状況を招いたりすることもあれば、うまくいっている時にさらに良いことが起きることもあるのです。

本当にその時その時で全然違います。

震えた心 受け止める
途切れた言葉 そのままに
行き場無くした涙さえ
抱いて眠るこの街で

苦しい思いをしている人はたくさんいます。

人間は人間を、どこまでも追い込むことができるのです。

ひどいことをする人はいくらでもいます。

その犠牲になる人もいるのです。

でもそんな世界にもそれを必死で無くそうとしている人がいます。

人は誰も自分を騙して
微笑み映し出すから

一番いけないのは、辛い時に辛いと言えないことではないでしょうか。

辛さが蔓延して、壊れていって、それでも辛いから、どんどん人を憎むようになる。

誰かが救わなければ、この世界は行き場をなくしてしまいます。

今この瞬間にも苦しんでいる人はたくさんいるのです。

それを忘れてはいけないのかもしれません。

叫び出す空が今日の叫びを
塗りつぶし夜明けが来るなら
さあ その果てに行こう
叶わない事が真実ならば
風に揺れた果実を
ああ ただ守りたい
手の中

諦めないでほしいです。

苦しいことは続きません。

自分で叫びを放つのです。

あなたが苦しい思いをしているのであれば、それは普通のことではありません。

苦しければ苦しいと言うのです。

良いひとが必ず助けてくれます。

助けてくれる人が必ずいるのです。

自分だけは、そういう人間でいたいと思ってほしいです。

どこにも信用できる人などいないなんて嘘です。

どこかに必ず信用できる人がいます。

だからあなただけでも、信用できる人でいてください!

明日を求めた心に
無くしたはずの祈りを

誰でも辛い状況から逃げたいのではないでしょうか。

今がどんなに苦しくても、幸せに暮らしている人はこの世界の何処かにいます。

人生は平等です。

辛くても、立ち直れる人がいます。

だから、希望だけは忘れてはいけないのです。

もしも辛いなら、仕方がないと思えばいいです。

でも辛い時でも、壊れない心の強さは育めます。

叫び出す空が今日の叫びを
塗りつぶし夜明けが来るなら
さあ その果てに行こう
叶わない事が真実ならば
風に揺れた果実を
ああ ただ守りたい
手の中

頑張っても頑張っても、一向に状況は改善されません。

そういうものです。

「努力が報われるなんて言葉は嘘」です。

神が救ってくれるなんて確証はどこにもないのです。

物事は残酷に進んでいきます。

”全ては自分次第”だからです。

何度繰り返しても、うまくいかないなら、もう一度トライするしかないのです。

言い訳などせず、やるだけです。

そうすれば、必ず目標に手が届く日々がきます。

心を腐らせることなく、希望だけを信じれば大丈夫です。

「ストロベリーナイト・サーガ」

ドラマ「ストロベリー・ナイト・サーガ」は、普通は普段接触することのない世界が舞台の本格刑事ドラマです。

「ストロベリー・ナイト・サーガ」には犯罪者の心理、人の感情が怖いくらいに映し出されています。

この世界には、辛い経験をした人が少なからずいます。

幼少期に受けた心の傷は、人を変えてしまうのです。

皆が恵まれた家庭で生まれるわけではありません。

皆が頭がいいわけではないのと同じように、様々な親と家庭があります。

このドラマは私たちが目を伏せたくなるようなことをあえて無残にも見せることで、その愚かさを訴えているのではないでしょうか。

亀梨和也「Rain」

亀梨和也さんの「Rain」は自身初のソロシングルだそうです。

PR

発売は2019年05月15日となっています。

通常盤にはカップリング曲として「手をのばせ」、初のCD化となるソロ曲「Plastic Tears」、「VANILLA KISS」が収録されています。