カミラ・カベロ「Havana」歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?

歌詞考察

カミラ・カベロさんの「Havana」がMusic Stationで披露されました。

カミラ・カベロさんの「Havana」はどのような歌なのでしょうか。

カミラ・カベロ「Havana」歌詞

Havana, ooh na-na (ay)
Half of my heart is in Havana, ooh-na-na (ay, ay)
He took me back to East Atlanta, na-na-na
Oh, but my heart is in Havana (ay)
There’s somethin’ ’bout his manners (uh huh)
Havana, ooh na-na

ハバナ
私の心は半分ハバナにある
彼は私をイーストアトランタに連れて行ったけれど
私の心はハバナにある
彼のやり方には何か引っかかるところがあるの
ハバナ

He didn’t walk up with that “how you doin’?”
(When he came in the room)
He said there’s a lot of girls I can do with
(But I can’t without you)
I knew him forever in a minute
(That summer night in June)
And papa says he got malo in him
He got me feelin’ like

彼は「元気?」って挨拶なしに近づいてきたの
(部屋に入ってきた)
女なら大勢いるって言われたけど
(私はあなたじゃなきゃダメ)
1分を永遠に感じてる
(あの6月の夏の夜)
パパは言う、あの男は手に負えないって
彼はこんな気分にさせるの

Ooh… I knew it when I met him
I loved him when I left him
Got me feelin’ like
Ooh… and then I had to tell him
I had to go, oh na-na-na-na-na

会ったときからわかってた
別れた時には愛してた
こんな気分にさせられて
言わざるを得なかったの
私は行かなければならないって

Havana, ooh na-na (ay)
Half of my heart is in Havana, ooh-na-na (ay, ay)
He took me back to East Atlanta, na-na-na (uh huh)
Oh, but my heart is in Havana (ay)
My heart is in Havana
Havana, ooh na-na

ハバナ
私の心は半分ハバナにある
彼は私をイーストアトランタに連れて行ったけれど
私の心はハバナにある
ハバナ

Jeffery
Just graduated, fresh on campus, mmm
Fresh out East Atlanta with no manners, damn
Fresh out East Atlanta
Bump on her bumper like a traffic jam (jam)
Hey, I was quick to pay that girl like Uncle Sam (here you go, ay)
Back it on me, shawty cravin’ on me
Get to eating’ on me (on me)
She waited on me (then what?)
Shawty cakin’ on me, got the bacon on me (wait up)
This is history in the makin’ on me (on me)
Point blank, close range, that B
If it cost a million, that’s me (that’s me)
I was gettin’ mula, pretty baby

ジェフェリー
卒業したところ、フレッシュなキャンパスから
マナーも知らずイーストアトランタに出た
イーストアトランタに
渋滞時に当たるうように彼女のバンパーにぶつかる
アンクルサムのように女の子にすぐ支払う
お尻をつきだして、可愛い子が俺をほしがってる
そして俺を食べて
俺に仕える
彼女は俺に甘くて、口説いてくるだよ
俺の中で作られていく歴史
至近距離であのOKサイン
何百万ドルの男、それが俺
金を稼いでいたんだよ

Havana, ooh na-na (ay, ay)
Half of my heart is in Havana, ooh-na-na (oh, ay, ay)
He took me back to East Atlanta, na-na-na (oh no)
Oh, but my heart is in Havana
My heart is in Havana
Havana, ooh na-na

ハバナ
私の心は半分ハバナにある
彼は私をイーストアトランタに連れて行ったけれど
私の心はハバナにある
ハバナ

Ooh na-na, oh na-na-na
Take me back, back, back like
Ooh na-na, oh na-na-na
Take me back, back, back like
Ooh na-na, oh na-na-na
Take me back, back, back like
Ooh na-na, oh na-na-na
Take me back, back, back
Yeah, ay…
Ooh…
Take me back to my Havana…

私を連れて帰って
私をハバナに連れて帰って

Havana, ooh na-na
Half of my heart is in Havana, ooh-na-na (oh, yeah)
He took me back to East Atlanta, na-na-na
Oh, but my heart is in Havana
My heart is in Havana (ay)
Havana, ooh na-na

ハバナ
私の心は半分ハバナにある
彼は私をイーストアトランタに連れて行ったけれど
私の心はハバナにある
ハバナ

PR

カミラ・カベロ「Havana」歌詞の意味考察

”ハバナ
私の心は半分ハバナにある
彼は私をイーストアトランタに連れて行ったけれど
私の心はハバナにある
彼のやり方には何か引っかかるところがあるの
ハバナ”

故郷を思う気持ちを表現しています。

”彼は「元気?」って挨拶なしに近づいてきたの
(部屋に入ってきた)
女なら大勢いるって言われたけど
(私はあなたじゃなきゃダメ)
1分を永遠に感じてる
(あの6月の夏の夜)
パパは言う、あの男は手に負えないって
彼はこんな気分にさせるの”

少し礼儀知らずな人だけどなぜか惹かれてしまったと言っています。

でも父親は彼のことを気に入らないようです。

”会ったときからわかってた
別れた時には愛してた
こんな気分にさせられて
言わざるを得なかったの
私は行かなければならないって”

彼を愛しているけれど、彼からは離れないといけないと思ったと言っています。

それは故郷を思う気持ちからでしょうか。

”ジェフェリー
卒業したところ、フレッシュなキャンパスから
マナーも知らずイーストアトランタに出た
イーストアトランタに
渋滞時に当たるうように彼女のバンパーにぶつかる
アンクルサムのように女の子にすぐ支払う
お尻をつきだして、可愛い子が俺をほしがってる
そして俺を食べて
俺に仕える
彼女は俺に甘くて、口説いてくるだよ
俺の中で作られていく歴史
至近距離であのOKサイン
何百万ドルの男、それが俺
金を稼いでいたんだよ”

これはその男の台詞なのでしょうか。何か信用できないようなことを言っています。

この歌はアメリカへ出たけれど、故郷を思う気持ちを歌っています。

男と一緒に出たけれど、その男を信用できない気持ちを語っているのです。

しかし、それは本心ではなく、故郷を忘れられない自分の弱さを嘆いている歌なのかもしれません。

なんとも切なく自立を促されている弱き女性の歌なのかもしれません。

MV考察

男が女たちと寝ています。その男はカミラの彼氏です。
カミラは彼氏が浮気をしたと思いますが、クローゼットの中から彼女の本当の彼氏が出てきます。
女と寝ていたのは彼氏の双子の弟だったのです。

そして彼氏はカミラにプロポーズをします。

そんな映画を見ていたカミラはお父さんに急に映画を止められてしまいます。

父親はテレビのリモコンに触っていたないというけれど、消したようです。

カミラには派手な服装を着た姉がいます。
カミラはとても地味な服装です。

姉は夜から街へ出かけていくようです。

そんな姉を見てお父さんはとても心配しています。

しかし彼女の好きにしてあげないといけないのはわかっていると言います。

だが今夜は家にいてほしいというのです。

そんな親の心配も横目に姉は出ていってしまいます。

夜、父親が寝た後にカミラも街に出かけます。

カミラは映画を見ます。

そこには男を取っ替え引っ替えに変えて結局いい男に出会えないカミラがいます。

カミラは「あなたも好きだけど自分の方がもっと好きなの」と言って最後の彼を振ってしまうのです。

それを見てカミラはなんてダメなストーリーなのと言いますが、自分のストーリーなんだから口出ししないでと言われます。

帰りにカミラは一人で街中を歩いています。

すると通りかかった男性に一目惚れして恋に落ちるのです。

それを姉が見て騒いでいます。

家では一人父親が楽しそうにギターを演奏しているのです。

この歌は独り立ちしなければいけないけれど、なかなかできない女性と心配する父親の思いを描いた歌です。

様々な思いが入り混じったとても複雑な歌なのです。

恋や親心、幸せなど様々な葛藤の中を人は生きながら成長していくのです。

ハバナとは

ハバナのHavanaはキューバの首都であり、カミラさんの生まれ故郷です。

下町のような雰囲気ですが、とても愛が溢れている暖かい雰囲気のある場所です。

イーストアトランタとは

アトランタの東に位置する場所です。

動画を見ると何か寂しさの漂う街といった印象を得られます。

カミラ・カベロとは

カミラ・カベロさんは凛としたとても素晴らしい女性です。

キューバのハバナに生まれ、マイアミにやってきました。

元フィフス・ハーモーのメンバーでしたが、2017年からソロでデビューしています。

おすすめ情報

【歌詞考察】テイラー・スウィフト「End Game ft. Ed Sheeran, Future」歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?