高梨沙羅選手の勝負曲miwa「don’t cry anymore」歌詞の意味(解釈)とは?

歌詞考察

高梨沙羅選手が試合前に聞く勝負曲はmiwaさんの「don’t cry anymore」だそうです。

miwaさんの「don’t cry anymore」はどのような曲なのでしょうか。

miwa「don’t cry anymore」歌詞

作詞:miwa
作曲:miwa

ギリギリだって 一人きりだって
負けたくないの 冗談じゃないわ
I don’t cry anymore I don’t cry anymore
強くならなきゃ 言い聞かせてる
どんな時でも 泣かないから

ぬくもり感じ眠ると幸せだった それが
永遠に続くと思ってた なのに
どうしてなんだろう 信じてたものは嘘だったの
こんな時そばにいてくれたらいいのに

震える足で 今踏み出したいよ

ギリギリだって 一人きりだって
負けたくないの 冗談じゃないわ
I don’t cry anymore I don’t cry anymore
強くならなきゃ 言い聞かせてる
どんな時でも 泣かないから

どこを探しても 私の居場所が見つからない
声が聞きたいよ ホントは会いたいけど

振り返らずに 歩いていかなくちゃ

ギリギリだって 輝きたくて
私ならまだ やれるはずだわ
I don’t cry anymore I don’t cry anymore
涙こらえて 顔をあげたら
大丈夫だよって つぶやいてみる

何を信じたらいいのかも
わからなくて もがいて 迷って
つかみたい 今叶えたい
小さなこの手にたくして握りしめるの

ゴメンそんなに 強くないんだ
くじけそうになる時だってあるよ
たとえかすかな 希望だとしても
持ち続けたい ずっと

ギリギリだって 一人きりだって
負けたくないの 冗談じゃないわ
I don’t cry anymore I don’t cry anymore
強くならなきゃ 言い聞かせてる

無理矢理だって がむしゃらになって
生きてゆくんだ 終わりじゃないわ
I don’t cry anymore I don’t cry anymore
あなたの声を 思い出してる
どんな時でも 泣かないから
いつかきっと 笑えるから

PR

miwa「don’t cry anymore」歌詞の意味考察

”ギリギリだって 一人きりだって
負けたくないの 冗談じゃないわ
I don’t cry anymore I don’t cry anymore
強くならなきゃ 言い聞かせてる
どんな時でも 泣かないから”

どんなことがあっても泣かないと言っています。

強くならなきゃいけないのです。

”ぬくもり感じ眠ると幸せだった それが
永遠に続くと思ってた なのに
どうしてなんだろう 信じてたものは嘘だったの
こんな時そばにいてくれたらいいのに”

子どもの頃の温もりや幸福感は、ずっと続くと思っていたのです。

しかし大人になると辛いことがばかりがあります。

こんな時に誰かが側にいてくれれば良いのにと嘆いています。

”震える足で 今踏み出したいよ

ギリギリだって 一人きりだって
負けたくないの 冗談じゃないわ
I don’t cry anymore I don’t cry anymore
強くならなきゃ 言い聞かせてる
どんな時でも 泣かないから”

怖くたって、寂しくたって、心乱されていたって、踏み出したい時があります。

心は惑わされているけれど、行動したいのです。

そんな時強くいられる自分が欲しいのです。

”どこを探しても 私の居場所が見つからない
声が聞きたいよ ホントは会いたいけど

振り返らずに 歩いていかなくちゃ”

一人ぼっちで寂しいけれど、過去など振り返らず、一人で歩いて行くのです!

”ギリギリだって 輝きたくて
私ならまだ やれるはずだわ
I don’t cry anymore I don’t cry anymore
涙こらえて 顔をあげたら
大丈夫だよって つぶやいてみる”

たとえ無理していたとしても、輝くの。しんどくたって涙こらえて大丈夫だって言ってやる。

とても強い精神力を感じます。

”何を信じたらいいのかも
わからなくて もがいて 迷って
つかみたい 今叶えたい
小さなこの手にたくして握りしめるの”

どうすれば良いかもわからないけれど、絶対に叶えたいものがあるから、何が何でもすがりつくのです。

”ゴメンそんなに 強くないんだ
くじけそうになる時だってあるよ
たとえかすかな 希望だとしても
持ち続けたい ずっと”

かすかな望みだとしても、持ち続けたいと言っています。

”無理矢理だって がむしゃらになって
生きてゆくんだ 終わりじゃないわ
I don’t cry anymore I don’t cry anymore
あなたの声を 思い出してる
どんな時でも 泣かないから
いつかきっと 笑えるから”

この歌は高梨沙羅さんの強さの秘訣なのではないかと思うほど、本当に素晴らしい精神力の話だと思います。

この歌を聴けばブラック企業でだって働けるのではないでしょうか。

そう思えるほど、とても素晴らしい歌です。

もちろん、高梨沙羅さんはブラック企業で働いているわけではありません。

ちゃんと睡眠をとって、厳しい練習に耐えているのだと思います。

しかし、オリンピックでメダルを取るほどの人です。

並大抵の精神力では取ることなんてできません。

そういった精神力はこの歌から生まれているのかもしれません。

高梨沙羅選手

高梨沙羅選手は平昌オリンピックで銅メダルを獲得しました。

銅メダルを取った時のコメントで、自分はまだ、金メダルを取れる器ではないということがわかったのです。次は金メダルを取れるよう頑張りたいです。と言いました。

自分を客観的に捉え、今はまだ金メダルの器ではないということをはっきりと言いました。

つまり、金に必要なものが見つかったということではないでしょうか。

現在(2018年2月23日時点で)高梨選手は21歳です。

4年後の北京オリンピックで金メダルを取れるよう応援したいと思います。