宇多田ヒカル「forevermore」歌詞の意味(解釈)とは?

宇多田ヒカル

宇多田ヒカルさんの「forevermore」の歌詞を考察したいと思います。

宇多田ヒカルさんの「forevermore」はどのような曲なのでしょうか。

宇多田ヒカル「forevermore」歌詞

作詞:Utada Hikaru
作曲:Utada Hikaru

確かな足取りで家路につく人が
溢れる大通りを避けて
壊れたイヤホンで耳を塞ぎながら
あなたの名を呟きかけた

あなたの代わりなんて居やしない
こればっかりは
裏切られても変わらない

愛してる、愛してる
薄情者な私の胸を
こうも絶えず締め付けるのは
あなただけだよ

Others come and go
But you’re in my soul forevermore
いつまでもいつまでも
いつまでもそうよ

友達は入れ替わり服は流行り廃る
私を私たらしめるのは
染み付いた価値観や
身に付いた趣味嗜好なんかじゃないと
教えてくれた

私の終わりなんて怖くない
もしかしたら
生まれ変わっても忘れない

愛してる、愛してる
一人きりが似合う私を
今日も会えず泣かせるのは
あなただけだよ

Others come and go
But you’re in my soul forevermore
いつまでもいつまでも
いつまでもそうよ

恋の後も
いつまでもいつまでも
最後の瞬間を待たずとも
これだけは言える

Forevermore
愛してる、愛してる
それ以外は余談の域よ
愛してる、愛してるのは
あなただけだよ

Others come and go
But you’re in my soul forevermore
いつまでもいつまでも
いつまでもそうよ

宇多田ヒカル「forevermore」歌詞の意味考察

”確かな足取りで家路につく人が
溢れる大通りを避けて
壊れたイヤホンで耳を塞ぎながら
あなたの名を呟きかけた”

人が家路に向かう通りを避けて、私は路地に逃げ込んだのかもしれません。

辛いことがあったのでしょうか。

人混みで堂々と歩けるほどの自信さえ失っていたのかもしれません。

そんな時、助けを求めたのはあなただったと言っています。

あなたなら、名前を呼ぶと駆けつけてくれるかもしれないからではないでしょうか。

いつも助けに来てくれたあなたなら。

”あなたの代わりなんて居やしない
こればっかりは
裏切られても変わらない”

あなたには何度も何度も助けてもらったから、今更裏切られてもその愛を失うことはないと言っている気がします。

どんなにひどいことをされても、あなたから受けた愛の方が勝ることを知っているのです。

”愛してる、愛してる
薄情者な私の胸を
こうも絶えず締め付けるのは
あなただけだよ”

大人になってわかることは、あなたをただ愛していたということなのかもしれません。

どうしてこんなにあなたのことを愛しているのかわかりませんでしたが、今ならわかる気がします。

あなたが私のことを本当に大切に思ってくれていたからでしょう。

”Others come and go
But you’re in my soul forevermore
いつまでもいつまでも
いつまでもそうよ”

他の人は私の人生の中に入れ替わり訪れては消えていきます。

しかしあなただけは私の魂の中にずっと生き続けるとわかっているのです。

あなただけは私の中で必ず残り続けます。

なぜならあなたもそう思ってくれているとわかっているからです。

”友達は入れ替わり服は流行り廃る
私を私たらしめるのは
染み付いた価値観や
身に付いた趣味嗜好なんかじゃないと
教えてくれた”

私が私である理由は流行り廃りでも、縁でも何でもありません。

それは絆であり、愛であり、感謝なのかもしれません。

”私の終わりなんて怖くない
もしかしたら
生まれ変わっても忘れない”

あなたがくれた愛はたとえ死んだとしても、私の中に残り続けると言っています。

生まれ変わっても、もう一度あなたから愛をもらいたいと思っているのかもしれません。

それほどあなたの愛は心地よかったのです。

”愛してる、愛してる
一人きりが似合う私を
今日も会えず泣かせるのは
あなただけだよ”

一人きりになりたい時もあります。

辛い時や悲しい時、自分の殻に閉じこもりたい時でもあなたならば、側にいてもいいと言っています。

それはあなたがどんな時も側にいてくれたことを知っているからではないでしょうか。

どんなに嫌がっても、あなたは私を抱きしめてくれたのです。

”恋の後も
いつまでもいつまでも
最後の瞬間を待たずとも
これだけは言える”

失恋した時だってあなたは、ご飯を一緒に食べてくれたのかもしれません。

どんな時も私の味方でいてくれたのです。

そんな感謝の気持ちはいつまでもいつまでも残っています。

”Forevermore
愛してる、愛してる
それ以外は余談の域よ
愛してる、愛してるのは
あなただけだよ”

この愛は感謝なのかもしれません。

あなたへの感謝は他の人への感謝を嘘に変えるほど、強烈なのです。

”Others come and go
But you’re in my soul forevermore
いつまでもいつまでも
いつまでもそうよ”

この歌は誰に向けた歌なのかわかりません。

しかし恋人ではない人への感謝の気持ちではないかと思いました。

無条件の愛を受けた方への感謝の気持ちが綴られているのではないかと思います。

あなたの愛があれば、辛いことも乗り越えられる気がするのです。

なぜならあなたは私を何度も救ってくれたからです。

辛い時も悲しい時も、心細い時も不安な時も無理やり私を抱きしめてくれたのです。

そんなあなたはいつまでも私の心の支えになっているのです。

PR

MV考察

宇多田さんがダンスをしています。

なぜ宇多田さんはダンスをしているのでしょうか。

私は宇多田さんが全身全霊を込めて伝えたかった、何かがあるのではないかと思いました。

歌声だけではない、体全体で表現したかったものがあるような気がします。

その想いを受け取って欲しい人はどこにいるのでしょうか。

その人はどこにいても私を見守ってくれていることを知っているのです。

薄暗くても、周りが見えない場所でもあなたは私を見てくれているとわかっています。

あなたは私の人生を照らし、私に活力をくれるのです。

だから苦手なことだって、いとわず取り組めるのかもしれません。