エド・シーラン「Photograph」歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?

エド・シーラン

エド・シーランで一番有名な曲は、「Photograph」ではないでしょうか。

PR

エド・シーランさんの「Photograph」は、どのような曲なでしょうか。

エド・シーランさんの「Photograph」の歌詞の意味を考察していきます。

エド・シーラン「Photograph」歌詞

Loving can hurt, loving can hurt sometimes
But it’s the only thing that I know

愛は時々傷つける

でもそれだけだ、俺が知っているのは

When it gets hard, you know it can get hard sometimes
It is the only thing makes us feel alive

辛い時もあるよね 辛い時があるんだ

でもそんな時こそ生きてるって思わないかな

We keep this love in a photograph
We made these memories for ourselves
Where our eyes are never closing
Hearts are never broken
And time’s forever frozen still

愛をこの写真にしまっておこうかな

みんなのために思い出を作ったんだ

目は閉じない

心が決して壊れない

時間を留めておこう

So you can keep me
Inside the pocket of your ripped jeans
Holding me closer ’til our eyes meet
You won’t ever be alone, wait for me to come home

俺をしっかり持っておいてよ

破れたジーンズのポケットの中に

目が合うまで抱きしめて

君を一人にさせない 帰ってくるのを待っていて

Loving can heal, loving can mend your soul
And it’s the only thing that I know, know
I swear it will get easier
Remember that with every piece of you
Hm, and it’s the only thing we take with us when we die

愛は癒しになるよね 愛は魂を回復させるんだ

それだけは知ってるよ

簡単にできるって誓うよ

よく覚えておいて欲しい

死ぬ時もそれだけあればいいよ

Hm, we keep this love in this photograph
We made these memories for ourselves
Where our eyes are never closing
Hearts are never broken
And time’s forever frozen still

愛をこの写真にしまっておこうかな

みんなのために思い出を作ったんだ

目は閉じない

心が決して壊れない

時間を留めておこう

So you can keep me
Inside the pocket of your ripped jeans
Holding me closer ’til our eyes meet
You won’t ever be alone

俺をしっかり持っておいてよ

破れたジーンズのポケットの中に

目が合うまで抱きしめて

君を一人にさせない

And if you hurt me
That’s okay baby, only words bleed
Inside these pages you just hold me
And I won’t ever let you go
Wait for me to come home
Wait for me to come home
Wait for me to come home
Wait for me to come home

もし僕を傷つけても

いいかい、言葉だけが血を流す

このページで君は僕を抱きしめる

絶対に行かせたくないよ

待っていてほしい

帰ってくるまで

Oh, you can fit me
Inside the necklace you got when you were sixteen
Next to your heartbeat where I should be
Keep it deep within your soul

しっかり持っておいてよ

君が16歳の時にあげたネックレスの中に

君の鼓動の横が僕の場所

君の心の中に留めておいて

And if you hurt me
Well, that’s okay baby, only words bleed
Inside these pages you just hold me
And I won’t ever let you go

もし僕を傷つけても

いいかい、言葉だけが血を流す

このページで君は僕を抱きしめる

絶対に行かせたくないよ

When I’m away, I will remember how you kissed me
Under the lamppost back on Sixth street
Hearing you whisper through the phone
“Wait for me to come home”

出ていく時 俺は君のキスを思い出すよ

16番通りの街灯の下で

君は電話で囁くんだ

「帰ってくるまで待ってて」って

ソングライター: John McDaid / Ed Sheeran / Tom Leonard / Martin Harrington

フォトグラフ 歌詞 © Kobalt Music Publishing Ltd., Sony/ATV Music Publishing LLC, Spirit Music Group, Concord Music Publishing LLC

エド・シーラン「Photograph」歌詞の意味考察

”愛は時々傷つける
でもそれだけだ、俺が知っているのは”

愛しているにも関わらず傷つけることがあります。

愛しているのに、傷つけてしまうのです。

”辛い時もあるよね 辛い時があるんだ
でもそんな時こそ生きてるって思わないかな”

辛いことは悪いことではありません。

辛いからわかることがあるのです。

”愛をこの写真にしまっておこうかな
みんなのために思い出を作ったんだ
目は閉じない
心が決して壊れない
時間を留めておこう”

愛の時間を写真にしまったのかもしれません。

写真は楽しい時を留めて置くものなのでしょうか。

”俺をしっかり持っておいてよ
破れたジーンズのポケットの中に
目が合うまで抱きしめて
君を一人にさせない 帰ってくるのを待っていて”

自分がいない時、寂しくないように、写真を持っていて欲しいのです。

写真は俺の優しさだったのかもしれません。

”愛は癒しになるよね 愛は魂を回復させるんだ
それだけは知ってるよ
簡単にできるって誓うよ
よく覚えておいて欲しい
死ぬ時もそれだけあればいいよ”

愛は簡単に表現できます。

愛の力。

みんなも覚えていてほしいと言っているのかもしれません。

”愛をこの写真にしまっておこうかな
みんなのために思い出を作ったんだ
目は閉じない
心が決して壊れない
時間を留めておこう”

愛を永遠に留めておきたいのかもしれません。

愛を永遠にしたいのです。

”俺をしっかり持っておいてよ
破れたジーンズのポケットの中に
目が合うまで抱きしめて
君を一人にさせない”

俺は愛を表現したいのです。

いつまでも変わらない愛を。

”もし僕を傷つけても
いいかい、言葉だけが血を流す
このページで君は僕を抱きしめる
絶対に行かせたくないよ
待っていてほしい
帰ってくるまで”

言葉は人を傷つけることができます。

同時に言葉は愛にも変わります。

愛は人を癒すことができるのです。

言葉が人を癒すことができるのです。

”しっかり持っておいてよ
君が16歳の時にあげたネックレスの中に
君の鼓動の横が僕の場所
君の心の中に留めておいて”

どんな人にも愛を感じてほしいのです。

大切なことを心に留めておいてほしいです。

”出ていく時 俺は君のキスを思い出すよ
16番通りの街灯の下で
君は電話で囁くんだ
「帰ってくるまで待ってて」って”

最後の時に皆が悲しくないように、愛をいっぱい育もうと言っている気がします。

別れても大丈夫なくらい、愛を育んでいたいのです。

人間は人を傷つけることができます。

それと同時に人は人を癒すことができるのです。

「もし行動するなら、人のためになることをしよう」

この曲はそういうことを言っているのではないでしょうか。

エド・シーラン「Photograph」MVの意味考察

かわいい子ども。

写っている子どもを見ると、撮った人の愛が伝わってきます。

カメラマンはどんな思いでこの子を撮っているのでしょうか。

可愛い我が子を愛しているからではないでしょうか。

いつかこの子に見せたいのでしょうか。

いつかまた見れるように。

いつかの日のために?

頑張って大きくなろうとしています。

頑張って生きようとしています。

子どもは大人に大切なものを教えてくれるのかもしれません。

それは純粋なもの?

それは生命?

それは愛?

それは楽しさ。

それは努力。

それは初めてであり、それは・・・。

この子はエド・シーランだったのですね。

楽しそうに、普通の子と同じように、天才は成長したのかもしれません。

楽しくなければいけません。

そこには愛がったのではないでしょうか。

愛をたくさんもらったから、また愛を。

愛を音に変えて。

愛を伝えていく。

音を通して。

愛をね。

PR

Photographとは

タイトルの「Photograph」とは何なのでしょうか。

写真はその瞬間を永遠に留めることができます。

永遠にできないものを永遠にすることができるのです。

永遠に感じたいものとはなんだったのでしょうか。

それは愛だったのかもしれません。

それは愛する人の存在なのかもしれません。

それは愛しい人のかわいい時なのでしょうか。

大切なものを永遠に。

エド・シーランさんは愛を永遠にしたかったのかもしれません。