エド・シーラン「Happier」歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?

エド・シーラン

エド・シーランさんの「Happier」のMVが公開されました。


エド・シーランさんの「Happier」はどのような曲なのでしょうか。

エド・シーラン「Happier」歌詞

Walking down 29th and park
I saw you in another’s arms
Only a month we’ve been apart
You look happier

29番通りから公園へ歩いていたとき

他の男と腕を組んでる君を見た

別れてまだ1ヶ月なのに

前よりも幸せそうに

 

Saw you walk inside a bar
He said something to make you laugh
I saw that both your smiles were twice as wide as ours
Yeah you look happier, you do

バーで歩く君の姿を見た

そいつが何か言うと君は笑う

二人の笑顔は僕達の二倍は明るかった

前よりも幸せそうだね 本当に

 

Ain’t nobody hurt you like I hurt you
But ain’t nobody love you like I do
Promise that I will not take it personal baby
If you’re moving on with someone new

僕みたいに君を傷つける奴はいないだろう

でも 僕ほど君を愛してる奴もいない

直接伝えたりはしないよ 約束する

君はもう 新しい恋に進んでるから

 

Cause baby you look happier, you do
My friends told me one day I’ll feel it too
And until then I’ll smile to hide the truth
But I know I was happier with you

君が前よりも 本当に幸せそうだから

友達は言う いつか僕もそう思えるときがくるって

それまでは笑ってごまかすんだ

でもやっぱり 僕は君といるほうが幸せだった

 

Sat in the corner of the room
Everything’s reminding me of you
Nursing an empty bottle and telling myself you’re happier
Aren’t you?

部屋の隅に座り込んだ

なにもかも 君を思い出させる

空のボトルを手に 自分に言い聞かせる 君は前より幸せなんだと

そうだろ?

 

Ain’t nobody hurt you like I hurt you
But ain’t nobody need you like I do
I know that there’s others that deserve you
But my darling I am still in love with you

僕みたいに君を傷つける奴はいないだろう

でも 僕ほど君を必要としてる奴もいない

分かってる 君にはもっとふさわしい人がいること

だけどまだ 君を愛してるんだ

 

But I guess you look happier, you do
My friends told me one day I’ll feel it too
I could try to smile to hide the truth
But I know I was happier with you

やっぱり君は 前より幸せそうに見えるよ

友達は言う いつか僕もそう思えるときがくるって

笑ってごまかすこともできるけど

でもやっぱり 僕は君といるほうが幸せだった

 

Baby you look happier, you do
I knew one day you’d fall for someone new
But if he breaks your heart like lovers do
Just know that I’ll be waiting here for you

前よりも幸せそうだね 本当に

分かってた いつか君が新しい恋をすることも

だけどもし その恋がうまくいかなかったら

僕はずっと君を待ってるから

PR

エド・シーラン「Happier」歌詞の意味考察

”29番通りから公園へ歩いていたとき
他の男と腕を組んでる君を見た
別れてまだ1ヶ月なのに
前よりも幸せそうに”

自分が大好きな人が、しかも前に付き合っていた人が、今は他の人と幸せそうに暮らしているのを見たようです。

その時の気持ちを状況から表現しています。

その光景は自分といた時よりも幸せそうに見えたのです。

”バーで歩く君の姿を見た
そいつが何か言うと君は笑う
二人の笑顔は僕達の二倍は明るかった
前よりも幸せそうだね 本当に”

君は自分といた時よりも幸せそうに見えるようです。

これは本当にそうなのかはわかりません。

もしかすると、そうじゃなかったので、そうあってほしいと思っている可能性もあります。

彼女が自分といた時よりも、幸せであればよかったのです。

しかしそうでなかったのであれば、心配なのです。

彼女のことをまだ愛しているからです。

でも今の私には何をすることもできません。

”僕みたいに君を傷つける奴はいないだろう
でも 僕ほど君を愛してる奴もいない
直接伝えたりはしないよ 約束する
君はもう 新しい恋に進んでるから”

僕は君を傷つけてしまったから、君は逃げてしまったのではないでしょうか。

しかしそれは愛からくる厳しさだったのかもしれないのです。

本当に彼女のことを愛しているからこそ、傷つくようなことを言ってしまった可能性もあります。

しかしその厳しい愛は彼女に届くことはなかったのです。

今はもしかすると、もっと優しい恋人と一緒にいるのかもしれません。

その人は僕よりももっとできた人でいてほしいのです。

”君が前よりも 本当に幸せそうだから
友達は言う いつか僕もそう思えるときがくるって
それまでは笑ってごまかすんだ
でもやっぱり 僕は君といるほうが幸せだった”

僕は本当に君を愛していたから、すぐに忘れることはできません。

なぜなら愛しているからこそ、今も彼女の幸せを願っているのです。

他の人にその想いが向かうにはまだ時間がかかるのかもしれません。

ですがこの恋をきっかけに僕が成長することができた時、新たな恋は訪れるのでしょう。

”部屋の隅に座り込んだ
なにもかも 君を思い出させる
空のボトルを手に 自分に言い聞かせる 君は前より幸せなんだと
そうだろ?”

君のことが心配でならないようです。

ここでは君が前より幸せなんだと言い聞かせると言っています。

つまり本当はそうではない可能性があるのです。

自分のことなどどうでもいいのかもしれません。

今でも彼女の幸せを願っているのです。

”前よりも幸せそうだね 本当に
分かってた いつか君が新しい恋をすることも
だけどもし その恋がうまくいかなかったら
僕はずっと君を待ってるから”

これは未練の歌なのかもしれません。

しかしそれだけではなく、愛するということはどんな状況においても、相手の幸せを願うことだと伝えているとも捉えられます。

本当の意味で愛するとは、恋人でなくとも、その人の更なる幸せを願うことなのかもしれないのです。

前より幸せそう(Happier)という言葉にとても深い意味が込められているように見えます。

彼女により幸せになってほしいという想いが込められているのかもしれません。

それは同時にまだ彼女を好きだと言っているのと、同じなのかもしれません。

彼女のことを愛しているからこそ、彼女の更なる幸せを願っているのです。

そしてそれが自分ではなく他の人と結ばれることによって叶えられるのであれば、それでいいと言っている歌なのではないでしょうか。

MV考察

このMVの主人公はなぜ人形なのでしょうか。

人形の方が感情を表に出しやすいからでしょうか。

歌詞の物語がそのまま映像になっています。

今となっては一人で歩く路地。

今まで二人でいた心地いい日々はなんだったのでしょうか。

あれは偽りだったのでしょうか。

あんなに幸せだったのに、どうして今はその幸せを味わうことができないのでしょうか。

今彼女に会っても、遠くからその幸せを願うことしかできません。

本当は彼女の新しい彼をボコボコにしたいという気持ちもあるのです。

しかしそんなことをしたら、彼女が不幸せになるだけです。

だから決してそんなことはできないのです。

僕は決して彼女を恨んだりはしないのです。

このMVはもしかすると、彼女の幸せを願うばかりに、自分の元から去っていくよう望んだ人の歌かもしれません。

それが最上級の愛だと言っているのでしょうか。

まとめ

恋は取り返しのつかないものだと言っているのかもしれません。

一度起こした過ちを償うことを許してはくれません。

別れてしまい、相手が他の人を好きになってしまってはもう戻ることはできないのです。

だからこそ相手を大事にしなければならないのです。

彼の愛は彼女には届きませんでした。

その愛をきちんと受け止めてくれる人は少ないのかもしれません。

だとすれば、彼も変わる必要があるのです。

しかし変わったとしても、もう彼女との時間が元に戻ることはありません。