HY「366日」歌詞の意味(解釈)とは?

HY

HYの「366日」が上白石萌歌出演の「キリン午後の紅茶」のCMで使用され、話題になっています。

HYの「366日」の歌詞の意味を考察していきます。

HYの「366日」はどのような曲なのでしょうか。

HY「366日」歌詞

作詞:IZUMI NAKASONE
作曲:IZUMI NAKASONE

それでもいい
それでもいいと思える恋だった
戻れないと知ってても 繋がっていたくて

初めてこんな気持ちになった
たまにしか会う事 出来なくなって
口約束は当たり前
それでもいいから…

叶いもしないこの願い
あなたがまた私を好きになる
そんな儚い 私の願い
今日もあなたに会いたい

それでもいい
それでもいいと思えた恋だった
いつしかあなたは会う事さえ拒んできて

一人になると考えてしまう
あの時 私 忘れたらよかったの?
でもこの涙が答えでしょう?
心に嘘はつけない

恐いくらい覚えているの
あなたの匂いや しぐさや 全てを
おかしいでしょう? そう言って笑ってよ
別れているのにあなたの事ばかり

恋がこんなに苦しいなんて
恋がこんなに悲しいなんて
思わなかったの 本気であなたを思って知った

恐いくらい覚えているの
あなたの匂いや しぐさや 全てを
おかしいでしょう? そう言って笑ってよ
別れているのにあなたの事ばかリ

あなたは私の中の忘れられぬ人 全て捧げた人
もう二度と戻れなくても
今はただあなた…あなたの事だけで
あなたの事ばかり

HY「366日」歌詞の意味考察

”それでもいい
それでもいいと思える恋だった
戻れないと知ってても 繋がっていたくて”

別れても二人で過ごした時間は幸せだったと胸を張って言えるのではないでしょうか。
別れてもとてもいい思い出だったのかもしれません。
あなたの愛は本物だったのです。

”初めてこんな気持ちになった
たまにしか会う事 出来なくなって
口約束は当たり前
それでもいいから…”

あなたに少しでも会う時間があるなら、それでもいいということかもしれません。
私のことを好きではなくても、それでもいいのかもしれません。
会いたいという気持ちが溢れているのではないでしょうか。
たとえ口約束で確証がなくても、また会えると思えるだけで幸せなのかもしれません。

”叶いもしないこの願い
あなたがまた私を好きになる
そんな儚い 私の願い
今日もあなたに会いたい”

もう私のことを好きなることはないかもしれません。
ほんの少しでも可能性があるのであれば、私はまたあなたに会いたいと思っているのではないでしょうか。
毎日ではなくても構いません。
少しでも可能性があるのであれば、会いたいのです。

”それでもいい
それでもいいと思えた恋だった
いつしかあなたは会う事さえ拒んできて”

あなたが会うことを拒んでくるかもしれませんが、今は会いたいと思っているようです。
先のことを考えたりしたくないのかもしれません。
ただ会いたいのです。
この先が暗闇になるとしても、ただ会いたいのかもしれません。
そう思い、あとで悲しくなってしまうことを嘆いているようにも思います。

”一人になると考えてしまう
あの時 私 忘れたらよかったの?
でもこの涙が答えでしょう?
心に嘘はつけない”

嫌いになれるものならなりたいと思っているのかもしれません。
でもどうしてもあなたのことを考えてしまうのです。
また会いたいと思ってしまうのです。
それを抑えることはできないようです。

”恐いくらい覚えているの
あなたの匂いや しぐさや 全てを
おかしいでしょう? そう言って笑ってよ
別れているのにあなたの事ばかり”

私はあなたと話しているのかもしれません。
あなたが私に話しかけてくれることが幸せだったのかもしれません。
あなたとたわいのない話をしたいのではないでしょうか。
あなたのことばかり考えてしまいます。
あなたにこんなに会いたいのです。
その気持ちはどうすることもできないのではないでしょうか。

”恋がこんなに苦しいなんて
恋がこんなに悲しいなんて
思わなかったの 本気であなたを思って知った”

叶わない恋は本当に苦しいのです。
そういう経験は、して初めてわかるのかもしれません。
この痛みはあなたが教えてくれたのです。
苦しいと思えば思うほど、あなたの愛が本物だったとわかるのです。

”あなたは私の中の忘れられぬ人 全て捧げた人
もう二度と戻れなくても
今はただあなた…あなたの事だけで
あなたの事ばかり”

もう戻ることはできませんが、今だけはまだあなたのことを想うことを許してほしいと言っている気がします。

好きな人を忘れられないのは仕方ないのかもしれません。
未練がましい人だと思われて嫌かもしれませんが、好きという感情を無理に拭うことはできないと言ってくれている気がします。
会うことを拒まれるかもしれません。
嫌なことをしているのはわかっているのです。
本当はこの想いを止めたいけれど、どうしても止めることができないのではないでしょうか。

恋がこんなに切ないものなのかと、歌っているのではないでしょうか。

PR

366日というタイトルの意味とは

タイトルの366日とはどういう意味でしょうか。

私があなたを想う日は普通の日ではないという意味かもしれません。
私は現実を生きていないのではないでしょうか。
本来の自分を生きられない状態を表現しているように思います。

365日の中、普通の日々から、あなたと一緒だった日々から逸れてしまったのです。

私は今366日目に生きているのかもしれません。

CM考察

『義母と娘のブルース』で共演した、上白石萌歌さんと井之脇海さんが恋人役で登場するこのCMは、『義母と娘のブルース』だととても嬉しいCMになっています。

ずっと大好きだった男性が、上京してしまったのかもしれません。

離れ離れになっても、君との日々を昨日のことのように思い出してしまうのではないでしょうか。

君の居眠りの顔を思い出しては、私は顔を赤らめてしまいます。

二人っきりでした図書館での勉強も、今は絶対にできないことなのです。

そんなに大好きな君が帰ってきてくれた日を描いています。

君はまた東京に戻ってしまうかもしれません。

でも今だけはまた二人っきりになれるのです。

私はまだかまだかと君を待っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です