『大恋愛』主題歌back number「オールドファッション」歌詞の意味(解釈)とは?

back number

ドラマ『大恋愛』の主題歌はback numberの「オールドファッション」です。

back numberの「オールドファッション」はどのような曲なのでしょうか。

back numberの「オールドファッション」の歌詞の意味を考察していきます。

back number「オールドファッション」歌詞

作詞・作曲:清水依与吏

よく晴れた空に 雪が降るような
ああ そう 多分そんな感じだ
変な例えだね 僕もそう思うよ
だけど君はそんな感じだ

一体どこから話せば
君という素敵な生き物の素敵さが
いま2回出た素敵はわざとだからね
どうでもいいか

単純な事なんだきっと
比べるまでもないよ
僕に足りないものを全部
君が持ち合わせていたんだ
悲しくなるくらい
ああ それを今数えてた所だよ

不安とか迷いでできている
僕の胸の細胞を
出来るなら君と取り替えて欲しかった
花は風を待って
月が夜を照らすのと同じように
僕に君なんだ

デコボコしてても 並んで歩けば
この道がいいと思った

お祝いしようって君が
なんにも無い日に言い出すのは決まって
僕がバレないように落ち込んだ時だ
不甲斐ないね

肝心な所はいつも
少し君の真似をして
はずれでも優しい答えが出せるように
鳥は春を歌って
いつだってそれに気付いてる君に
僕はなりたかった

僕と見た街は夜空は
どう映っていたんだろう
君は後悔していないかな
ねぇちょっと
そんなのどうだっていいの
ドーナツ買って来てよって
君なら ああ そう言うだろうな

単純な事なんだきっと
誰がなんと言おうと
どれだけの時間が命が巡ったとしても
風は花を探して
夜と月が呼び合うのと同じように
君には僕なんだ

back number「オールドファッション」歌詞の意味考察

”よく晴れた空に 雪が降るような
ああ そう 多分そんな感じだ
変な例えだね 僕もそう思うよ
だけど君はそんな感じだ”

君は突然、僕の前に現れたのかもしれません。
君が僕の目の前に現れたのは奇跡だったと僕は思っているのです。

”一体どこから話せば
君という素敵な生き物の素敵さが
いま2回出た素敵はわざとだからね
どうでもいいか”

君のことが素敵だと、なんとしても言いたいようです。

ドラマに出てくる、間宮さんが言いそうなセリフです。

”単純な事なんだきっと
比べるまでもないよ
僕に足りないものを全部
君が持ち合わせていたんだ
悲しくなるくらい
ああ それを今数えてた所だよ”

君と僕はちょうどパズルのようにはまるのです。

僕の足りない部分を君は持っていて、君が苦手なことが僕は得意だったりするのです。

それで、大事なところはちゃんと同じだったりして、そう思うたびに、僕は君のことを好きでよかったと思うのかもしれません。

”不安とか迷いでできている
僕の胸の細胞を
出来るなら君と取り替えて欲しかった
花は風を待って
月が夜を照らすのと同じように
僕に君なんだ”

僕の弱い部分を君はいつも補ってくれるのです。

僕は君なしでは生きれなくなっているのかも知れません。

それほど君は僕を助けてくれるのです。

”デコボコしてても 並んで歩けば
この道がいいと思った”

辛いことがあっても、君とならば辛くありません。

どんなところでも、君となら心地いい場所になります。

”お祝いしようって君が
なんにも無い日に言い出すのは決まって
僕がバレないように落ち込んだ時だ
不甲斐ないね”

君はいつも僕のことを考えてくれているのかも知れません。

君はいつも僕を支えようと思ってくれているのです。

それがとても嬉しいのですが、僕は申し訳ないと思っているのではないでしょうか。

僕も君を支えたいのです。

”肝心な所はいつも
少し君の真似をして
はずれでも優しい答えが出せるように
鳥は春を歌って
いつだってそれに気付いてる君に
僕はなりたかった”

悪いことがあったとしても君に相談して、その通りにすればうまくいくことがたくさんあったのではないでしょうか。

君はとても頼りになるのです。

たとえ解決策を導いてくれなくても、相談に乗ってくれるだけでありがたいのです。

だから、僕も君に同じことをしてあげたいと思っているのかも知れません。

”僕と見た街は夜空は
どう映っていたんだろう
君は後悔していないかな
ねぇちょっと
そんなのどうだっていいの
ドーナツ買って来てよって
君なら ああ そう言うだろうな”

二人に辛いことが待ち受けていようと、二人なら乗り越えていけるのではないでしょうか。
今が楽しければいいのです。

二人でいるときは、病気のことなど忘れたいのかも知れません。

君はなんでもないふりをしています。
だから、僕もそうするのです。

”単純な事なんだきっと
誰がなんと言おうと
どれだけの時間が命が巡ったとしても
風は花を探して
夜と月が呼び合うのと同じように
君には僕なんだ”

どんなことがあろうと、僕が大好きなのは君なのです。

これからどんな人に出会おうとも、君に敵う人はいません。

それははっきりとわかるのです。

細胞を超えた、心の奥深くでそれを感じているのではないでしょうか。

PR

大恋愛

ドラマ『大恋愛』は、戸田恵梨香さんとムロツヨシさん主演の恋愛ドラマです。

戸田恵梨香さん演じる、北澤尚はアルツハイマーの研究を行なっている医師・井原侑市(松岡昌宏)と婚約していました。

1ヶ月後に結婚を迎えたある日、ムロツヨシさん演じる小説家・間宮真司に出会います。

尚は真司と運命的なものを感じ、惹かれていきます。

侑市とは契約結婚のような形で、本気の恋愛すらしたことのない尚は、真司に出会い初めて運命を感じてます。

真司も同じく運命的なものを感じていたため、二人の距離は縮まっていくのです。

そんな中、尚がアルツハイマーだと気づいた侑市は、彼女にそのことを打ち明け・・・。

これから起きることはなんだか想像できそうで、とても悲しいことが起きるとわかってしまいますが、どうしても見てしまうこのドラマは、ムロツヨシさんが珍しく真面目でとても味のあるの人間を演じているからかも知れません。

尚と侑市はどうなってしまうのでしょうか。

尚と真司の恋愛はどうなってしまうのでしょうか。

脚本は『あきまへんで』『おせん』など人間関係のドラマが得意の大作家・大石静さんです。

これからの展開が気になります。