日本財団CM曲新山詩織「愛は勝つ」歌詞の意味(解釈)とは?

歌詞考察

日本財団のCMで流れている曲は新山詩織さんがカバーした「愛は勝つ」です。

KANさんの「愛は勝つ」はどのような曲なのでしょうか。

新山詩織(KAN)「愛は勝つ」歌詞

作詞:KAN
作曲:KAN

心配ないからね君の想いが
誰かにとどく明日がきっとある
どんなに困難でくじけそうでも
信じることを決してやめないで
Carry on carry out
傷つけ傷ついて愛する切なさに
すこしつかれても Oh もう一度夢見よう
愛されるよろこびを知っているのなら

夜空に流星をみつけるたびに
願いをたくしぼくらはやってきた
どんなに困難でくじけそうでも
信じることさ必ず最後に愛は勝つ
Carry on carry out
求めてうばわれて与えてうらぎられ
愛は育つもの Oh 遠ければ遠いほど
勝ちとるよろこびはきっと大きいだろう

心配ないからね君の勇気が
誰かにとどく明日はきっとある
どんなに困難でくじけそうでも
信じることさ必ず最後に愛は勝つ
信じることさ必ず最後に愛は勝つ

新山詩織(KAN)「愛は勝つ」歌詞の意味考察

”心配ないからね君の想いが
誰かにとどく明日がきっとある”

想い続けていれば必ず想いは届くと言っています。希望を持てる歌詞です。

”どんなに困難でくじけそうでも
信じることを決してやめないで”

たとえ困難なことでもそこに意味があるのであれば諦めないで欲しいと言っています。

”Carry on carry out
傷つけ傷ついて愛する切なさに
すこしつかれても Oh もう一度夢見よう
愛されるよろこびを知っているのなら”

carry onは続ける、 carry outは実行するです。

愛される喜びを知っているのであれば、傷ついても愛とともに続けようと言っています。

”夜空に流星をみつけるたびに
願いをたくしぼくらはやってきた
どんなに困難でくじけそうでも
信じることさ必ず最後に愛は勝つ”

どんなに願っても叶わなかった夢も愛があれば必ず叶うと言っています。

”求めてうばわれて与えてうらぎられ
愛は育つもの Oh 遠ければ遠いほど
勝ちとるよろこびはきっと大きいだろう”

裏切られても愛は育つものだと言っています。

どんなに愛のない行いをされたとしても愛は育まれるものだから愛を諦めないで欲しいと言っています。

”心配ないからね君の勇気が
誰かにとどく明日はきっとある
どんなに困難でくじけそうでも
信じることさ必ず最後に愛は勝つ
信じることさ必ず最後に愛は勝つ”

君の勇気が誰かを動かすことが必ずあるとっています。

この歌は昔から歌われている曲です。その意味をあまり深く考えたことはありませんでしたが、この歌は全てを超越したメッセージがあるように思います。

深く素晴らし最高級のメッセージです。

いろんなことに通じる優しく力強い歌です。

この歌を心に留めて生きていきたいと思います。

「愛は勝つ」が伝えたかったこと

愛は勝つの中で響いたことが二つあります。それは信じていれば必ず想いは届くということです。

これについてはそれが事実かどうかは問題ではなく、信じることの大切さを説いています。

もちろん願いを願い続けていたからといって必ず叶うなんてことは絶対にありえません。しかし大事なことを信じてやり続けることだといっているのです。

そしてやり続けることに大切なことは愛などの意味だと言っているのではないでしょうか。

もう一つは愛は育つものだということです。

これについても私は実体験がないので、わかりません。社会には親に酷い事をされ、本当に傷つき、いくら愛を注いでも愛を信じない人がいます。

なぜならそれは親という存在から愛ではなく、暴力を与えられてきたからです。

私はそういう人たちを救うことはできませんでした。しかしそういう人たちでも救うことができると言っています。

なぜなら愛は育つからです。

そういう意味では希望を持てる歌詞だと思います。

日本財団のCM

日本財団のCMには数々の問題が隠れています。

こういったことを知り、行動することも生きていく上で必要なことかもしれません。

何かに一生懸命に取り組むことはあなた自身の幸せにもつながるのです。

新山詩織

新山詩織さんはシンガーソングライターで、作家でもあり、女優でもあります。

まだあまり知られていませんが、これからの活躍を期待しています。