ポルノグラフィティ「Working men blues」歌詞の意味(解釈)とは?

ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティの「Working men blues」は新曲「カメレオン・レンズ」の初回限定版に収録されています。

ポルノグラフィティの「Working men blues」はどのような曲なのでしょうか。

ポルノグラフィティ「Working men blues」歌詞

作詞:新藤晴一
作曲:岡野昭仁

「歯車なんかになりたくはないんだ」と
ロック歌手が得意げ 声高に叫ぶ

そういうあんたには明日は変えられないよ きっと

Working men blues 連なってゆけ たとえ小さな歯車でも
噛み合ってゆけ 微力たちよ 硬直したこの時代に
お前がやらなきゃ誰がやる? Working men blues

「仕事とあたしのどちらが大切なの?」
涙を浮かべて問われた日もある

そりゃもちろん君さ そう言ってドアを出てきた

Working men blues 汗にまみれ 汚れた手を誇らしげに
掲げてみろ 血潮が今 働く意味を教えるだろ
代わりがいるなら連れてこいよ Working men blues

感謝の言葉など必要としていないんだ お前は

自分のため働いている 誰かのため捧げている
重なってゆけ その想いよ 先の時代 作るほどに
目立たぬ場所で踏ん張っている Working men blues

PR

ポルノグラフィティ「Working men blues」歌詞の意味考察

”「歯車なんかになりたくはないんだ」と
ロック歌手が得意げ 声高に叫ぶ”

歯車になりたくない。ロック歌手という職業は歯車にハマらない生き方だと言っているのでしょうか。

その歯車とは社会の歯車ではないでしょうか。

その歯車は苦しいことが多いのかもしれません。

”そういうあんたには明日は変えられないよ きっと”

でもそんなことを言っているロック歌手には、社会を変えることはできないようです。

どういうことでしょうか。

”Working men blues 連なってゆけ たとえ小さな歯車でも
噛み合ってゆけ 微力たちよ 硬直したこの時代に
お前がやらなきゃ誰がやる? Working men blues”

bluesとはこの場合憂鬱という意味でしょう。

働く人を鼓舞しているようです。

あなたがいなくても社会は回るかもしれません。

少し休んだくらいでは、なにも変わらないかもしれません。

しかしずっと休んでしまわれたら、他の人を雇わなければなりません。

あなたは代替のきく代用品ですが、あなただからできることがあるのではないでしょうか。

”「仕事とあたしのどちらが大切なの?」
涙を浮かべて問われた日もある”

仕事ばかりしていることを嫌う女性もいることを提示しています。

”そりゃもちろん君さ そう言ってドアを出てきた”

仕事なんて君に比べれば、大切ではありません。

なのになぜか仕事に時間を取られることを、嘆いているのかもしれません。

”Working men blues 汗にまみれ 汚れた手を誇らしげに
掲げてみろ 血潮が今 働く意味を教えるだろ
代わりがいるなら連れてこいよ Working men blues”

働くとは一生懸命になることの素晴らしさを与えてくれるものだと、言ってくれています。

本来はそういうものです。

そうでなければ、やりがいはありません。

”感謝の言葉など必要としていないんだ お前は”

仕事は誰かに感謝してもらいたいからやるのではないのです。

自分が一生懸命になれる素晴らしさを、味わうためにやるのだと言っています。

”自分のため働いている 誰かのため捧げている
重なってゆけ その想いよ 先の時代 作るほどに
目立たぬ場所で踏ん張っている Working men blues”

自分のために働いていますが、それは人の何かを改善したり、喜ばせたりすることにつながっていると言ってくれています。

そしてその行為は回り回って、社会を動かしているのです。

この歌は働くとは何かを説いた歌なのではないでしょうか。

働くことが嫌になったときに、聞きたい歌です。

自分のしている仕事が嫌になったとき、働きすぎてしんどくなったとき、あなたの仕事で誰がどのような影響を受けているか考えてみるのもいいのではないでしょうか。

もしも考えたとき、その仕事が人を幸せにしていないと思ってしまったのであれば、私はやめてもいいと思います。

しかし少しでも誰かの役に立っているのであれば、それは続けるべきなのです。

もちろんそこに感謝を求める必要はありませんが。

MV考察

働く人たちが、「Working men blues」を口ずさんでいます。

あなたがやらなきゃ誰がやる。

あなたしかやれないことをやろう。

そんな大それたことはできないかもしれませんが、明日あなたがする仕事はあなた以外はできません。

たとえそれが、誰にでもできる簡単な仕事だったとしても、明日はあなたにしかそれはできないのです。

だとすると、それを一生懸命にこなす価値はあるのではないでしょうか。

そしてそれはきっと人のためになることなのです。

なぜならあなたはお金をもらえるからです。

スポーツ選手の試合も誰にでもできる仕事も一生懸命やれば、それには同等の価値があります。

そう思えたら、社会が少し美しく見えるかもしれません。