EXILE「道」歌詞の意味(解釈)とは?

EXILE

EXILEの「道」の歌詞の意味を考察していきます。

EXILEの「道」はどのような曲なのでしょうか。

EXILE「道」歌詞

作詞:Shogo Kashida
作曲:miwa furuse

『思い出が 時間を止めた』
今日の日を忘れるなと
見慣れた景色 二度と並べない
思い出の道

この道で 君と出会い
春が僕らを包んでた
愛と優しさ 教えてくれたね
泣かないで歩こう

空、今日も青空です
泣き笑いしたあの時
あたりまえが未来に変わる

「希望」「夢」「愛」話したい
動くな時間
空に叫ぶ
キミを忘れない

優しさに出会たことで
僕は独りじゃなかった
誰も消せない 心のアルバム
笑えるかもね

『動き出した 最後の時間』
君に伝えたい言葉
涙 邪魔して 空を見上げたら
春の音 聞こえた

道、君と歩いた今日まで
かすかに 動くくちびる
特別な時間をありがとう

「心」「勇気」「友」「笑顔」
嬉しすぎて
溢れ出した
涙が とまらない

ゆっくりと歩き出そう
この道 未来へと続く
さよなら 泣かないで
忘れないよ
離れても 愛しています

道、君と歩いた今日まで
かすかに 動くくちびる
特別な時間をありがとう

「心」「勇気」「友」「笑顔」
嬉しすぎて
溢れ出した
涙が とまらない

EXILE「道」歌詞の意味考察

”『思い出が 時間を止めた』
今日の日を忘れるなと
見慣れた景色 二度と並べない
思い出の道”

思い出が濃ければ濃いほど、それを思い出した時、現在を動かすスピードが遅くなるように感じます。

過去と現在を両方体験しているせいか、現在の方が少し遅くなるのです。

その時、私たちは過去にも存在しているのかもしれません。

過去の大切な時間をもう一度過ごすのです。

でもここは現実。

本当に戻ることはできません。

”この道で 君と出会い
春が僕らを包んでた
愛と優しさ 教えてくれたね
泣かないで歩こう”

自然が優しさや愛を人に教えてくれたのかもしれません。

いつでも自然は微笑んでくれるのです。

そんな美しさが人の心を美しくするのかもしれません。

”空、今日も青空です
泣き笑いしたあの時
あたりまえが未来に変わる”

過去の思い出が美しいからこそ、未来を輝かせると言っているのかもしれません。

素敵な過去を作れた人は、未来も輝かすことができるのです。

”「希望」「夢」「愛」話したい
動くな時間
空に叫ぶ
キミを忘れない”

希望、夢、愛をもっと話したいのかもしれません。

キミとはこの三つを特によく話したのではないでしょうか。

キミがくれた希望や夢や愛を、まだ味わっていたいのかもしれません。

”優しさに出会たことで
僕は独りじゃなかった
誰も消せない 心のアルバム
笑えるかもね”

キミが優しさをくれたから、僕は寂しさを感じず、ここまでこれたのかもしれません。

キミがくれたものはとても大きくて、僕に深く突き刺さっているのです。

”『動き出した 最後の時間』
君に伝えたい言葉
涙 邪魔して 空を見上げたら
春の音 聞こえた”

今最後の時が動き始めます。

最後はきちんと時を動かすのです。

悲しくて、涙も堪えきれなくて、何に助けを求めたらいいかわからなかったけれど、始めの日と同じように優しく包んでくれたのは自然だったのかもしれません。

キミはいなくなるけれど、キミとの思い出は残ります。

それは春の空気とともに残り続けるのです。

”道、君と歩いた今日まで
かすかに 動くくちびる
特別な時間をありがとう”

この道が始まりで、終わりでした。

キミへの感謝の気持ちは頭からではなく、自然と出てきたのかもしれません。

確かな感謝の気持ちが、口を動かしたのです。

”「心」「勇気」「友」「笑顔」
嬉しすぎて
溢れ出した
涙が とまらない”

全ての想いがここで溢れてきました。

今までの全ての感謝が溢れできたのではないでしょうか。

キミへの感謝が止まりません。

キミは僕に大切なもの全てをくれたのかもしれません。

何の見返りも欲せず、ただただ懸命にそれだけをくれたのです。

”ゆっくりと歩き出そう
この道 未来へと続く
さよなら 泣かないで
忘れないよ
離れても 愛しています”

この最後の道は未来へとつながっています。

過去と現在はキミとの幸せの時間でした。

きっと未来もここから続いているのです。

キミなら過去と同じように未来を、輝かすことができるでしょう。

それを僕も応援しているのです。

”道、君と歩いた今日まで
かすかに 動くくちびる
特別な時間をありがとう

「心」「勇気」「友」「笑顔」
嬉しすぎて
溢れ出した
涙が とまらない”

本当に感謝しているキミがいなくなる日、全ての涙はあの日々を思い出すために流れてきたのかもしれません。

その時感じた嬉しさや楽しさが、一瞬に襲ってきたのです。

一人では対処できないほどの、あなたの優しさが涙を流させたのかもしれません。

PR

MV考察

久しぶりに母校へ帰ってきた女性かもしれません。

行く先々で、思い出の日々が蘇ります。

まるでそこにあの日の自分がいると思えるくらい、場所は過去を思い起こさせます。

過去は現在が作り、未来も現在が作ります。

過去の思い出を味わいながら、未来を作っていくのかもしれません。