【歌詞考察】米津玄師「灰色と青 ( + 菅田将暉)」歌詞の意味とは?

米津玄師

米津玄師さんの「灰色と青 ( + 菅田将暉)」は常に歌詞ランキングでトップにあります。

「灰色と青 ( + 菅田将暉)」の歌詞は何を伝えようとしているのでしょうか。

米津玄師「灰色と青 ( + 菅田将暉)」歌詞

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

袖丈が覚束ない夏の終わり
明け方の電車に揺られて思い出した
懐かしいあの風景
たくさんの遠回りを繰り返して
同じような街並みがただ通り過ぎた
窓に僕が映ってる

君は今もあの頃みたいにいるのだろうか
ひしゃげて曲がったあの自転車で走り回った
馬鹿ばかしい綱渡り 膝に滲んだ血
今はなんだかひどく虚しい

どれだけ背丈が変わろうとも
変わらない何かがありますように
くだらない面影に励まされ
今も歌う今も歌う今も歌う

忙しなく街を走るタクシーに
ぼんやりと背負われたままくしゃみをした
窓の外を眺める
心から震えたあの瞬間に
もう一度出会えたらいいと強く思う
忘れることはないんだ

君は今もあの頃みたいにいるのだろうか
靴を片方茂みに落として探し回った
「何があろうと僕らはきっと上手くいく」と
無邪気に笑えた 日々を憶えている

どれだけ無様に傷つこうとも
終わらない毎日に花束を
くだらない面影を追いかけて
今も歌う今も歌う今も歌う

朝日が昇る前の欠けた月を
君もどこかで見ているかな
何故か訳もないのに胸が痛くて
滲む顔 霞む色

今更悲しいと叫ぶには
あまりに全てが遅すぎたかな
もう一度初めから歩けるなら
すれ違うように君に会いたい

どれだけ背丈が変わろうとも
変わらない何かがありますように
くだらない面影に励まされ
今も歌う今も歌う今も歌う

朝日が昇る前の欠けた月を
君もどこかで見ているかな
何もないと笑える朝日がきて
始まりは青い色

米津玄師「灰色と青 ( + 菅田将暉)」歌詞の意味とは?

”袖丈が覚束ない夏の終わり
明け方の電車に揺られて思い出した
懐かしいあの風景
たくさんの遠回りを繰り返して
同じような街並みがただ通り過ぎた
窓に僕が映ってる”

これはどういう心境を表しているのでしょうか。

夏の終わりのころ、明け方の電車に揺られている僕。

その窓の外には懐かしい故郷の風景が流れている。

たくさんの遠回りをしたという事は帰ってきたとも推測できます。同じような街並みは故郷の風景でしょう。

そして窓に自分が写っているのを眺めています。その自分の顔はどんな顔をしていたのでしょう。

”君は今もあの頃みたいにいるのだろうか
ひしゃげて曲がったあの自転車で走り回った
馬鹿ばかしい綱渡り 膝に滲んだ血
今はなんだかひどく虚しい”

地元で子どもの頃に過ごした友達のことを思い抱いてるようです。少年時代の思い出と膝に残った傷跡を見てなぜか虚しさを覚えているのです。

”どれだけ背丈が変わろうとも
変わらない何かがありますように
くだらない面影に励まされ
今も歌う今も歌う今も歌う”

成長しても変わらない何かがあることを願っています。その変わらない何かが昔の友達にも残っていることに励まされ、歌うと言っています。

古くからの友人に再開したのかもしれません。久しぶりに再開したのに変わらない何かを感じ、歌を歌っている状況に哀愁を感じているのです。

”忙しなく街を走るタクシーに
ぼんやりと背負われたままくしゃみをした
窓の外を眺める
心から震えたあの瞬間に
もう一度出会えたらいいと強く思う
忘れることはないんだ”

都会ではタクシーが忙しく駆け回る。タクシーに乗りながらくしゃみをし外を眺める。ふと子どもの頃、心が震えた瞬間を思い出し、そんな遠い記憶が蘇ったことに驚いているのです。

”君は今もあの頃みたいにいるのだろうか
靴を片方茂みに落として探し回った
「何があろうと僕らはきっと上手くいく」と
無邪気に笑えた 日々を憶えている”

少年時代に無邪気に遊んでいた時のことを思い出して、懐かしんでいます。その頃はまだ悩みなんてなかったことを羨ましく思っているのかもしれません。

”どれだけ無様に傷つこうとも
終わらない毎日に花束を
くだらない面影を追いかけて
今も歌う今も歌う今も歌う”

どんなに苦しいことがあっても、前向きに生きたい。そんなことを思いながら故郷の懐かしい日々を思い出して歌うのです。

”朝日が昇る前の欠けた月を
君もどこかで見ているかな
何故か訳もないのに胸が痛くて
滲む顔 霞む色”

僕が見ている夜明け前の月を君もどこかで見ているのだろうか。なぜか胸が痛くて滲む顔と言っています。

理由はないのに、なぜかかつての友のことを思い出しています。

”今更悲しいと叫ぶには
あまりに全てが遅すぎたかな
もう一度初めから歩けるなら
すれ違うように君に会いたい”

久しぶりに君のことを思い出し、会いたいと言っています。できることなら、あの頃に戻ってやり直したいと言っています。

”朝日が昇る前の欠けた月を
君もどこかで見ているかな
何もないと笑える朝日がきて
始まりは青い色”

夜明け前の月を一人見て、徐々に朝になる情景を見て、無情さを感じ嘆いています。その景色はかつて見た青春の日々の香りを放っていたのかもしれません。その香りはかつて感じた青春の香りとは違い、味気ない都会での孤独をより一層深める匂いだったのです。

始めの歌詞は故郷からの帰りの電車での出来事かもしれません。

まとめ

とても奥深い感情を表現しています。

大人になることに無情や孤独を感じ、子どもの頃のがむしゃらな日々との対比によってあまりも儚い大人の日々を嘆いているのかもしれません。そんな感情を切なく描いた名曲です。