【歌詞考察】米津玄師「LOSER」に込められた意味(解釈)とは?

米津玄師

米津玄師さんの「LOSER」は歌詞検索サイトで、常にランキング上位に今最も検索されている歌詞の一つです。

そんな人気の「LOSER」の歌詞はどんなことを伝えようとしているのか、紐解いていきます。

米津玄師「LOSER」歌詞

作詞:米津玄師
作曲:米津玄師

いつもどおりの通り独り こんな日々もはや懲り懲り
もうどこにも行けやしないのに 夢見ておやすみ
いつでも僕らはこんな風に ぼんくらな夜に飽き飽き
また踊り踊り出す明日に 出会うためにさよなら

歩き回ってやっとついた ここはどうだ楽園か?
今となっちゃもうわからない
四半世紀の結果出来た
青い顔のスーパースターがお腹すかしては待ってる

アイムアルーザー どうせだったら遠吠えだっていいだろう
もう一回もう一回行こうぜ 僕らの声
アイムアルーザー ずっと前から聞こえてた
いつかポケットに隠した声が

ああだのこうだの知ったもんか 幸先の空は悪天候
ほら窓から覗いた摩天楼 からすりゃ塵のよう
イアンもカートも昔の人よ 中指立ててもしょうがないの
今勝ち上がるためのお勉強 朗らかな表情

踊る阿呆に見る阿呆 我らそれを端から笑う阿呆
デカイ自意識抱え込んではもう 磨耗 すり減って残る酸っぱい葡萄
膝抱えてもなんもねえ ほら長い前髪で前が見えねえ
笑っちまうねパッと沸き立って フワッと消えちゃえるこんな輪廻
愛されたいならそう言おうぜ 思ってるだけじゃ伝わらないね
永遠の淑女もそっぽ向いて 天国は遠く向こうのほうへ
ああわかってるって 深く転がる 俺は負け犬
ただどこでもいいから遠くへ行きたいんだ それだけなんだ

耳をすませ遠くで今 響きだした音を逃すな 呼吸を整えて
いつかは出会えるはずの 黄金の色したアイオライトを
きっと掴んで離すな

アイムアルーザー なんもないならどうなったっていいだろう
うだうだしてフラフラしていちゃ今に 灰 左様なら
アイムアルーザー きっといつかって願うまま
進め ロスタイムのそのまた奥へ行け

愛されたいならそう言おうぜ 思ってるだけじゃ伝わらないね
永遠の淑女もそっぽ向いて 天国は遠く向こうのほうへ
ここいらでひとつ踊ってみようぜ 夜が明けるまで転がっていこうぜ
聞こえてんなら声出していこうぜ

アイムアルーザー どうせだったら遠吠えだっていいだろう
もう一回もう一回行こうぜ 僕らの声
アイムアルーザー ずっと前から聞こえてた
いつかポケットに隠した声が

ここいらでひとつ踊ってみようぜ 夜が明けるまで転がっていこうぜ
聞こえてんなら声出していこうぜ

米津玄師「LOSER」歌詞考察

LOSERとは”敗者”のことを指します。

これは”敗者”についての歌詞です。

”いつもどおりの通り独り こんな日々もはや懲り懲り
もうどこにも行けやしないのに 夢見ておやすみ
いつでも僕らはこんな風に ぼんくらな夜に飽き飽き
また踊り踊り出す明日に 出会うためにさよなら”

日常はいつも一緒でいつも一人、そんな変わらない日常の中でも夢を見ている。

もう飽き飽きしているのに、また明日を生きるために別れを言うと言っています。

どんなに飽き飽きしたつまらない日常でも、明日はやってくるのです。

この繰り返しに何の意味があるのでしょうか。

”歩き回ってやっとついた ここはどうだ楽園か?
今となっちゃもうわからない
四半世紀の結果出来た
青い顔のスーパースターがお腹すかしては待ってる”

ここはとても難しい歌詞です。

前半はやっと辿り着いた場所は楽園かどうかわからない、と言っています。

後半では長い年月をかけた末に出来たスーパースターは、青い顔をしてお腹をすかしている、と言っています。

なにか行き場のないモヤモヤ感が漂っているような気がします。

”アイムアルーザー どうせだったら遠吠えだっていいだろう
もう一回もう一回行こうぜ 僕らの声
アイムアルーザー ずっと前から聞こえてた
いつかポケットに隠した声が”

自分は負けたが、もう一度挑戦しよう。

挑戦しようという気持ちを”ポケット”にしまうなんてことをせずに、と言っています。

何度負けても這い上がっていくしかないのです。

”ああだのこうだの知ったもんか 幸先の空は悪天候
ほら窓から覗いた摩天楼 からすりゃ塵のよう
イアンもカートも昔の人よ 中指立ててもしょうがないの
今勝ち上がるためのお勉強 朗らかな表情”

こちらではいつか勝とうと決意している思いを表現しています。

自分は金持ちからすれば、塵(ちり)のような存在かもしれませんが、いつか勝つためにどんなにバカにされても笑顔で乗り越えるのです。

”踊る阿呆に見る阿呆 我らそれを端から笑う阿呆
デカイ自意識抱え込んではもう 磨耗 すり減って残る酸っぱい葡萄
膝抱えてもなんもねえ ほら長い前髪で前が見えねえ
笑っちまうねパッと沸き立って フワッと消えちゃえるこんな輪廻
愛されたいならそう言おうぜ 思ってるだけじゃ伝わらないね
永遠の淑女もそっぽ向いて 天国は遠く向こうのほうへ
ああわかってるって 深く転がる 俺は負け犬
ただどこでもいいから遠くへ行きたいんだ それだけなんだ”

本当は愛されたいけれど、言えない自分を嘆いているようです。

それも上手く言えないのです。

そんな日々を嘆いて過ごしてるようです。

いっそ遠くへ逃げ出したいと思っているのではないでしょうか。

”耳をすませ遠くで今 響きだした音を逃すな 呼吸を整えて
いつかは出会えるはずの 黄金の色したアイオライトを
きっと掴んで離すな”

チャンスに耳を澄まして聞き逃すな、チャンスを掴んだら離すなと言っています。

”アイムアルーザー なんもないならどうなったっていいだろう
うだうだしてフラフラしていちゃ今に 灰 左様なら
アイムアルーザー きっといつかって願うまま
進め ロスタイムのそのまた奥へ行け”

負けて諦めたら、終わり。試合が終わっても、諦めずにそのさきに進めばいいのです。

”愛されたいならそう言おうぜ 思ってるだけじゃ伝わらないね
永遠の淑女もそっぽ向いて 天国は遠く向こうのほうへ
ここいらでひとつ踊ってみようぜ 夜が明けるまで転がっていこうぜ
聞こえてんなら声出していこうぜ”

世界に遠慮などせず、やりたいことをやろうぜ、今を弾けようと言っています。

PR


米津玄師「LOSER」歌詞が伝えたいこと

なんか、今はなんでもかんでも遠慮して生きていかなければならない。

本当はひとりぼっちは嫌だけど、それも言えずにいる。

そういう状況が負けというか、そういう状況から抜け出せないのが負けなのかもしれません。

でも、そんなことで諦めたりせず、きちんと自分の感情を表現しようよ!

試合は終了していない。たとえ終了したとしてもまた前に進もうぜ。

今は周りを気にせずに自分の思うままに行動しよう!

こういったことを表現しているように思います。

今の時代だからこそ、自分のやりたいことができない世の中だからこそ、周りに遠慮せず、自分の思うように生きればいいと言っているのかもしれません。

おすすめ情報

【歌詞考察】米津玄師「灰色と青 ( + 菅田将暉)」歌詞の意味とは?