『BLEACH』主題歌[ALEXANDROS]「Mosquito Bite」歌詞の意味(解釈)とは?

[Alexandros]

映画『BLEACH』の主題歌は[ALEXANDROS]の「Mosquito Bite」です。

[ALEXANDROS]の「Mosquito Bite」はどのような曲なのでしょうか。

[ALEXANDROS]「Mosquito Bite」歌詞

I was just a little boy
Smelled a little like soy
Couldn’t find a place to let me in
That’s the way that things have been

俺は子どもだった

小さな大豆のような匂いを放っていたんだ

俺を認めてくれる場所もなかった

ずっとそういう感じだったんだ

 

I had a water gurn
And aimed it at the sun
Waiting for the moment to be free
That was only in my dreams

俺は変な水を得たんだ

それを太陽に噴射した

自由になれる時を待つためにね

これが俺の夢なんだ

 

And everybody’s gonna tell me to wake up, wake up
Everybody’s gonna tell me to wake up, wake up
All they want to do is push and keep me down

いつも俺を目覚めさせようとするんだ

俺は目覚めなきゃいけないんだ

黙ってたら誰かが邪魔をしにくるぜ

 

And everybody’s gonna tell me to wake up, wake up
Everybody’s gonna tell me to wake up, wake up
Tell they’re gonna say me when they make me drown

いつも俺を目覚めさせようとするんだ

俺は目覚めなきゃいけないんだ

誰かが俺を溺れさせたがっているって言うんだ

 

I wanna believe in something else
Trying to make it through the day
Wanna be up there when I drown
It’s driving me insane

俺は他のことを信じたいよ

毎日別のことを試してるんだ

溺れた時に浮かび上がれるようにさ

それが正気じゃないっていうのか

 

誰かの言葉が
傷を抉っても
But after all it’s nothing more
Than a mosquito bite

(誰かの言葉が
傷を抉っても)

何も残らないさ

蚊がいるくらいだろ

 

I was just a little ghost
I hated it the most
Wait for the moment to be seen
And everyone can hear the scream

俺はただの幽霊だった

俺はそれが一番嫌だったんだ

見れるものになれるまで待った

それでみんな叫びを聞けるようになったんだ

And now I’m just grown up boy
Still smellin’ like soy
And I’ve never found a place to let me in
But I feel good from within

俺は少年に成長した

まだ大豆のような匂いを放っているんだ

俺を認めてくれる場所もまだ見つかっていない

それでもなんとかうまくやってるんだ

 

And everybody’s gonna tell me to Wake up, wake up
Everybody’s gonna tell me to wake up, wake up
All they wanna do is push and keep me down

いつも俺を目覚めさせようとするんだ

俺は目覚めなきゃいけないんだ

黙ってたら誰かが邪魔をしにくるぜ

 

And everybody’s gonna tell me to wake up, wake up
Everybody’s gonna tell me to wake up, wake up
Pretend they’re gonna save me
when they make me drown

いつも俺を目覚めさせようとするんだ

俺は目覚めなきゃいけないんだ

俺を救うふりをして俺を溺れさせたるんだ

 

I wanna believe in something else
Tryin’ to make it through the day
Wanna be up there when I’m down
It’s driving me insane

俺は他のことを信じたいよ

毎日別のことを試してるんだ

落ちぶれたとしても浮かび上がるんだ

それが正気じゃないっていうのか

 

誰かの言葉が 傷を抉っても
But after all it’s nothing more than a mosquito bite

(誰かの言葉が 傷を抉っても)

残るのは蚊くらいだろ

[ALEXANDROS]「Mosquito Bite」歌詞の意味考察

”俺は子どもだった
小さな大豆のような匂いを放っていたんだ
俺を認めてくれる場所もなかった
ずっとそういう感じだったんだ”

ずっと未熟で、誰も認めてくれなかったと言っています。

“俺は変な水を得たんだ
それを太陽に噴射した
自由になれる時を待つためにね
これが俺の夢なんだ”

太陽という絶対的なものに、水を吹っかける覚悟で挑んでいるのかも知れません。

絶対的な権力の前にひれふすのではなく、抵抗するのです。

自由になるためには抗わなければなりません。

“いつも俺を目覚めさせようとするんだ
俺は目覚めなきゃいけないんだ
黙ってたら誰かが邪魔をしにくるぜ”

いつでも戦っていなければ、誰かに邪魔をされるのです。

人生は刺激的だし、気が抜けないと言っている気がします。

“いつも俺を目覚めさせようとするんだ
俺は目覚めなきゃいけないんだ
誰かが俺を溺れさせたがっているって言うんだ”

誰かが自分を陥れようと企んでいるのです。

負けてはいられません。

“俺は他のことを信じたいよ
毎日別のことを試してるんだ
溺れた時に浮かび上がれるようにさ
それが正気じゃないっていうのか”

誰かに陥れられないように、常に前進すべきなのです。

何か確固たる術を身につけたとしても、思考をやめてはいけません。

次のものを探しにいかなければ、いつ誰かに邪魔をされるかわからないのです。

それが大変だという人もいますが、そうでなければ生きてはいけません。

“(誰かの言葉が
傷を抉っても)
何も残らないさ
蚊がいるくらいだろ”

いつも進化している人を邪魔することはできません。

この曲はどんな状況でも、成長し続けることが大切だといている気がします。

一度成功したからと言って、それにこだわっていては、誰かに足をすくわれるのです。

常に前進し、自分を磨いていれば、誰も邪魔することはできません。

“俺はただの幽霊だった
俺はそれが一番嫌だったんだ
見れるものになれるまで待った
それでみんな叫びを聞けるようになったんだ”

自分が何を言っても、誰にも届かないなら意味がないと言っている気がします。

自分の意見が誰かに届けられるよう、頑張らなければならないのかも知れません。

“俺は少年に成長した
まだ大豆のような匂いを放っているんだ
俺を認めてくれる場所もまだ見つかっていない
それでもなんとかうまくやってるんだ”

自分の意見が誰かに影響するようになっても、まだ始まりに過ぎないと言っているように思います。

そこからが人生なのかも知れません。

今度は、その意見を認めてらえるように励むのです。

まだまだ鍛錬が必要ですが、それでも続けるべきなのです。

たとえどんなに否定されても、前進することを忘れてはいけないのかも知れません。

自分のなりたいものになるために、日々頑張るのです。

いつか誰かに認めてもらえる日が来るまで、自分の思いを叫び続けることが大切です。

PR

MV考察

誰になんと言われようと、自分は好きなことをするという決意のようなものが伝わってきます。

誰かが何を言っても関係ないのです。

自分が決めたことをすればいいのです。

自分のやりたいことをやり続けるのです。

そうすればやがて覚醒する日がきます。

誰にも操れない自分がやってくるのです。

BLEACH

映画『BLEACH』は死神と悪霊・虚〈ホロウ〉の戦いを描いたアクション映画です。

家族を救うため死神代行となった黒崎一護は、街を救うため虚〈ホロウ〉退治に励みます。