BUMP OF CHICKEN「Aurora」歌詞の意味(解釈)とは?『グッドワイフ』主題歌

BUMP OF CHICKEN

常盤貴子さん主演のドラマ『グッドワイフ』の主題歌は、BUMP OF CHICKENの「Aurora」です。

BUMP OF CHICKEN「Aurora」歌詞

作詞・作曲:藤原基央

もうきっと多分大丈夫
どこが痛いか分かったからね
自分で涙拾えたら
いつか魔法に変えられる

ほんの少し忘れていたね
とても長かったほんの少し
お日様がない時はクレヨンで
世界に創り出したでしょう

正義の味方には
見つけてもらいたかった類
探しに行かなくちゃ
呼び合い続けたあの声だよ

溜め息にもなれなかった
名前さえ持たない思いが
心の一番奥の方を
爪を立てて堪えていたんだ

触れて確かめられたら
形と音が分かるよ
伝えたい言葉はいつだって
そうやって 見つけてきた

振り返れば途切れずに
歪な線を描く足跡
悲しいくらい分かりやすく
いつもここに向けて伸びる

大切にするのは下手でも
大切だってことはわかってる
せめてその白い手紙が
正しく届きますように

考えすぎじゃないよ
そういう闇の中にいて
勇気の眼差しで
次の足場を探してるだけ

解き放て あなたの声で
光る羽根与えた思いを
その足が向かうべき先へ
そうしなきゃ見えなかった未来へ

諦めなかったことを
誰よりも知ってるのは
羽ばたいた言葉の一つ一つ
必ず届きますように

もう一度 もう一度 クレヨンで好きなように
もう一度 さあどうぞ 好きな色で 透明に
もう一度 もう一度 クレヨンでこの世界に
今こそ さあどうぞ 魔法に変えられる

あぁ なぜ どうしてと繰り返して
それでも続けてきただろう
心の一番奥の方
涙は炎 向き合う時がきた

触れて確かめられたんだ
形と音をくれるよ
あなたの言葉がいつだって
あなたを探してきた
そうやって見つけてきた

もう一度 もう一度 クレヨンで好きなように
もう一度 さあどうぞ 好きな色で 透明に
もう一度 もう一度 クレヨンでこの世界に
今こそ さあどうぞ

BUMP OF CHICKEN「Aurora」歌詞の意味考察

BUMP OF CHICKENの「Aurora」は、”あなたが本当にやりたいこと”を教えてくれる歌です。

歌詞考察歴2年、BUMP OF CHICKENの大ファンの私が、「Aurora」の歌詞の意味を考えていきます。

もうきっと多分大丈夫 どこが痛いか分かったからね 自分で涙拾えたら いつか魔法に変えられる
辛いことがあったのに、解決策が見つかったのかもしれません。

でもいつもそんな簡単に解決できるとは限りません。

悩みを自分で解決できるようになったら、もう怖いものなどいません。

そんなことは誰にもできないのです。

ほんの少し忘れていたね とても長かったほんの少し お日様がない時はクレヨンで 世界に創り出したでしょう
辛いことがあったら、綺麗なものを忘れがちなのかもしれません。

下ばかり見て、太陽を見る余裕もないのです。

でもそんな時こそ、美しいものに目を向けたらいいのです。

辛い時に、自分で太陽を見つけられたらいいのです。

正義の味方には 見つけてもらえなかった類 探しに行かなくちゃ 呼び合い続けたあの声だよ
どうしてもうまくいかない時に、「誰かが助けてくれたらいいのに」と思っているのです。

でも本当に辛い時には誰も助けてくれません。

自分からSOSを出さなければ、誰も助けてくれないのです。

もし助けを求めたら、誰かが助けてくれるかもしれませんが、そんなこと恥ずかしくてできません。

だからこそ、誰かが困っている時、あなたが助けに行かなければならないのではないでしょうか。

他人を救うことは、意外と簡単なことかもしれません。

あなたがやろうとすれば、簡単にできることなのです。

溜め息にもなれなかった 名前さえ持たない思いが 心の一番奥の方を 爪を立てて堪えていたんだ
辛い気持ちは誰にも言えずに堪えてしまいます。

誰かに助けてもらいたいのに、素直に打ち明けることができません。

でも本当の気持ちは、いつも心の中にあります。

その想いに耳を傾けるべきです。

触れて確かめられたら 形と音が分かるよ 伝えたい言葉はいつだって そうやって 見つけてきた
でもそんな時こそ、誰かに打ち明けたほうがいいのかもしれません。

自分でもわからないことを声にするのです。

そこから見えてくるものがあるのではないでしょうか。

振り返れば途切れずに 歪な線を描く足跡 悲しいくらい分かりやすく いつもここに向けて伸びる
あなたがやりたいことは、過去を見ればわかるのです。

あなたが歩んできた軌跡に答えはあるかもしれません。

どうしたってたどり着くことがあります。

いつもやってしまうことがあるのです。

それはあなたが本当は求めているものではないでしょうか。

大切にするのは下手でも 大切だってことはわかってる せめてその白い手紙が 正しく届きますように
大切な”もの”を、あなたは知っているはずです。

どんなに可能性の低いことでも、願い続けたら必ず誰かに届くのです。

考えすぎじゃないよ そういう闇の中にいて 勇気の眼差しで 次の足場を探してるだけ
うまく行かない時でも、歩みだせばいいのです。

結果が出なくても、前に進めばいいのです。

辛い時でも一歩前に踏み出しましょう。

人生はいつもそうやって手探りで進んでいくのです。

何が正しいかなど分かりません。

でも信じて歩んでいくのです。

解き放て あなたの声で 光る羽根与えた思いを その足が向かうべき先へ そうしなきゃ見えなかった未来へ
一番大切なのは何をしたいかです。

実現できるかどうかなんて関係ありません。

やりたいことをやるのです。

自分が心からやりたいと思ったことをやるんです。

行動すれば世界は変わります。

変わるんです。

だから、前に! 前に!
諦めなかったことを 誰よりも知ってるのは 羽ばたいた言葉の一つ一つ 必ず届きますように
あなたが頑張っていることを、誰かが見ています。

誰かに届いているんです。

誰かは必ずあなたの努力を知っています。

だから、前に進めばいいのです。

あなたの夢へと。

今日も一歩ずつ。

もう一度 もう一度 クレヨンで好きなように もう一度 さあどうぞ 好きな色で 透明に もう一度 もう一度 クレヨンでこの世界に 今こそ さあどうぞ 魔法に変えられる
できないことなんてない。

いつも新しいキャンパスに、好きなように描けばいいです。

あなたの世界。

あなたのやりたいことを。

やりたいことを、やりたいように。

そうすればきっと、魔法のような素敵な日々が待っています。

あぁなぜどうしてと繰り返して それでも続けてきただろう 心の一番奥の方 涙は炎 向き合う時がきた
自分の気持ちを整理するべきなのかもしれません。

打ち明けられない気持ちを人に伝えてみるのです。

自分のやるべきことをやるのです。

どんなことがあっても前に進み続けるのです。

「なんで俺だけ」、「なんでうまくいかないんだ」そう思うかもしれません。

でも続けてきたことがありますよね。

体は心の中の声に忠実に動いているのです。

触れて確かめられたら 形と音をくれるよ あなたの言葉がいつだって あなたを探してきた そうやって見つけてきた
やっとあなたのしたいことがわかったのかもしれません。

考えてみればすぐ目の前にあったのです。

あなたのすべきことは心の中にあります。

言葉で確かめてみましょう。

あなたが一番やってみたかったことを。

諦めてはいけません。

もう一度 もう一度 クレヨンで好きなように もう一度 さあどうぞ 好きな色で 透明に もう一度 もう一度 クレヨンでこの世界に 今こそ さあどうぞ
好きなようにやりましょう。

あなたの好きなことを。

目一杯。

PR

BUMP OF CHICKEN「Aurora」MV考察

それは、神々のなす神秘の業 彼らの心を動かしたその時 それは姿を現す。
※BUMP OF CHICKEN「Aurora」MVより 絶望の窮地に立たされた時。

何をすればいいかわからなくなった時。

それでも動き出すしかない時。

あなたは何ができるだろうか。

泣きながら、駆け出し、もう一度希望を見ることができるだろうか。

もう一度精神を統一し、過去を思い出せばいい。

あなたの心の声を、もう一度聞くのです。

どんなに苦しい時でも、あなたの本当の声は変わらないのではないでしょうか。

だとしたら、たとえ一人になったとしても、もう一度続けることができるのではないでしょうか。

あなたはすでに輝いています。

あなたはすでに「Aurora」なのです。

たとえ、どんなことがあっても、命がある限り、挑戦し続ければいいんだよ!

タイトル「Aurora」の意味

綺麗なものって何かな。

綺麗なものってどこにあるのでしょう。

オーロラ、太陽、月。

そういうもの。

どこにあるのでしょうか。

心にあるんじゃないでしょうか。

綺麗なものって、心の中にある気がします。

いつも探していた、忘れてはいけないもの。

心の中に。

Auroraの写真
Aurora”のように。

綺麗なもの。

PR

 

クレヨンと透明の意味

「Aurora」にはどうして”クレヨン”が出てくるのでしょうか。

クレヨンから連想できるものは、子どもが使うものということです。

ここであえてクレヨンと言っているのは、子どもの頃の心を忘れないで欲しいということではないでしょうか。

子どもがクレヨンを使う写真

そして、”好きな色で、透明に”とはどういう意味でしょうか。

色を使っているのに、透明という矛盾した歌詞があります。

この透明という言葉にBUMP OF CHICKENの皆さんは、どういう意味を込めたのでしょうか。

オーロラは透き通っているように見えます。

透明にとは、透き通ったオーロラのことを意味している気がします。

またその次に続く、”もう一度 もう一度 クレヨンでこの世界に
今こそ さあどうぞ 魔法に変えられる”
という歌詞から分かるように、透明とは、魔法の力のことを言っているのかもしれません。

子どもの心で描いた思いは、世界に魔法をかけられるかもしれないと言っているのではないでしょうか。

あなたのやりたいことを好きなようにすれば、やがて世界に魔法をかけられるかもしれないのです。

「Aurora」とは、魔法のような力のことを言っているのかもしれません。

BUMP OF CHICKEN「Aurora」を聴いた感想

BUMP OF CHICKEN「Aurora」を初めてフルで聴いた時、自分の中の迷いや戸惑いが全て身を結んだような気持ちになりました。

「ああ、なぜどうして俺はうまくいかないんだ」と何度も思いました。

「なんでこんなに頑張ってるのに、あの人に勝てないんだ」って。

「ずっと続けてきたのに、どうしてダメなんだ」と。

でもこの歌を聴いた時、そんなことは当たり前なんだと思いました。

続けることにゴールなんてありません。

いつまでも続けるのです。

「こんなに続けてるのに、どうして・・・」なんて考え方は間違えています。

今までも、これからも続けることが当たり前なのです。

その長さなど関係ありません。

続ける決意、続けること自体が実力なのではないでしょうか。

何があっても、やり続けるのです。

どんなにバカにされようと、やり続ければいいのです。

成功しても、失敗しても、落ち込んでも、一人になっても、やり続けることが当たり前なのです。

夢はそうでなければ、実現することはできません。

この歌は私に新しい力をくれました。

本当に大好きな歌です。

ありがとう、BUMP OF CHICKEN。

『グッドワイフ』とは

ドラマ『グッドワイフ』は2009年から7年間アメリカで放送された、リドリー・スコット製作総指揮のドラマ 「The Good Wife」が原作になっています。

ドラマ『グッドワイフ』結婚後支えられてきた夫が汚職事件で逮捕され、家族のために弁護士に復帰した女性の姿を描いた感動のドラマです。

困難なことに立ち向かう、蓮見杏子(常盤貴子)の姿が描かれています。