森山直太朗「さくら(独唱)」歌詞の意味(解釈)とは?

森山直太朗

森山直太朗さんの「さくら(独唱)」が、今尚反響を呼んでいます。

森山直太朗さんの「さくら(独唱)」の歌詞の意味を考えていきます。

森山直太朗さんの「さくら(独唱)」はどんな曲だったのでしょうか。

PR



森山直太朗「さくら(独唱)」歌詞

作詞・作曲:森山直太朗

僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を
さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ
どんなに苦しい時も 君は笑っているから
挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ

霞みゆく景色の中に あの日の唄が聴こえる

さくら さくら 今、咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今

今なら言えるだろうか 偽りのない言葉
輝ける君の未来を願う 本当の言葉

移りゆく街はまるで 僕らを急かすように

さくら さくら ただ舞い落ちる
いつか生まれ変わる瞬間を信じ
泣くな友よ 今惜別の時 飾らないあの笑顔で さあ

さくら さくら いざ舞い上がれ
永遠にさんざめく光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう
さくら舞い散る道の上で

森山直太朗「さくら(独唱)」歌詞の意味考察

”僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を
さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ
どんなに苦しい時も 君は笑っているから
挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ”

尊敬する人がいたのかもしれません。

元気をくれた人がいたのです。

頼りにしていたその人と、お別れです。

綺麗な場所、綺麗な季節で、君と。

桜の写真

”霞みゆく景色の中に あの日の唄が聴こえる”

もうすぐ消えてしまう、僕らの日々。

いつもあった僕らの時間。

微かに聴こえるのは祝福の歌でした。

”さくら さくら 今、咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今”

桜はどうして綺麗なのでしょうか。

桜はどうして哀愁を漂わせるのでしょうか。

どうして人は桜に心奪われるのでしょうか。

綺麗な桜。

でもほんのちょっとしか咲かない桜。

それは僕らの出会いを彷彿させるのかもしれません。

別れは綺麗なもの。

出会いは儚いものなのです。

”今なら言えるだろうか 偽りのない言葉
輝ける君の未来を願う 本当の言葉”

別れの時、冗談を言う人はいません。

別れの時の言葉は本心なのです。

会えなくなる人にかける言葉は、本当の言葉。

大切に思う人への一生懸命の言葉なのです。

”移りゆく街はまるで 僕らを急かすように”

大切にしたい時間。

惜しみたい時間なのに、その時は一瞬です。

街は慌ただしく、流れていきます。

もうすぐ、門出です。

”さくら さくら ただ舞い落ちる
いつか生まれ変わる瞬間を信じ
泣くな友よ 今惜別の時 飾らないあの笑顔で さあ”

大切な時間なのに、時は刻一刻と過ぎていきます。

綺麗な桜は、惜しむ声を聞かず、どんどん散っていくのです。

時は待ってくれません。

心を待ってはくれないのです。

”さくら さくら いざ舞い上がれ
永遠にさんざめく光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう
さくら舞い散る道の上で”

どうか綺麗な桜が、永遠になって欲しいと願います。

この別れの瞬間が長く続いて欲しいと思うように。

友との時間をもう少し引き伸ばして欲しいのです。

しかし、時は残酷に過ぎていいきます。

また会えます。

また、ここで。

さくらの意味

桜は非常に綺麗なものです。

桜の画像

でも一年のうちにほんの数日しか咲きません。

人が大好きな桜を観れる時間は短いのです。

綺麗なもの、愛おしいものは寿命が短いのでしょうか。

別れの瞬間も短く感じます。

もっと惜しみたいのに、時間はすぐに過ぎてしまいます。

今まで永遠のように長かったのに、別れの瞬間は一瞬なのです。

別れの時に僕らは初めて気づくのかもしれません。

その日々が儚かったことを。

森山直太朗さんは桜と別れに似ている部分を感じたのかもしれません。

儚いものの美しさ、大切さを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です