清水翔太「My Boo」歌詞の意味(解釈)とは?

清水翔太

清水翔太さんの「My Boo」は若者に高い支持を受け、今でもLINE MUSICで高順位を維持しています。

清水翔太の「My Boo」はどのような歌なのでしょうか。

清水翔太「My Boo」歌詞

作詞:清水翔太
作曲:清水翔太

二人で出掛けるとき
俺のGIVENCHY それとGALAXY君が持って
同じ歩幅 ポケットの中
手つないだら perfect
まだわかんないとこもあって
俺も全然子供だしね
喧嘩して嫌んなって
だけどbye-byeする気はないぜ

二人でいられるならbaby
世界中どこだって平気
俺が良いとき君が笑って
君が良いとき俺が笑って

今まで色んな人と会って
自分がどういう男かって
本当の意味で理解させてくれた子はいない
君以外

My Boo どこへも行かないで
誰にも触れないで
俺がいるから 隣いるから

なぁ、Boo
I’m so happy
俺がアラジンなら君はジャスミン
照れくさくて いつも言えないけどさ
愛してる

恋愛は算数じゃない
大事なのはバランスじゃない?
俺が君を守ってるようで
時に君が俺を守ってる

It’s easy
君と過ごす日々
意味もなく塞いでた俺にとって
君の笑顔が全てを開くKeyに

常識や本能、お金も欲も
やんなきゃいけない事や仕事も
全部全部、来週へ
この週末は、君が最優先

勿論、良いことだけじゃない
俺達、誰かが描いた絵じゃない
トラブったって冷静に対応
one for da honey, two for my all

My Boo どこへも行かないで
誰にも触れないで
俺がいるから 隣いるから

なぁ、Boo
I’m so happy
俺がアラジンなら君はジャスミン
照れくさくて いつも言えないけどさ
愛してる

君を愛しすぎて
たまに超不安で
病んでテンパって
君もそんな俺見て苦しんでる
それでも好きなんだ
不器用なだけなんだ
どんなに辛くても側にいたいよ

My Boo 何にも言わないで
帰ったらハグして
君がいるなら 俺、頑張るから

なぁ、Boo
I’m so happy
俺と出逢ってくれてありがとう
眠ってる時スネてる時笑ってる時
全部、愛してるよ

My Boo どこへも行かないで
誰にも触れないで
俺がいるから 隣いるから

なぁ、Boo
I’m so happy
俺がアラジンなら君はジャスミン
照れくさくて いつも言えないけどさ
愛してる

PR

清水翔太「My Boo」歌詞の意味考察

”二人で出掛けるとき
俺のGIVENCHY それとGALAXY君が持って
同じ歩幅 ポケットの中
手つないだら perfect”

二人で出かける時は、同じ歩幅で仲良く手をつなぐだだけで完璧だと言っています。

”まだわかんないとこもあって
俺も全然子供だしね
喧嘩して嫌んなって
だけどbye-byeする気はないぜ”

時々喧嘩することもあるけれど、それでも全然嫌じゃないと言っています。

”二人でいられるならbaby
世界中どこだって平気
俺が良いとき君が笑って
君が良いとき俺が笑って”

君と俺がいい時はお互いに笑い合おうと言っています。

人は良い時ばかりじゃないけれど、もしも良い時がバラバラにやってきたら、その時互いに笑い合おうと言うのです。

”今まで色んな人と会って
自分がどういう男かって
本当の意味で理解させてくれた子はいない
君以外”

君以外に自分がどう言う男かって理解させてくれた人はいないと言っています。

つまり自分のどんな部分も君がさらけ出してくれたというのです。取り乱したり嫉妬したり、怒ったり、そういう全部の表情を見せても君はずっとそばにいてくれたということではないでしょうか。

”My Boo どこへも行かないで
誰にも触れないで
俺がいるから 隣いるから”

Booとは恋人や友達のことです。

俺はずっとそばにいるから君もどこへも行かないでと言っています。

”なぁ、Boo
I’m so happy
俺がアラジンなら君はジャスミン
照れくさくて いつも言えないけどさ
愛してる”

とても良い歌詞です。アラジンとジャスミンが出てきました。

”恋愛は算数じゃない
大事なのはバランスじゃない?
俺が君を守ってるようで
時に君が俺を守ってる”

恋愛は算数のようで、俺が君を守ったり君が俺を守ったりが良いんじゃないかと言っています。

”君を愛しすぎて
たまに超不安で
病んでテンパって
君もそんな俺見て苦しんでる
それでも好きなんだ
不器用なだけなんだ
どんなに辛くても側にいたいよ”

どんなことがあってもそばにいたいと言っています。

”My Boo 何にも言わないで
帰ったらハグして
君がいるなら 俺、頑張るから”

君がいるから頑張れると言っています。

”なぁ、Boo
I’m so happy
俺と出逢ってくれてありがとう
眠ってる時スネてる時笑ってる時
全部、愛してるよ”

出会ってくれてありがとう。君のどんなところも好きだと言っています。

付き合うとか結婚するとかそういうことで大切なことはどんな時も一緒にいたいと思えることなのではないかと思います。

たとえ怒ったり、キレたり、喧嘩になったりあるいはお金がなくなっても一緒にいてくれる人が生涯一緒にいれる人なんじゃないかと思います。

この歌はそういうことを伝えているのではないでしょうか。

そして、もしも二人の間に嫌なことが交互にやってきたら、ある時は彼女を励まし、ある時は彼氏を励ませば、いつも互いを補い合える仲でありたいと言っています。

こういう考え方を文字で見たことがなかったので、改めて読むととても素敵だと思いました。

My Booの人気

My Booは若者から多くの支持を得て、今でもかなりの人気を維持しています。

AKB48のメンバーも本番前にこの曲を聴いて、活気づけると言っていました。

彼女を大切に想う気持ちが描かれたとても素敵な曲はいつまでも若い人の心に残っているのです。

そんなMy Booは清水翔太さんにとっても特別な一曲でした。

清水さんが音楽活動がうまくいっていなかった時期にこの曲を書いたようで

その窮地を救った曲となったのです。そういった曲が今もなお支持されているということで、自身も非常に感動していました。


そしてツイッターでもその感謝の意を込めて、清水翔太さんが新しいVer.のMy Booを作ったのです。

おすすめ情報

【歌詞考察】清水翔太「Good Life」歌詞の意味(解釈)とは?