米津玄師「orion」歌詞に込められた意味(解釈)とは?

米津玄師

米津玄師さんの「orion」のサビは何の願いなのでしょうか。

そしてタイトルの意味とは?

米津玄師「orion」歌詞

作詞:米津玄師
作曲:米津玄師

あなたの指がその胸がその瞳が
眩しくて少し眩暈がする夜もある
それは不意に落ちてきて あまりにも暖かくて
飲み込んだ七色の星
弾ける火花みたいに ぎゅっと僕を困らせた
それでまだ歩いてゆけること 教わったんだ

神様 どうか 声を聞かせて
ほんのちょっとでいいから
もう二度と 離れないように
あなたと二人 あの星座のように
結んで欲しくて

夢の中でさえどうも上手じゃない心具合
気にしないでって嘆いたこと 泣いていたこと
解れた袖の糸を引っぱって ふっと星座を作ってみたんだ
お互いの指を星として
それは酷くでたらめで 僕ら笑いあえたんだ
そこにあなたがいてくれたなら それでいいんだ

今なら どんな 困難でさえも
愛して見せられるのに
あんまりに 柔くも澄んだ
夜明けの間 ただ眼を見ていた
淡い色の瞳だ

真白でいる 陶器みたいな
声をしていた 冬の匂いだ
心の中 静かに荒む
嵐を飼う 闇の途中で
落ちてきたんだ 僕の頭上に
煌めく星 泣きそうなくらいに
触れていたんだ

神様 どうか 声を聞かせて
ほんのちょっとでいいから
もう二度と離れないように
あなたと二人 この星座のように
結んで欲しくて

米津玄師「orion」歌詞の意味考察

”あなたの指がその胸がその瞳が
眩しくて少し眩暈がする夜もある
それは不意に落ちてきて あまりにも暖かくて
飲み込んだ七色の星
弾ける火花みたいに ぎゅっと僕を困らせた
それでまだ歩いてゆけること 教わったんだ”

あなたのことを好きな気持ちを表現しています。あなたは甘くも苦くもあり、そのすべてが僕の原動力となっているのです。

”神様 どうか 声を聞かせて
ほんのちょっとでいいから
もう二度と 離れないように
あなたと二人 あの星座のように
結んで欲しくて”

星と星が星座の座標の中で結ばれているように私たちも永遠に結んでくださいと神に願っています。

”夢の中でさえどうも上手じゃない心具合
気にしないでって嘆いたこと 泣いていたこと
解れた袖の糸を引っぱって ふっと星座を作ってみたんだ
お互いの指を星として
それは酷くでたらめで 僕ら笑いあえたんだ
そこにあなたがいてくれたなら それでいいんだ”

辛いことがあっても、あなたとちょっと遊ぶだけで、すぐに元気が出ると言っています。

”今なら どんな 困難でさえも
愛して見せられるのに
あんまりに 柔くも澄んだ
夜明けの間 ただ眼を見ていた
淡い色の瞳だ”

あなたの目はとても澄んでいると言っています。

どんな困難でもあなたに見せられると言っているのです。ここの部分である疑問が湧いてきます。

”真白でいる 陶器みたいな
声をしていた 冬の匂いだ
心の中 静かに荒む
嵐を飼う 闇の途中で
落ちてきたんだ 僕の頭上に
煌めく星 泣きそうなくらいに
触れていたんだ”

あなたは突然現れたと言っています。

その声は陶器みたいに白い声をしていたと。

あなたは恋人のように思っていました。

恋人だと思って読んでも成立します。しかし、恋人に困難も愛して見せるというのは少し変な気もします。

なので、これは赤ちゃんを見て言っているのではないかと思いました。

澄んだ目や陶器のような白い声。

純粋さを表現しているように思います。

赤ちゃんになら厳しいことも教えてあげたいと言っているのではないでしょうか。

あるいは赤ちゃんよりももう少し成長した子どものことなのかもしれません。

orionの意味

orionはオリオン座のオリオンです。

サビに出てくるように星座の星と星が線で永遠に結ばれるように私たちを結んで欲しいと言っていのではないでしょうか。

そしてその線は一本ではなく、何本もあります。

そう考えれば家族の結びつきを表現しているようにも思えるのです。

おすすめ情報

米津玄師「Lemon」歌詞の意味(解釈)とは?