【歌詞考察】WANIMA「ともに」歌詞の意味(解釈)とは?

WANIMA

WANIMAの「ともに」は歌詞ランキングで常に上位にいます。

WANIMAの「ともに」はどんな歌なのでしょうか。

WANIMA「ともに」歌詞

作詞:KENTA
作曲:WANIMA

どれだけ過去が辛くて暗くても 昨日よりも不安な明日が増えても
悩んだり泣いたりする今日も 進め君らしく 心踊る方

別れ道に立つ ともに唄う
重ねた日々は変わらず残る
千切れそうな今縫い合わせ
思い出したあの頃

あたりまえのいつもの笑顔
平気なフリに何度 騙された?
何気ない一言でさえ…
後悔してるいま頃

出逢えてよかった ありがとう
この想いよ 届け
涙こらえ笑って生きてる 崩れそうになりながら毎日びびってる
疲れ果てるまで繰り返す きっと ずっと
どれだけ過去が辛くて暗くても 昨日よりも不安な明日が増えても
悩んだり泣いたりする今日も 進め君らしく 心踊る方

個々に辿り着くまでに
色んな景色をみて来たんだろう
待ち焦がれていた
出逢えてよかった ありがとう
この想いよ 届け

涙こらえ笑って生きてる 崩れそうになりながら毎日びびってる
疲れ果てるまで繰り返す きっと ずっと
どれだけ過去が辛くて暗くても 昨日よりも不安な明日が増えても
悩んだり泣いたりする今日も
進め君らしく 心踊る その先には幸を…

生きて耐えて時に壊れ泣いて迷う影に笑顔咲き誇る
生きていれば…命さえあれば…

前に前に前に上に上に 冗談じゃない まだ諦めてない

全て追い越して 何もかも置き去りに 思い描いたその先へ…

PR

WANIMA「ともに」歌詞の意味考察

”どれだけ過去が辛くて暗くても 昨日よりも不安な明日が増えても
悩んだり泣いたりする今日も 進め君らしく 心踊る方”

どんなに辛いことがあっても、たとえ昨日より今日の方が苦しくて明日も望みがなくても、君が心踊る方へ進もうと言っています。

悪いことが重なったのであれば、全て忘れられるようなことをした方がいいのかもしれません。

”別れ道に立つ ともに唄う
重ねた日々は変わらず残る
千切れそうな今縫い合わせ
思い出したあの頃”

必ず努力は報われると言っています。

そしてもしもしんどいときはWANIMAが一緒に歌うと言ってくれているのです。

”あたりまえのいつもの笑顔
平気なフリに何度 騙された?
何気ない一言でさえ…
後悔してるいま頃”

たとえ笑顔だったとしてもそのシグナルを見過ごさないで欲しいと言っています。

周りの人は気づかないところで悩んでいるかもしれないのです。

”出逢えてよかった ありがとう
この想いよ 届け
涙こらえ笑って生きてる 崩れそうになりながら毎日びびってる
疲れ果てるまで繰り返す きっと ずっと
どれだけ過去が辛くて暗くても 昨日よりも不安な明日が増えても
悩んだり泣いたりする今日も 進め君らしく 心踊る方”

たとえ辛いことがずっと続いてもWANIMAは応援してると言っています。

疲れたら自分の心が踊ることをしようよと。

”個々に辿り着くまでに
色んな景色をみて来たんだろう
待ち焦がれていた
出逢えてよかった ありがとう
この想いよ 届け”

WANIMAのメンバーはこの歌で聴く人と出会えると言っています。

そして、出逢えてよかったと言ってくれているのです。

”生きて耐えて時に壊れ泣いて迷う影に笑顔咲き誇る
生きていれば…命さえあれば…”

どんなに大変なことがあっても、笑える日が来ると言っています。そして生きようと。

”前に前に前に上に上に 冗談じゃない まだ諦めてない”

真剣に聴く人を応援したいと言っています。
そのことを冗談じゃないし諦めてないと言ってくれているのです。

”全て追い越して 何もかも置き去りに 思い描いたその先へ…”

目標や夢を越えようと後押ししてくれています。

とても素晴らし歌です。聴く人をこんなにも真剣に応援する曲はあったでしょうか。

この曲に出会えたことに感謝したいです。WANIMAは本当に素敵なグループなのかもしれません。

おすすめ情報

【歌詞考察】WANIMA「ヒューマン」歌詞の意味(解釈)とは?