BUMP OF CHICKEN「月虹」歌詞の意味(解釈)とは?〜これは難しい曲〜

BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENの「月虹」は、TVアニメ『からくりサーカス』のエンディング・テーマです。

BUMP OF CHICKEN「月虹」歌詞

作詞・作曲:藤原基央

夜明けよりも手前側 星空のインクの中
落として見失って 探し物
心は眠れないまま 太陽の下 夜の中
つぎはぎの願いを 灯りにして

何も要らない だってもう何も持てない
あまりにこの空っぽが 大き過ぎるから

たった一度だけでも頷いて欲しい
鏡の様に手を伸ばして欲しい
その一瞬の 一回のため それ以外の
時間の全部が 燃えて生きるよ

僕の正しさなんか僕だけのもの
どんな歩き方だって会いに行くよ
胸の奥で際限なく育ち続ける
理由ひとつだけ抱えて
いつだって 舞台の上

思い出になれない過去 永久リピート 頭ん中
未だ忘れられない 忘れ物
謎々解らないまま 行かなくちゃ 夜の中
今出来た足跡に 指切りして

同じ様な生き物ばかりなのに
どうしてなんだろう わざわざ生まれたのは

世界が時計以外の音を失くしたよ
行方不明のハートが叫び続けるよ
あっただけの命が震えていた
あなたひとりの 呼吸のせいで

いつかその痛みが答えと出会えたら
落ちた涙の帰る家を見つけたら
宇宙ごと抱きしめて眠れるんだ
覚えているでしょう
ここに導いた メロディーを

耳と目が記憶を 掴めなくなっても
生きるこの体が 教えてくれる
新しい傷跡に 手を当てるそのたびに
鮮やかに蘇る 懐かしい温もりを

世界が笑った様に輝いたんだよ
透明だったハートが形に気付いたよ
どこに行ったって どこにも行かなかった
あなたひとりとの 呼吸のせいで

たった一度だけでも頷いて欲しい
どんな歩き方だって会いに行くよ
あっただけの命が震えていた
理由ひとつだけ 虹を見たから
いつだって 舞台の上

BUMP OF CHICKEN「月虹」歌詞の意味考察

BUMP OF CHICKENの「月虹」は、本当に難しい歌詞です。

こんなに難しい歌詞は珍しいと思います。

歌詞考察歴2年の私が、BUMP OF CHICKENの「月虹」の歌詞の意味を考察していきます。

夜明けよりも手前側 星空のインクの中
落として見失って 探し物
心は眠れないまま 太陽の下 夜の中
つぎはぎの願いを 灯りにして

僕らは実現できるか分からない夢や目標を実現させるために奮闘します。

本当に実現できるかどうか分からないから、不安で仕方がありません。

でも止まっていては何も実現できません。

だからただ前に進むんです。

それが正しいのかどうかは分からないけれど。

何も要らない だってもう何も持てない
あまりにこの空っぽが 大き過ぎるから

どうすればいいのかなんて誰にも分かりません。

はやるべきことならたくさんあるけれど、全部今日中にできるはずもないんです。

どれから手をつければいいか変わらなないけど、とりあえずやるべきなんです。

計画などしても意味はありません。

どうせ周りに邪魔されてぐちゃぐちゃになるんです。

何が正しいのかさえも分からないのです。

たった一度だけでも頷いて欲しい
鏡の様に手を伸ばして欲しい
その一瞬の 一回のため それ以外の
時間の全部が 燃えて生きるよ

僕らは夢の瞬間のために生きるのかしれません。
たった一瞬の幸せのために頑張ることができるのです。

全ては夢や目標のためです。

そうやって生きれば、全ての時間に意味を感じることができます。

僕の正しさなんか僕だけのもの
どんな歩き方だって会いに行くよ
胸の奥で際限なく育ち続ける
理由ひとつだけ抱えて
いつだって 舞台の上

やるべきことがわかっていれば、あとはそれをするだけです。

やり方などどうでもいいです。

やりたい思い一心で突っ走ればいいのです。

そうすればもうそれはもうあなたの人生です。

それこそが自分の生きる道なんです。

思い出になれない過去 永久リピート 頭ん中
未だ忘れられない 忘れ物
謎々解らないまま 行かなくちゃ 夜の中
今出来た足跡に 指切りして

これが正解かどうかなんてわかりません。

人生はずっと迷路です。

一つ一つ正しいかどうか考えることもできません。

あの時こうしていれば良かったなんて後悔も無駄なんです。

できるのは前に進むこと。

目的がわかっているなら、進むだけです。

同じ様な生き物ばかりなのに
どうしてなんだろう わざわざ生まれたのは

僕らは全員同じ能力を持っています。

人間はただ増えるだけが使命です。

でもこんなにたくさんいるんだから、一人一人やるべきことは違うはずです。

増やすためだけに生まれたんではありません。

だとしたらこんな知能はいらないんですから。

人間のイメージ画像

世界が時計以外の音を失くしたよ
行方不明のハートが叫び続けるよ
あっただけの命が震えていた
あなたひとりの 呼吸のせいで

この混沌とした世界の中で、あなたの存在だけは確かだったのかもしれません。

全てが曖昧な世の中で、時間とあなただけが僕にとっては確かな存在なんです。

あなたに会った時、僕は初めて心を感じることができたのかもしれません。

それがあなたがいる意味なのではないでしょうか。

いつかその痛みが答えと出会えたら
落ちた涙の帰る家を見つけたら
宇宙ごと抱きしめて眠れるんだ
覚えているでしょう
ここに導いた メロディーを

どうしたらいいか分からない日々でも、正解にたどり着ける時があります。

悔しさを無くせるくらいの喜びが訪れることもあるんです。

もちろんそれは一瞬で、またすぐに試練がやってくるんだけど、そういう喜びが新しい一歩を作ってくれるんです。

耳と目が記憶を 掴めなくなっても
生きるこの体が 教えてくれる
新しい傷跡に 手を当てるそのたびに
鮮やかに蘇る 懐かしい温もりを

どんなことがあっても、人生は続いていきます。

何があっても歩いていかないといけません。

辛いこととか悲しいことなんて関係ないんです。

それは嬉しいこと楽しいことと同じように、過去に変わります。

それがあるからこそ、歩いていけるんです。

世界が笑った様に輝いたんだよ
透明だったハートが形に気付いたよ
どこに行ったって どこにも行かなかった
あなたひとりとの 呼吸のせいで

とても難しい人生の中で、あなただけが僕に形をくれました。

そこには確かに形があったんです。

あなただけはいつも一緒にいてくれます。

あなたとの時間だけは確かに色も形もあったんです。

たった一度だけでも頷いて欲しい
どんな歩き方だって会いに行くよ
あっただけの命が震えていた
理由ひとつだけ 虹を見たから
いつだって 舞台の上

何があっても変わらないものがあります。

答えなんて一生解けないかもいれませんが、世界に形があることは確かです。

確かなものはここにもきちんとあるんです。

見えていないのは、その奥にある形だけです。

でも答えは確かにあるはずです。

数字も感情も心も必ずここにあるんです。

だとしたら、もう一度やる価値があるのではないでしょうか。

BUMP OF CHICKEN「月虹」歌詞の意味を考察した感想

BUMP OF CHICKENの「月虹」は、本当に難しい歌詞でした。

これは難しかったです。

藤原さんはあえてこうしてるんでしょうか。

「カラクリサーカス」の勝にはいろんな試練が待ち受けています。

一難去ってまた一難。

でも必ず助けられます。

家族の愛が彼を生かすのです。

BUMP OF CHICKENの「月虹」は、本当に久しぶりに言葉にするのが難しい考察でした。

すごい抽象的で詩的な歌詞、そこには難解さと痛快さがありました。

からくりサーカスとは?

『からくりサーカス』は莫大な遺産を相続した小学5年生の勝が、その遺産を狙う悪党から逃げるアニメです。

原作は『うしおととら』の藤田 和日郎さんで、とても複雑なプロットが話題になっています。

主人公の勝はかなり弱いのですが、加藤鳴海という優しい格闘家と銀髪の少女しろがねに助けられながら、カラクリを操る悪党たちから逃げるんです。

複数の登場人物の視点で描かれたエピソードが交差していくようです。

BUMP OF CHICKEN「月虹」コメント

BUMP OF CHICKENは、月虹について以下のようにコメントしています。

■BUMP OF CHICKENコメント

僕らは藤田和日郎先生の作品の大ファンです。
10代で「うしおととら」に出会い夢中になって読み耽り、今は今で「双亡亭壊すべし」の新巻を心待ちにしています。
新作が発表されるごとに大騒ぎです。
当然「からくりサーカス」も僕らにとって大切で大好きな作品で、簡単に言葉にするのは難しいですが、沢山の感動をもらいました。
今でも事あるごとに「うしおととら」や「からくりサーカス」の話をして盛り上がっています。
その「からくりサーカス」がこの度アニメ化される事になり、オープニング・テーマのオファーを頂いた時は、本当にびっくりしました。
心から嬉しく、光栄に思いました。10代の頃の僕らに聞かせてあげたいです。
一ファンとして、しっかりと務めを果たさせて頂きたいと思います。
アニメの完成を心から楽しみにしております。

BUMP OF CHICKENは「からくりサーカス」の大ファンのようです。

言葉にするのが難しいと言っているので、この難解な歌詞はあえて難しくしているのかもしれません。

この難解な歌詞を見て、アニメを見たくなった人も多いのではないでしょうか。

BUMP OF CHICKEN「月虹」とは?

BUMP OF CHICKENの「月虹」は、「aurora arc」というアルバムに収録されています。

created by Rinker
¥4,988 (2019/12/16 10:23:59時点 Amazon調べ-詳細)

2016年2月リリースの「Butterflies」から約3年5カ月ぶりとなるこのアルバムには、合計14曲を収録されています。

アルバムの最初と中盤と最後に配置された「aurora arc」「ジャングルジム」「流れ星の正体」だけが新曲で、あとはどこかで聞いたことのある曲です。

「リボン」などぜひその才能を体感してみて下さい。

音楽をよく聴く方は、AmazonのMusic Unlimitedがおすすめです。

参考:サルワカ

今なら30日間無料なので、お試しください。