損保ジャパンCM曲GReeeeN「アリアリガトウ」歌詞の意味(解釈)とは?

GReeeeN

損保ジャパン日本興亜のCMで流れている曲はGReeeeNの「アリアリガトウ」です。

GReeeeNの「アリアリガトウ」はどのような曲なのでしょうか。

GReeeeN「アリアリガトウ」歌詞

作詞:GReeeeN
作曲:GReeeeN

今日わたしが生まれて何回目かの記念日
ウチに帰るとパパとママがいて
ローソク分の思い出 振り返るように火を灯したね

あれは確か5歳のウチに帰る帰り道
転んで泣いてたわたしを抱いて
一番星を眺めて
「明日は晴れるよね」ってみんなで笑いあったね

新しい毎日で 時々大事な事を
忘れそうになるけど あなたがいるから
ラララ、、、manyアリアリガトウ

あれは確か15(歳)の塾からの帰り道で
色々ありましてパパとママに
悲しむような言葉投げて
それでもローソクに火が灯っていたんだよ

新しい毎日で 時々大事な事を
忘れそうになるけど あなたがいるから
ラララ、、、manyアリアリガトウ

これから先パパとママとね
一緒じゃない時間が来て
わたしもいつか誰かのため
ローソクに火を灯していけるかな

何気ない毎日は あなたに守られてた
そんな本当の事が 灯されていくんだ
新しい毎日で 時々大事な事を
忘れそうになるけど あなたがいるから
ローソクの数以上 想いを照らして

GReeeeN「アリアリガトウ」歌詞の意味考察

”今日わたしが生まれて何回目かの記念日
ウチに帰るとパパとママがいて
ローソク分の思い出 振り返るように火を灯したね”

誕生日の思い出を描いています。ウチに帰るとパパとママがいてとすらっと言った幸せな景色が浮かびます。

”あれは確か5歳のウチに帰る帰り道
転んで泣いてたわたしを抱いて
一番星を眺めて
「明日は晴れるよね」ってみんなで笑いあったね”

家族がみんなであたしのことを想ったことが描かれています。

自分を心配してくれる人が周りにたくさんいることはどれだけ幸せなことでしょうか。

”新しい毎日で 時々大事な事を
忘れそうになるけど あなたがいるから
ラララ、、、manyアリアリガトウ”

毎日いろんなことが起きて大切なことを忘れてしまうことがあるけれど、あなたはいつも私を優しさで包んでくれたと言っています。

”あれは確か15(歳)の塾からの帰り道で
色々ありましてパパとママに
悲しむような言葉投げて
それでもローソクに火が灯っていたんだよ”

15歳の日大変なことが起きて両親に怒られたけれど、家には誕生日ケーキがあったようです。

”これから先パパとママとね
一緒じゃない時間が来て
わたしもいつか誰かのため
ローソクに火を灯していけるかな”

私も両親と同じように子どもにしてあげられるかなと言っています。

”何気ない毎日は あなたに守られてた
そんな本当の事が 灯されていくんだ
新しい毎日で 時々大事な事を
忘れそうになるけど あなたがいるから
ローソクの数以上 想いを照らして”

子どもの頃の何気ない毎日は両親の想いの中で生きることができたと言っています。

家を出るまでは両親があなたを守ってくれたのです。

あなたを守る人がいなければ、あなたは決して大きくなることはなかったのです。

ローソクの数以上の想いがいつもそこにはあったのです。

この歌は家族の大切さを描いたとても素晴らしい曲です。

アリアリガトウの意味

アリアリガトウはmanyアリアリガトウとあるようにありがとうではなく

本当にありがとうという意味ではないでしょうか。

ありがとうの最上級がアリアリガトウです。

この歌は家族に対する感謝の気持ちはありがとうではなくアリアリガトウだと言っているのです。

おすすめ情報

SUBARU(スバル)XVCM曲GReeeeN「道」歌詞の意味(解釈)とは?