Sexy Zone「ROCK THA TOWN」歌詞の意味(解釈)とは?

Sexy Zone

Sexy Zoneの「ROCK THA TOWN」が2月23日のMusic Station 2時間SPで披露されます。

Sexy Zoneの「ROCK THA TOWN」はどのような曲なのでしょうか。

Sexy Zone「ROCK THA TOWN」歌詞

作詞:EMI K. Lynn
作曲:Christofer Erixon/Josef Melin

Ready for the party now? We are gonna show you how!
Do you wanna party now? We are gonna show you how!

Let’s get down C’mon Rock tha town Are you ready
Let’s get down Everybody! Rock tha town

Whattup? Whattup? Hands up! Hands up! ご機嫌に登場
So hot So hot 速攻 飛び乗るDrum&Bass
ヤバい ヤバい くらい くらい Sexyな腰つきで
リアルなグルーヴ 魅せてやるぜ

Wicked Wicked time 退屈な このLoopを 抜け出して
Pump it Pump it up テンション上げてAlright ついて来なよ Aw!

踊れParty people to da funky tune
ill なヴァイブは 蹴散らしてGet it on
鳴らせEverybody Feel tha funky beat
唸らせるほど 俺と
Let’s rock tha town

Let’s get down Everybody Rock tha town

Don’t stop! Don’t stop! Turn up! Turn up! 掻きならせギター
So cool So cool 相当 ハデ目に Break it down
熱い 熱い くらい くらい 目と目重なって
甘いハーモニー 酔いしれたい

Whack Whack mind ネガティブな そのNoiseを ミュートしたら
Goodie Goodie heart ボリューム上げてAlright 飛ばしてくぜ Aw!

おいでLovely lady do da funky move
Shy なドレスは 脱いじゃってGet in on
揺らせEverybody Feel the funky sound
感じるままに 騒げ
We run tha world

ロックンロールにダンス ほらヒップホップにファンク
世界はBorderless だろ? 思うまま 楽しもう

踊れParty people to da funky tune
もっと 弾けろ!

踊れParty people to da funky tune
Tough なペースも振り切って Get it on
鳴らせEverybody Feel the funky beat
唸らせるほど 俺と Let’s rock tha town

Let’s get down Do you wanna party now?
Rock tha town Everybody sing along
Let’s get down We are gonna show you how!
Rock tha town

PR

Sexy Zone「ROCK THA TOWN」歌詞の意味考察

”Ready for the party now? We are gonna show you how!
Do you wanna party now? We are gonna show you how!”

パーティの準備をしよう、どやるか見せてあげるよ。

パーティの準備をしたいでしょう?教えてあげるよ!と言っています。

とても楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

”Let’s get down C’mon Rock tha town Are you ready
Let’s get down Everybody! Rock tha town”

さあ行こう、ロックの街へ

みんな行くよ!

とても楽しそうな雰囲気が伝ってきます。何が始まるのでしょうか。

”Whattup? Whattup? Hands up! Hands up! ご機嫌に登場
So hot So hot 速攻 飛び乗るDrum&Bass
ヤバい ヤバい くらい くらい Sexyな腰つきで
リアルなグルーヴ 魅せてやるぜ”

ほら、手を上げて!と言っています。

グルーヴとはジャズやレゲエのような、波やうねりのあるメロディのことです。

演奏を始めて、みんなを魅了すると言っています。

”Wicked Wicked time 退屈な このLoopを 抜け出して
Pump it Pump it up テンション上げてAlright ついて来なよ Aw!”

Pump it upはアゲていこうという意味です。

邪悪で退屈な日々を抜け出して、テンションを上げて楽しもうと言っています。

”踊れParty people to da funky tune
ill なヴァイブは 蹴散らしてGet it on
鳴らせEverybody Feel tha funky beat
唸らせるほど 俺と
Let’s rock tha town”

Party people to da funky tuneはパリピの皆さん、ファンキーな曲へという意味です。

illは病的なという意味です。

病的なスマホのバイブなんて無視して、今はこのビートに酔いしれようと言っています。

”Don’t stop! Don’t stop! Turn up! Turn up! 掻きならせギター
So cool So cool 相当 ハデ目に Break it down
熱い 熱い くらい くらい 目と目重なって
甘いハーモニー 酔いしれたい”

止まらず、音を奏でまくろうと言っています。バカになる程、音楽に酔いしれていいんだと言うのです。

本当にLiveに言ったような気分になります。

”Whack Whack mind ネガティブな そのNoiseを ミュートしたら
Goodie Goodie heart ボリューム上げてAlright 飛ばしてくぜ Aw!”

Whackは強く打つと言う意味です。

ネガティブな感情の音量を下げて、心地いい感情のボリュームをあげようと言っています。

このかしは最高に素晴らしい歌詞です。とても素晴らしい描写だと思います。

とても詩的で才能豊かな素晴らしい歌詞です。

悪い感情と幸せな感情をボリュームで表現しているのです。

とても素晴らしいです。

”おいでLovely lady do da funky move
Shy なドレスは 脱いじゃってGet in on
揺らせEverybody Feel the funky sound
感じるままに 騒げ
We run tha world ”

愛おしい女の子はファンキーな動きにおいでよと言っています。

恥ずかしいドレスは脱いで、さあこっちへ来て、感じるままに騒ごうと言っています。

とても楽しそうな歌詞です。

”ロックンロールにダンス ほらヒップホップにファンク
世界はBorderless だろ? 思うまま 楽しもう”

音楽は世界でボーダレスなのです。その国の人もメロディは楽しむことができます。

”踊れParty people to da funky tune
Tough なペースも振り切って Get it on
鳴らせEverybody Feel the funky beat
唸らせるほど 俺と Let’s rock tha town”

マイペースでいいから、音楽に身を委ねようと言っています。

ロックの街に行っているわけではなく、この歌を聴いて、ロックな気分になろうよと言っているのです。

とても楽しくなる音楽です。音楽を聴くとこのように気持ちが高まると思います。

さらに、Liveなどに行くと、もっと気持ちが高まるのです。

ぜひ、Liveでこの曲を聴いて盛り上がりたいです。

おすすめ情報

【AOKI】CM曲Sexy Zone「忘れられない花」歌詞の意味(解釈)とは?