宇多田ヒカル&Skrillex「Face My Fears」歌詞の意味(解釈)とは?

宇多田ヒカル

宇多田ヒカル&Skrillexの「Face My Fears」はゲーム「キングダムハーツ3」の主題歌です。

宇多田ヒカル&Skrillexの「Face My Fears」はどのようなことを伝えた曲なのでしょうか。

宇多田ヒカル&Skrillexの「Face My Fears」の歌詞の意味を考察していきます。

宇多田ヒカル&Skrillex「Face My Fears」歌詞

作詞:Skrillex・Jason “Poo Bear” Boyd・Hikaru Utada
作曲:Skrillex・Jason “Poo Bear” Boyd・Hikaru Utada

ねえ どれくら
ねえ 笑えばいい
今伝えたいこと よそに

Let me face, let me face
Let me face my fears
Let me face, let me face
Let me face my fears
私の地図に載っていない道に
立ちたい

生まれつき
臆病な人なんていない
初めてのように歩きたい

Let me face, let me face
Let me face my fears
Let me face, let me face
Let me face my fears
私の地図に載っていない海は
遠くない

Let me face, let me face
Let me face my fears
Let me face, let me face
Let me face my fears
私の知らない私に
早く会いたい

PR



宇多田ヒカル&Skrillex「Face My Fears」歌詞の意味考察

”ねえ どれくら
ねえ 笑えばいい
今伝えたいこと よそに”

人に合わせて生きている人のことを言っているのでしょうか。

周りの人が欲しい自分はいつも笑っている自分でしょうか。

本当の気持ちは伝えられないのに、いつも周りを気にしてばかりいるのです。

こんなんじゃ大切なことは一向に進みません。

”Let me face, let me face
Let me face my fears
Let me face, let me face
Let me face my fears
私の地図に載っていない道に
立ちたい”

困難なことに挑戦したいのです。

そうすればまた新しい世界が見えるかもしれません。

今の現状に飽き飽きしているなら、旅立てばいいと言っているのかもしれません。

”生まれつき
臆病な人なんていない
初めてのように歩きたい”

毎日同じことの繰り返しです。

挑戦なんてできません。

もし日常に飽き飽きしているのであれば、ずっとやりたかったことをやってみてはいかがでしょうか。

”Let me face, let me face
Let me face my fears
Let me face, let me face
Let me face my fears
私の地図に載っていない海は
遠くない”

やったことのないことをやってみたいのです。

新しい挑戦は意外と簡単なことなのかもしれません。

臆病になっているだけかもしれません。

チャレンジしてみればいいのです。

”Let me face, let me face
Let me face my fears
Let me face, let me face
Let me face my fears
私の知らない私に
早く会いたい”

何かにもがいているような印象があります。

旅立ちたいけれど、なかなか行動に移せません。

本当は新しいことをしたいのに、ずっと動き出せずにいるのです。

現状に物足りなさを感じているのに、どうしても勇気が出せないのかもしれません。

PR

キングダムハーツ3

キングダムハーツは、ある島で育った選ばれし少年が、ディズニーのキャラクターたちとともに、悪の世界の侵食を食い止めようとする物語を描いたゲームです。

PR

キングダムハーツのソラたちも小さな島から出たいと思っていました。

様々な期待を胸に、外の世界に飛び出したのです。

そこには想像を絶する困難と新しい世界がありました。