「伊藤くん A to E」主題歌androp「Joker」歌詞の意味(解釈)とは?

映画

andropの「Joker」は映画「伊藤くん A to E」の主題歌です。

andropの「Joker」はどのような歌なのでしょうか。

androp「Joker」歌詞

作詞:Takahito Uchisawa
作曲:Takahito Uchisawa

傷ついて また傷ついて
望んではない 選んだだけ
バカなフリ わかったフリ
本当は特別になりたいの

僕はどこかに在るの?
君とどこが同じなの?
壊れて壊されて消えてしまう前に

もがいてもがいて
もがき続けた先で 生まれた声
仮面で隠して
演じて演じて
演じ続けた先に 聞こえた声
抗って さぁ
のたうちまわれよ

「夢は叶う」「努力は報われる」
泣きたくなるなぁ 癪にさわるなぁ
削られる命と削る命
本当は特別になりたいの

僕はみせかけ 君になりすます
僕は君で 君が僕で
恨み 辛み ねたみ そねみ
逃げてしまう前に

騙して騙して
騙し続けた先で 生まれた声
仮面で隠して
信じて信じて
信じ続けた先に 聞こえた声
思い通り ねぇ
気持ちいいでしょ

もがいてもがいて
もがき続けた先で 生まれた声
演じて演じて
演じ続けた先に 聞こえた声

もがいてもがいて
もがき続けた先で 生まれた声
仮面を外して
信じて信じて
信じ続けた先に 見つけた声
抗って さぁ
のたうちまわれよ

PR

androp「Joker」歌詞の意味考察

“傷ついて また傷ついて
望んではない 選んだだけ
バカなフリ わかったフリ
本当は特別になりたいの”

望んだものにはなれない、特別ではない人のことを言っているのでしょうか。

”僕はどこかに在るの?
君とどこが同じなの?
壊れて壊されて消えてしまう前に”

悩見すぎて、壊れてしまいそうな人のことを言っているのかも知れません。

”もがいてもがいて
もがき続けた先で 生まれた声
仮面で隠して
演じて演じて
演じ続けた先に 聞こえた声
抗って さぁ
のたうちまわれよ”

もがいていももがいてもうまくいかない日々を嘆いているのかもしれません。結局本当の自分を見せることはできていないのでしょうか。

”「夢は叶う」「努力は報われる」
泣きたくなるなぁ 癪にさわるなぁ
削られる命と削る命
本当は特別になりたいの”

「夢は叶う」「努力は報われる」という言葉を聞いて泣きたくなると言っています。そう思うほど、うまくいかず絶望しているのでしょうか。

”僕はみせかけ 君になりすます
僕は君で 君が僕で
恨み 辛み ねたみ そねみ
逃げてしまう前に”

君と僕は同じようで、何も変わらない。個性がないことを嘆いているのかも知れません。

”騙して騙して
騙し続けた先で 生まれた声
仮面で隠して
信じて信じて
信じ続けた先に 聞こえた声
思い通り ねぇ
気持ちいいでしょ”

自分を騙して生きていることを嘆いているのかも知れません。

”もがいてもがいて
もがき続けた先で 生まれた声
演じて演じて
演じ続けた先に 聞こえた声

もがいてもがいて
もがき続けた先で 生まれた声
仮面を外して
信じて信じて
信じ続けた先に 見つけた声
抗って さぁ
のたうちまわれよ”

特別なものになりたくて、努力しているのに報われない中で、本当の自分を隠して生きている人のもがきを描いているのかも知れません。

現代で生きる人たちのもがく姿を投影した曲なのでしょうか。

「伊藤くん A to E」とは

映画「伊藤くん A to E」は容姿端麗だけど、痛い男が、A〜Eの女性を振り回す震撼恋愛ミステリーです。