【歌詞考察】西野カナ「パッ」の歌詞の意味とは?

西野カナ

西野カナさんの「パッ」がとても耳に響いてきます。

西野カナさんの「パッ」はどのような曲なのでしょうか。

西野カナ「パッ」歌詞

作詞:Kana Nishino
作曲:Katsuhiko Yamamoto

Oh Baby Baby Uh Uh
Baby Baby Uh Uh
毎日毎日 朝起きて お化粧して
来る日も来る日も 仕事して 家に帰る
本当はやりたいこともいっぱいあるのに
メイクも落とさずベッドにダイブ
はい、お疲れさん!

一週間意外と長い
何でまだ水曜日
目指せ華の金曜日

パッとハジけたいの
スカッとしたい気分
もったいないわ 楽しまなきゃ
人生一度きり
パッとしない日々を
かっ飛ばしたい気分
可愛くないわ 笑わなくちゃ
たまにはシュワっと
炭酸みたいにハジけたいの
頑張った自分に乾杯

Oh Baby Baby Uh Uh
Baby Baby Uh Uh
Oh Baby Baby Uh Uh
Baby Baby Uh Uh

たまの休みなのに起きたらもう夕方
溜まった洗濯物回して お風呂そうじ
本当は行きたい場所もいっぱいあるのに
パジャマのままで今日が終わってく
はい、ご苦労さん!

一週間意外と早い
なんでもう日曜日
迫ってくる月曜日

パッとハジけたいの
スカッとしたい気分
もったいないわ 楽しまなきゃ
人生一度きり
パッとしない日々を
かっ飛ばしたい気分
刺激がないわ 変わらなくちゃ
たまにはシャキッと
炭酸みたいにハジけたいの
とりあえず明日に乾杯

どうすれば満たされるの?
Ah どうすればうまくいくの?
Ah ため息ばかりじゃ
幸せが逃げていくわ

パッと花咲いて パッと散っていく
過ぎ去った時は もう巻き戻せないけど
パッと目が覚めて カーテンを開いたら
新しい今日がまた始まってく

パッとハジけたいの
スカッとしたい気分
もったいないわ 楽しまなきゃ
人生一度きり
パッとしない日々を
かっ飛ばしたい気分
可愛くないわ 笑わなくちゃ
たまにはシュワっと
炭酸みたいにハジけたいの
これからの自分に乾杯

Oh Baby Baby Uh Uh
Baby Baby Uh Uh
Oh Baby Baby Uh Uh
Baby Baby Uh Uh

PR

西野カナ「パッ」歌詞の意味考察

“毎日毎日 朝起きて お化粧して
来る日も来る日も 仕事して 家に帰る
本当はやりたいこともいっぱいあるのに
メイクも落とさずベッドにダイブ
はい、お疲れさん!”

女性の本音を書いているのでしょうか。

”一週間意外と長い
何でまだ水曜日
目指せ華の金曜日”

平日は金曜日の来るのが待ち遠しいと言っています。

”パッとハジけたいの
スカッとしたい気分
もったいないわ 楽しまなきゃ
人生一度きり
パッとしない日々を
かっ飛ばしたい気分
可愛くないわ 笑わなくちゃ
たまにはシュワっと
炭酸みたいにハジけたいの
頑張った自分に乾杯”

ストレスは溜め込まず、吐き出した方がいいという意味ではないでしょうか。たまにはパッとハジけてスカッとしたいと言っています。

”たまの休みなのに起きたらもう夕方
溜まった洗濯物回して お風呂そうじ
本当は行きたい場所もいっぱいあるのに
パジャマのままで今日が終わってく
はい、ご苦労さん!”

休日寝すぎた時の虚無感を表現しています。

”一週間意外と早い
なんでもう日曜日
迫ってくる月曜日”

平日は時間が経つのが遅いけれど、休日は時間が経つのが早いと言っています。

”パッとハジけたいの
スカッとしたい気分
もったいないわ 楽しまなきゃ
人生一度きり
パッとしない日々を
かっ飛ばしたい気分
刺激がないわ 変わらなくちゃ
たまにはシャキッと
炭酸みたいにハジけたいの
とりあえず明日に乾杯”

パッとしない日々ばかりではなくかっ飛ばしたいと言っています。いつも同じではなく変わらなければとも言っています。

”どうすれば満たされるの?
Ah どうすればうまくいくの?
Ah ため息ばかりじゃ
幸せが逃げていくわ”

現代人の悩みを伝えています。西野カナさんが言うことで共感する人が嬉しくなるかもしれません。

”パッと花咲いて パッと散っていく
過ぎ去った時は もう巻き戻せないけど
パッと目が覚めて カーテンを開いたら
新しい今日がまた始まってく”

後悔しても意味がないからカーテンを開いて新しい今日を出迎えようと言っています。

”パッとハジけたいの
スカッとしたい気分
もったいないわ 楽しまなきゃ
人生一度きり
パッとしない日々を
かっ飛ばしたい気分
可愛くないわ 笑わなくちゃ
たまにはシュワっと
炭酸みたいにハジけたいの
これからの自分に乾杯”

ストレスばかり溜め込まないで、パッとハジけたいと言っています。

仕事ばかりで、毎日同じ。週末がきてもすぐ過ぎてしまう。そういう日々を送る人たちへ向けたパッとした音楽なのではないでしょうか。

西野カナさんはそういう人たちの気分が少しでも晴れることを願っているのかもしれません。