Official髭男dism「115万キロのフィルム」歌詞の意味(解釈)とは?

Official髭男dism

Official髭男dismの「115万キロのフィルム」がとても素敵なので、考察してみたいと思います。

Official髭男dismの「115万キロのフィルム」はどのような曲なのでしょうか。

Official髭男dism「115万キロのフィルム」歌詞

作詞:藤原聡
作曲:藤原聡

これから歌う曲の内容は僕の頭の中のこと
主演はもちろん君で
僕は助演で監督でカメラマン
目の奥にあるフィルムで作る映画の話さ Ah

くだらないなと笑ったんなら掴みはそれで万事OK!
呆れていないでちょっと待って
きっと気に入ってもらえると思うな
ここまでのダイジェストを少しだけ見せるよ

初めて喧嘩した夜の涙
個人的に胸が痛むけれど
そのまま見続けよう
ごめんねと言って仲直りして手を握って…

ほら、ここで君が笑うシーンが見どころなんだからさ Ah
写真にも映せやしないとても些細なその仕草に
どんな暗いストーリーも覆す瞬間が溢れてる
どれかひとつを切り取って
サムネイルにしようとりあえず今の所は

きっと10年後くらいにはキャストが増えたりもするんだろう
今でも余裕なんてないのにこんな安月給じゃもうキャパオーバー!
きっと情けないところも山ほど見せるだろう

苗字がひとつになった日も
何ひとつ代わり映えのない日も
愛しい日々尊い日々
逃さないように忘れないように焼き付けていくよ

今、目を細めて恥じらいあって永遠を願った僕たちを
すれ違いや憂鬱な展開が引き裂こうとしたその時には

僕がうるさいくらいの声量でこの歌何度も歌うよ
だからどうかそばにいて
エンドロールなんてもん作りたくもないから

クランクアップがいつなのか僕らには決められない
だから風に吹かれていこう
フィルムは用意したよ
一生分の長さを ざっと115万キロ

ほら、ここで君が笑うシーンが見どころなんだからさ Ah
写真にも映せやしないとても些細なその仕草に
どんな暗いストーリーも覆す瞬間が溢れてる
どれかひとつを切り取って
サムネイルにしよう

さあ、これから生まれる名場面を探しにいこうよ
酸いも甘いも寄り添って
一緒に味わおうフィルムがなくなるまで
撮影を続けようこの命ある限り

PR

Official髭男dism「115万キロのフィルム」歌詞の意味考察

”これから歌う曲の内容は僕の頭の中のこと
主演はもちろん君で
僕は助演で監督でカメラマン
目の奥にあるフィルムで作る映画の話さ Ah”

とても素敵な言葉が並んでいます。

僕は助演もするし監督もするカメラマンなのです。

君をずっと見て、君の人生を演出するのでしょうか。

”くだらないなと笑ったんなら掴みはそれで万事OK!
呆れていないでちょっと待って
きっと気に入ってもらえると思うな
ここまでのダイジェストを少しだけ見せるよ”

こんなことを聞いて引いてしまう人もいるかもしれませんが、きっとこの後の歌詞を聞いてくれたら、心が温かくなるのではないでしょうか。

”初めて喧嘩した夜の涙
個人的に胸が痛むけれど
そのまま見続けよう
ごめんねと言って仲直りして手を握って…”

喧嘩をすることもあり、「もう無理かな」なんて様々なことを考えてしまうけれど、君は次の日も必ずそばにいてくれるのです。

その都度ホッとして、昨日の喧嘩のことはなかったかのように仲直りしているのです。

”ほら、ここで君が笑うシーンが見どころなんだからさ Ah
写真にも映せやしないとても些細なその仕草に
どんな暗いストーリーも覆す瞬間が溢れてる
どれかひとつを切り取って
サムネイルにしようとりあえず今の所は”

君が笑うと、どんな辛いことも吹っ飛びます。

それはどうしてなのかわかりませんが、君が僕だけに見せてくれる仕草や愛情が僕を和ませてくれるのかもしれません。

”きっと10年後くらいにはキャストが増えたりもするんだろう
今でも余裕なんてないのにこんな安月給じゃもうキャパオーバー!
きっと情けないところも山ほど見せるだろう”

これから先に子どもが生まれて家族が増えた時、今の給料じゃ養っていけなくて、取り乱してしまうことがあるかもしれません。

そんな時は頼りないなと思わせてしまうこともあるでしょう。

君にも働いてもらわなければならないかもしれません。

そんなことになっても、そばにいてくれるのかと少し心配もするのです。

”苗字がひとつになった日も
何ひとつ代わり映えのない日も
愛しい日々尊い日々
逃さないように忘れないように焼き付けていくよ”

特別な日も、何気ない日常も君といれば全てが大切な記憶になります。

それをいつでも思い出せるように、きちんと焼き付けておきたいのです。

”今、目を細めて恥じらいあって永遠を願った僕たちを
すれ違いや憂鬱な展開が引き裂こうとしたその時には”

結婚式で永遠の愛を誓ったとしても、これからいつ愛情がなくなってしまうかわかりません。

いつ何が起きるかは誰にもわからないのです。

”僕がうるさいくらいの声量でこの歌何度も歌うよ
だからどうかそばにいて
エンドロールなんてもん作りたくもないから”

二人の関係がピンチの時には君のことがどんなに大切で大事にしたい存在であるかを、伝えるために日々を焼き付けていたようです。

君への感謝の気持ち、君への愛、そして君からもらった愛情をきちんと胸の中に保存し続けたいのです。

”クランクアップがいつなのか僕らには決められない
だから風に吹かれていこう
フィルムは用意したよ
一生分の長さを ざっと115万キロ”

毎日を何気なく過ごすのではなく、いつ終わりが来てもいいように、その日その時をきちんと記録していきたいと言っている気がします。

”さあ、これから生まれる名場面を探しにいこうよ
酸いも甘いも寄り添って
一緒に味わおうフィルムがなくなるまで
撮影を続けようこの命ある限り”

辛いこと楽しいことも全てを二人で描いていきたいのです。

そして二人ならば、どんな瞬間も素敵な物語になるのではないでしょうか。

辛いことがあっても、だから一緒に乗り越えていけるのです。

この歌はいつまでも愛する人と一緒にいたいという言葉をとても純粋に書いた素敵な歌ではないでしょうか。

別れは誰でも不安に思うものです。

でもその時のために、君への愛情と感謝の気持ちを忘れないよう、記録していきたいのかもしれません。

なぜなら人生はいつ転機が訪れるかわからないのですから。

Official髭男dism

Official髭男dismは歌詞もメロディもとてもセンスのあるグループだと思います。

早く新しい曲が聴きたいです。

これからの活躍に期待です。