『リメンバー・ミー』「音楽がぼくの家族」歌詞の意味(解釈)とは?

映画

映画『リメンバー・ミー』の挿入歌「音楽がぼくの家族」がとても

映画『リメンバー・ミー』の挿入歌「音楽がぼくの家族」はどのような曲なのでしょうか。

『リメンバー・ミー』「音楽がぼくの家族」歌詞

みなさんようこそ こんにちはこんばんは
こんにちはこんばんは みなさんようこそ
今夜ここで歌を歌える喜び 音楽は僕の心の声だ

聞いてくれるみんなが 僕の家族さ
音楽は僕の心 どこへだって

PR

『リメンバー・ミー』「音楽がぼくの家族」歌詞の意味考察

音楽が僕にとってとても重要だと言っているのではないでしょうか。

音楽を奏でるなら、多くの人と挨拶だってできるのです。

なぜならこんなに幸せな音楽の力をみなさんにも伝えたいからです。

音楽は家族も同然だと言っています。

それほど音楽は僕にとって欠かせないものなのです。

もしかしたら音楽は僕の心も作っているのかもしれません。

これだけの歌詞ですが、とても素晴らしいことを言っているような気がします。

音楽の力

音楽はとても素晴らしい力を持っています。

音楽を聴かない人と聴く人を比べると、音楽を毎日聴く人の方が幸せだと私は思います。

私は音楽の素晴らしさを最近やっと知りました。

それまでは音楽を聴かない日の方が多かったのです。

しかし音楽を意識して聴くようになってから、楽しいことが増えました。

オリンピック選手は試合の前に音楽を聴いている人が多いです。

オリンピック選手はなぜあんなにも音楽をよく聴くのでしょうか。

スノーボードの平野歩夢選手は音楽を聴きながら、試合に臨んでいました。

その理由は音楽には人を落ち着かせたり、集中させたりする効果があるからです。

そのことをスポーツ選手は知っているのです。

だからいつも冷静に物事に対処することができるため、素晴らしいパフォーマンスを発揮することに繋がるのです。

「リメンバー・ミー」という映画は全体を通して、音楽の素晴らしさを伝えています。

これをきっかけに音楽に救われる人が増えればいいと思います。