ギャッツビーCM曲米津玄師「TEENAGE RIOT」歌詞の意味(解釈)とは?

米津玄師

新田真剣佑さん、柳楽優弥さん出演のギャッツビー新CMで流れている曲は10月31日リリースされる米津玄師の「TEENAGE RIOT」です。

米津玄師さんの「TEENAGE RIOT」の歌詞の意味を考察していきます。

米津玄師の「TEENAGE RIOT」はどのような曲なのでしょうか。

米津玄師「TEENAGE RIOT」歌詞

作詞・作曲:米津玄師

潮溜まりで野垂れ死ぬんだ
勇ましい背伸びの果てのメンソール
ワゴンで二足半額のコンバース
トワイライト匂い出すメロディー

今サイコロ振るように日々を生きて
ニタニタ笑う意味はあるか
誰も興味がないそのGコードを
君はひどく愛していたんだ

煩わしい心すら
いつかは全て灰になるのなら
その花びらを瓶に詰め込んで火を放て
今ここで

誰より強く願えば
そのまま遠く雷鳴に飛び込んで
歌えるさ カスみたいな
だけど確かな バースデイソング

しみったれたツラが似合うダークホース
不貞腐れて開けた壁の穴
あの時言えなかった三文字
ブラスバンド鳴らし出すメロディー

真面目でもないのに賢しい顔で
ニヒリスト気取ってグルーミー
誰も聴いちゃいないそのDコードを
それでもただ信じていたんだ

よーいどんで鳴る銃の音を
いつの間にか聞き逃していた
地獄の奥底にタッチして走り出せ
今すぐに

誰より独りでいるなら
誰より誰かに届く歌を
歌えるさ 間の抜けた
だけど確かな バースデイソング

持て余して放り出した叫び声は
取るに足らない言葉ばかりが並ぶ蚤の市にまた並んで行く
茶化されて汚されて恥辱の果て辿り着いた場所はどこだ
何度だって歌ってしまうよ
どこにも行けないんだと
だからこそあなたに会いたいんだと

煩わしい心すら いつかは全て灰になるのなら
その花びらを瓶に詰め込んで火を放て 今ここで
誰より強く願えば そのまま遠く雷鳴に飛び込んで
歌えるさ カスみたいな
だけど確かな バースデイソング

米津玄師「TEENAGE RIOT」歌詞の意味考察

”潮溜まりで野垂れ死ぬんだ
勇ましい背伸びの果てのメンソール
ワゴンで二足半額のコンバース
トワイライト匂い出すメロディー”

潮溜まりとは、潮が引いたあとに残る岩礁などの水たまりのことです。

トワイライトとは、日の出前や日没後の薄明かりのことです。

なんだか全然意味がわかりません。

どういう意味なのでしょうか。

本当の幸せではない、成功の一歩も二歩も手前で、限界を感じていることを意味しているのかもしれません。

”今サイコロ振るように日々を生きて
ニタニタ笑う意味はあるか
誰も興味がないそのGコードを
君はひどく愛していたんだ”

Gコードはテレビ番組を八桁までの数字に記号化したものです。

今はあまり使われていません。

いつまでも、意味のないことを信じている人を揶揄しているように聞こえます。

そういう状況に気づいた方がいいと言っているのでしょうか。

”煩わしい心すら
いつかは全て灰になるのなら
その花びらを瓶に詰め込んで火を放て
今ここで”

煩わしいとは、面倒で気が重いことをさします。

小さなことに気を止めてはいけないと言っている気がします。

いちいち落ち込むことに意味はありません。

そんなものは一週間後になくなっています。

だったら、悩む必要などないのです。

”誰より強く願えば
そのまま遠く雷鳴に飛び込んで
歌えるさ カスみたいな
だけど確かな バースデイソング”

願い続ければ必ず夢叶う時がきます。

たとえどんなに才能がなくても、やり続ければいいのです。

そうすれば、必ず成就します。

だから始めればいいのです。

早く始めれば。

”しみったれたツラが似合うダークホース
不貞腐れて開けた壁の穴
あの時言えなかった三文字
ブラスバンド鳴らし出すメロディー”

しみったれたとは、ケチという意味です。

ダークホースは予想外の実力を持っているかもしれない人のことです。

青春の中にある様々な出来事が描かれている気がします。

そのどれもが、大人になったら意味がなかったとわかると思います。

”真面目でもないのに賢しい顔で
ニヒリスト気取ってグルーミー
誰も聴いちゃいないそのDコードを
それでもただ信じていたんだ”

学生の頃かっこいいと思っていたことは、今から考えるとバカらしく感じます。

グレたりしたことも、賢そうな顔を見せていたことも、全部単なる偽りにすぎません。

それでもあの頃は懸命に演じていたのです。

”よーいどんで鳴る銃の音を
いつの間にか聞き逃していた
地獄の奥底にタッチして走り出せ
今すぐに”

体育祭も本気出すことをやめてしまいました。

一生懸命なんてかっこ悪いと思っていました。

それがかっこ悪いことだと、早く気づいて、日々を懸命に生きるのです。

”誰より独りでいるなら
誰より誰かに届く歌を
歌えるさ 間の抜けた
だけど確かな バースデイソング”

苦しい時にこそ、人の心を打つことができる何かに気づくことがあります。

苦しみからしか生まれないこともあるのです。

もしあなたが窮地に立たされているのであれば、逃げずに真っ向から立ち向かえばいいのです。

どんなときも全力で駆け抜けるべきです。

”持て余して放り出した叫び声は
取るに足らない言葉ばかりが並ぶ蚤(のみ)の市にまた並んで行く
茶化されて汚されて恥辱の果て辿り着いた場所はどこだ
何度だって歌ってしまうよ
どこにも行けないんだと
だからこそあなたに会いたいんだと
今”

どんなに頑張っても芽が出ないなら、その感情を歌にすればいい。

何をしても成功しないならもがけばいい。

孤独に耐えられないなら、人を求めればいい。

どんなときも、真っ向から立ち向かうんだ。

腐ってる暇などありません。

”煩わしい心すら いつかは全て灰になるのなら
その花びらを瓶に詰め込んで火を放て 今ここで
誰より強く願えば そのまま遠く雷鳴に飛び込んで
歌えるさ カスみたいな
だけど確かな バースデイソング”

落ち込むことはいらない。

早く立ち直って、やり直すのです。

やり続けていれば、花開くことは間違いありません。

始めればいいのです。

誰にバカにされようが関係ありません。

バカにする人は、大抵何も成し遂げてない人じゃないかな?

そんな人の批判に心奪われてはいけないのです。

PR



米津玄師「TEENAGE RIOT」タイトルの意味

RIOTとは暴動という意味です。

若い人が反旗を翻す暴動のことをさしているのかもしれません。

今まで言われていたことは、全て過去の人が作ったものです。

ルールも名言も全て過去の人が作ったものなのです。

そんなものは現代で通用するはずがありません。

私たちはどんどん新しいものを作っていくべきなのではないでしょうか。

PR

ギャッツビーCM

主人公の新田真剣佑さんと柳楽優弥さんは未来の警察のようです。

病原菌のような悪魔と対面しています。

ギャッツビーのプレミアムタイプ デオドラントロールオン 無香料で敵に立ち向かいます。

このまま映画になってもおかしくないようなクオリティです。

これからの展開が気になります。