MISIA「HOPE&DREAMS」歌詞の意味(解釈)とは?

MISIA

MISIAさんの「HOPE&DREAMS」がドラマ『チア☆ダン』2話のダンスBGM曲として使用されました。

MISIAさんの「HOPE&DREAM」はどのような曲なのでしょうか。

MISIA「HOPE&DREAMS」歌詞

作詞:MISIA
作曲:Toshiaki Matsumoto

駆け抜ける飛行機雲
僕らの願いアテンション プリーズ
限りある時の中 走り続けてゆこう

I’m a dreamer 夢を語るたびに 熱くなる思いは宝物
手を伸ばして待ち続けた空 旅立ちの時は今 いつの日も

みんな 空見上げ 歩いてきたんだ 前を向いて 笑えるように
つまずいてもいい 振り返りはしない
今だ 飛び立て 夢ロケット

多数決が最良の 答えを出すとは限らない
だって僕らが描く 未来はイマジネーション

Who is the dreamer?
人と違う自分に なぜ人は不安を感じるんだろう
孤独に慣れることなんてダメさ
願いは強さになるから 誇り高く

全てを真っ赤に 染める夕焼けは
明日を信じる 情熱の色
いつも心には 広大なロマンス
空見上げて 歩いてく

変わることを願う君
変わらぬことを望む人
それぞれ 信じる
空を見上げて My dream

みんな 空見上げ 歩いてきたんだ 前を向いて 生きてきたんだ
明日咲く花に 涙をあずけて 胸には Hope&dream

長い夜を越え 星空の向こうで
出会うものは きっと素晴らしい
思い切り空へ 未知なる宇宙へ
今 飛び立て 夢ロケット

MISIA「HOPE&DREAMS」歌詞の意味考察

”駆け抜ける飛行機雲
僕らの願いアテンション プリーズ
限りある時の中 走り続けてゆこう”

僕らの願いは高く高く舞い上がるのです。

時間は限られています。

願いに向けて突き進むのです。

”I’m a dreamer 夢を語るたびに 熱くなる思いは宝物
手を伸ばして待ち続けた空 旅立ちの時は今 いつの日も”

夢を話すたびに、やっぱり実現したいと思うのです。

私は夢を追うことを誇りに思っています。

夢を抱いている人は誰よりも美しいのです。

あなたにも夢を目指す機会が用意されています。

いつでも夢をスタートすることができるのです。

”みんな 空見上げ 歩いてきたんだ 前を向いて 笑えるように
つまずいてもいい 振り返りはしない
今だ 飛び立て 夢ロケット”

失敗しても、苦しくても関係ありません。

私は夢に向けて突進していくのです。

どんな時も何があっても、一心不乱に突き抜けていくのです。

”多数決が最良の 答えを出すとは限らない
だって僕らが描く 未来はイマジネーション”

周りの人が言うことが正しいとは限りません。

自分のやりたいことをすればいいのです。

未来は誰にもわかりません。

想像が未来を築くのです。

あなたの意見があなたの未来を作るのです。

”Who is the dreamer?
人と違う自分に なぜ人は不安を感じるんだろう
孤独に慣れることなんてダメさ
願いは強さになるから 誇り高く”

皆と同じことをやっていないければ不安になります。

一人だけ違うことをしていると、怖いのです。

たとえ一人であっても夢を追うべきです。

諦めずに追い続ければ、必ず仲間が増えていきます。

”全てを真っ赤に 染める夕焼けは
明日を信じる 情熱の色
いつも心には 広大なロマンス
空見上げて 歩いてく”

辛いことがあっても、1日の終わりに空がご褒美をくれます。

明日を生きる勇気をくれるのです。

毎日世界があなたを応援してくれています。

”変わることを願う君
変わらぬことを望む人
それぞれ 信じる
空を見上げて My dream”

冒険を止める人がいます。

危険なことをしないでと、親は止めるかもしれません。

でも夢を追うことを誰も止めることはできません。

夢はあなたの本心なのです。

”みんな 空見上げ 歩いてきたんだ 前を向いて 生きてきたんだ
明日咲く花に 涙をあずけて 胸には Hope&dream”

夢と希望を抱くことは、とても素晴らしいことだと言っている気がします。

くじけそうになっても、苦しくても希望があれば、立ち上がれます。

希望の向こうに夢があるのです。

二つがあれば、人はまた歩き出せるのです。

”長い夜を越え 星空の向こうで
出会うものは きっと素晴らしい
思い切り空へ 未知なる宇宙へ
今 飛び立て 夢ロケット”

そこにはない新しい世界を目指すのです。

今じゃない、新しい未来を描いていくのです。

どんなことがあろうとも、追い続けるのです。

暗闇の向こうには、希望の光があるのですから。

PR

チア☆ダン

この歌はドラマ『チア☆ダン』の2話にぴったりの曲です。

自分のキャラじゃなくても、親が望む自分ではなくても、自分がやりたいことをやるべきです。

自分が本当にやりたいと思うことが見つかったのであれば、周りの人に止められようが、何をされようが突き進むべきです。

実現できるかどうかなど関係ありません。

やりたいと思ったことに突進すればいいのです。