iKON「LOVE SCENARIO(Japanese ver.) 」歌詞の意味(解釈)とは?

歌詞考察

iKONの「LOVE SCENARIO」(Japanese ver.) がリリースされました。

iKONの「LOVE SCENARIO」(Japanese ver.)はどのような曲なのでしょうか。

iKON「LOVE SCENARIO」(Japanese ver.) 歌詞

恋に落ちた僕たちは
消えはしない思い出になる
感動のメロドラマは
こうなるもんさ
本当にキミを愛してた

僕たちのLOVE SCENARIO
消える 照明さえも
最後のページめくれば
降りる幕 ゆっくりと

Eh 平気なフリしてもまだ痛む別れの後遺症
明日はないと 二人泣いていてもね いつも通りの今日
長引くほど 胸の傷は広がるんだ Yeah eh eh
辛いけど 愛し愛された それだけでいいんだ Yeah eh eh

この先ずっと 残るキミの記憶
そっと振り返るよ それで十分で

恋に落ちた僕たちは
消えはしない思い出になる
感動のメロドラマは
こうなるもんさ
本当にキミを愛してた

僕たちのLOVE SCENARIO
消える 照明さえも
最後のページめくれば
降りる幕 ゆっくりと

感情をくすぐるんだ 日に日に夢中に
愛してくれた僕をその瞳に映し
キミと二人でひとつだった 本当の愛を知った
過去に置いていけないほどに大切過ぎた

この先ずっと 残るキミの記憶
そっと振り返るよ それで十分で

恋に落ちた僕たちは
消えはしない思い出になる
感動のメロドラマは
こうなるもんさ
本当にキミを愛してた

キミのことを恋しがる 心の目を閉じて
いつかの映画 過ぎ行く春のような記憶へ

僕たちのLOVE SCENARIO
消える 照明さえも
最後のページめくれば
降りる幕 ゆっくりと

苦しかった日々も
バカな嫉妬すらも
愛してたからでしょ
これ以上ないほど

恋に落ちた
僕たちは
これでいいんだ
愛し合っていた

iKON「LOVE SCENARIO」(Japanese ver.) 歌詞の意味考察

”恋に落ちた僕たちは
消えはしない思い出になる
感動のメロドラマは
こうなるもんさ
本当にキミを愛してた”

別れてしまったのかもしれません。

それでも幸せだと言っているのではないかと思います。

”僕たちのLOVE SCENARIO
消える 照明さえも
最後のページめくれば
降りる幕 ゆっくりと”

僕たちが愛した時間は決して無駄ではなかったのではないでしょうか。

別れるその瞬間まで、きちんと二人で話し合ったのかもしれません。

”Eh 平気なフリしてもまだ痛む別れの後遺症
明日はないと 二人泣いていてもね いつも通りの今日
長引くほど 胸の傷は広がるんだ Yeah eh eh
辛いけど 愛し愛された それだけでいいんだ Yeah eh eh”

別れることは辛いことですが、二人が愛し合っていた時間は事実だったのです。

その愛されていた期間は感謝できるほど、幸せだったのかもしれません。

”この先ずっと 残るキミの記憶
そっと振り返るよ それで十分で”

別れてしまっても、落ち着いてキミとの時間を振り返られると言っています。

この別れは本当に円満な別れだったのかもしれません。

”恋に落ちた僕たちは
消えはしない思い出になる
感動のメロドラマは
こうなるもんさ
本当にキミを愛してた”

キミに恋したことを後悔していないことが伝わってきます。

辛いかもしれませんが、二人の愛は事実だったのです。

それだけで、僕は幸せなのだと言っている気がします。

”感情をくすぐるんだ 日に日に夢中に
愛してくれた僕をその瞳に映し
キミと二人でひとつだった 本当の愛を知った
過去に置いていけないほどに大切過ぎた”

別れることになったとしても、感謝してしまうほど、キミの愛は本物だったと言えるのでしょう。

キミが愛してくれた時間に本当に感謝しているのです。

”キミのことを恋しがる 心の目を閉じて
いつかの映画 過ぎ行く春のような記憶へ”

キミとの恋は2時間ほどの映画だったのだと思えば良いと言っている気がします。

とても素敵な映画だったのです。

それはまたやってくる幸せかもしれません。

”苦しかった日々も
バカな嫉妬すらも
愛してたからでしょ
これ以上ないほど

恋に落ちた
僕たちは
これでいいんだ
愛し合っていた”

愛が本物だとしたら、それは感謝に変わるのではないでしょうか。

もちろん別れることは悲しいことですが、その愛が本当だったと知っていれば、別れも受け入れらるのかもしれません。

なぜなら、キミとの日々は本当に幸せだったからです。

キミが別れを選んでいるのではあれば、今までの感謝の気持ちを伝え、綺麗に別れることができるのです。

きちんと自分で選んで人生を生きていれば、後悔することはないのかもしれません。

その瞬間はいつも色濃く残っているのです。

愛することも、偽りない事実だったとすれば、別れが来た時もきちんと受け入れられるのかもしれません。

なぜなら自分が本当に愛していれば、相手もそれを返してくれるからです。

二人の別れは辛いものではありません。

互いを尊重しあい、別れることができるからです。

PR

MV考察

皆真剣に恋をしているようです。

でもなぜか皆疲弊しています。

まだ愛し方を知らないからでしょうか。

恋が長続きしないのかもしれません。

それも、自分なりに相手を幸せにしようと思った結果なのかもしれません。

今は愛し方が間違えているかもしれませんが、経験を積み重ねれば愛することで大切なことがわかるかもしれません。

iKONとは

iKON(アイコン)は2015年に活動を開始した韓国のヒップホップアイドルグループです。


2016年には日本でもツアーが行われたほどの人気です。