【歌詞考察】山崎まさよし「One more time,One more chance」歌詞の意味とは?

歌詞考察

山崎まさよしさんの「One more time,One more chance」の歌詞を考察していきます。

懐かしのメロディと歌詞ですが、この曲はどういったことを伝えているのでしょうか。

山崎まさよし「One more time,One more chance」歌詞

作詞:山崎将義
作曲:山崎将義

これ以上何を失えば 心は許されるの
どれ程の痛みならば もういちど君に会える
One more time 季節よ うつろわないで
One more time ふざけあった 時間よ
くいちがう時はいつも 僕が先に折れたね
わがままな性格が なおさら愛しくさせた
One more chance 記憶に足を取られて
One more chance 次の場所を選べない

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
向いのホーム 路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに
願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことは もうなにもない
すべてかけて抱きしめてみせるよ

寂しさ紛らすだけなら
誰でもいいはずなのに
星が落ちそうな夜だから
自分をいつわれない
One more time 季節よ うつろわないで
One more time ふざけあった時間よ

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
交差点でも 夢の中でも
こんなとこにいるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった「好き」という言葉も

夏の想い出がまわる ふいに消えた鼓動

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
明け方の街 桜木町で
こんなとこに来るはずもないのに
願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことはもう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ

いつでも捜しているよ
どっかに君の破片を
旅先の店 新聞の隅
こんなとこにあるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった「好き」という言葉も

いつでも捜してしまう どっかに君の笑顔を
急行待ちの 踏切あたり
こんなとこにいるはずもないのに
命が繰り返すならば 何度も君のもとへ
欲しいものなど もう何もない
君のほかに大切なものなど

山崎まさよし「One more time,One more chance」歌詞の考察

“これ以上何を失えば 心は許されるの
どれ程の痛みならば もういちど君に会える
One more time 季節よ うつろわないで
One more time ふざけあった 時間よ”

君に会えなくなったことを嘆き、「これ以上何を失えば心は許されるの」と言っています。

”心が許される”という言葉が心に響きました。別に何か悪いことをしたわけでもないのに、君に会えなくなったことを嘆いて、自分をせめているのです。後悔した時や辛いことが度重なる時の心情を表現しています。

”くいちがう時はいつも 僕が先に折れたね
わがままな性格が なおさら愛しくさせた
One more chance 記憶に足を取られて
One more chance 次の場所を選べない”

僕は「いつも口論になると折れていた。」と言っています。「わがままなのは君だった」とも言っています。

それさえも愛おしかったとも。

”記憶に足を取られて次の場所を選べない”こちらはとても詩的な表現です。

”いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
向かいのホーム 路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに
願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことは もうなにもない
すべてかけて抱きしめてみせるよ”

愛おしい人と会えないことが理由で、いつも君のことを探しているのです。

探す場所は「向かいのホーム、路地裏の窓」ふと一人になった時、孤独を感じた時、決してそんなところにいるはずもないのに、寂しさのあまり、君のことを探してしまうのです。

”寂しさ紛らすだけなら
誰でもいいはずなのに
星が落ちそうな夜だから
自分をいつわれない
One more time 季節よ うつろわないで
One more time ふざけあった時間よ”

寂しさを紛らわすだけであれば、誰でもいいのだ。

しかし本当の自分になった時、本当に感動した時などは本当に好きな人と一緒にいたい。そう言っています。

この歌詞ではそういった時を「星が落ちそうな夜」と言っているのです。

”いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
交差点でも 夢の中でも
こんなとこにいるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった「好き」という言葉も”

ここでは孤独な場面に交差点と夢の中が加えられています。

もしも奇跡が起こるのなら、これからの僕の新しい朝を君に見せたいと言っています。
君のいなくなった今でも君に会いたいと思う気持ちで溢れていることを伝えているのです。

”夏の想い出がまわる ふいに消えた鼓動”

この一文からはもしかすると君とはもうこの世にいないことを感じさせています。

”いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
明け方の街 桜木町で
こんなとこに来るはずもないのに
願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことはもう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ

いつでも捜しているよ
どっかに君の破片を
旅先の店 新聞の隅
こんなとこにあるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった「好き」という言葉も

いつでも捜してしまう どっかに君の笑顔を
急行待ちの 踏切あたり
こんなとこにいるはずもないのに
命が繰り返すならば 何度も君のもとへ
欲しいものなど もう何もない
君のほかに大切なものなど”

君を探してしまう瞬間が足されていきます。明け方の桜木町、旅先の店、新聞の隅、急行待ちの踏切あたり。

どれもが孤独な瞬間です。さらに、新聞の隅とはまさにそんなとこにいるはずもない場所ですが、そこにこそもしかしたらいるかもしれないのです。どんなに望みの薄いことであったとしてもなぜか君の姿を探していまう。

とても恋しい気持ちが伝わってきます。

なぜなら君の他に大切なものなどないからです。

PR

まとめ

この名曲は名曲たる理由がありました。

今読んでもなぜか泣いてしまう。

この曲にはそんな切なさや恋しさが溢れ出ているのです。