優里「シャッター」歌詞の意味(解釈)とは?〜好きだけじゃダメ〜

優里

優里さんの「シャッター」は、YouTube CHANNEL「優里ちゃんねる【公式】」の企画で同チャンネルのカメラマンでありメンバーのJUN MIYASAKAの為に優里が書き下ろした楽曲です。

優里さんの「シャッター」はどのような曲なんでしょうか。

優里さんの「シャッター」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

優里「シャッター」歌詞

作詞・作曲:シャッター

君と見るはずだった花火が
夜の隙間を埋めてく
感傷にひたっちまうから
Twitterは閉じた

棚の上に置いたカメラも
今距離を置きたいくらい
僕は今日全て失って
一日中泣いていた

本当の気持ちは
やっぱりわからないけど
君のアルバムに居る僕を全部
消したんでしょう

シャッターが落ちるみたいに
君を切り取って恋に落ちて
心のアルバムに全部
そっとため込んでた
だからさ だからさ
仕草も匂いも覚えている
シャッターを切る時間も
君に触れていれば良かった
全ての時間を君だけに使えばよかった

お決まりのデートコースと
お決まりの愛の言葉
見栄えの良いものばかりが
インスタに残った

棚の上に置いたカメラじゃ
映せないものが
君と僕の間にあって
それに気づけなかった

今でも気持ちは
やっぱりわからないけど
君のアルバムに居る僕は全部
いらないんでしょう

シャッターが落ちるみたいに
君を切り取って恋に落ちて
壊したくなくて無難に
きっとやり過ごしてた
だからさ だからさ
映りの悪い僕だったろう
シャッターを切る時間も
君に触れていれば良かった
全ての時間を君だけに使えばよかった

どんなに綺麗で美しい宝石みたいな思い出も
そこに僕が居なきゃ 君が居なきゃ
何の意味もないのに

シャッターが落ちるみたいに
君を切り取って恋に落ちて
壊したくなくて無難に
きっとやり過ごしてた
だからさ だからさ
映りの悪い僕だったろう
シャッターを切る時間も
君に触れていれば良かった

シャッターが落ちるみたいに
君を切り取って恋に落ちて
心のアルバムに全部
そっとため込んでた
だからさ だからさ
仕草も匂いも覚えている
シャッターを切る時間も
君に触れていれば良かった
全ての時間を君だけに使えばよかった

優里「シャッター」歌詞の意味(解釈)とは?

優里さんの「シャッター」は、愛することの難しさを伝えた曲です。

優里さんの「シャッター」は具体的にどのような曲なんでしょうか。

優里さんの「シャッター」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

君と見るはずだった花火が
夜の隙間を埋めてく
感傷にひたっちまうから
Twitterは閉じた

君と花火を見る約束をしていたのに、別れてしまったのか、今1人か違う人と花火を見ています。

その想いをどうしても1人で解消できないから、Twitterに投稿しようとしましたが、それも恥ずかしいと思いやめました。

でもこの悲しみは消せません。

棚の上に置いたカメラも
今距離を置きたいくらい
僕は今日全て失って
一日中泣いていた

君との思い出はいくらでもあります。

楽しかったことも嫌だったこともたくさん心に残っています。

その思い出が胸の中を締め付けるためとても悲しくなってしまいます。

今とても悲しい状況です。

誰も助けられません。

本当の気持ちは
やっぱりわからないけど
君のアルバムに居る僕を全部
消したんでしょう

どうしてこうなったわかりません。

何がこういう状況を引き起こしたのかわかりません。

でも僕は君に必要なくなったんです。

嫌な人になってしまったんです。

それだけは確かです。

シャッターが落ちるみたいに
君を切り取って恋に落ちて
心のアルバムに全部
そっとため込んでた
だからさ だからさ
仕草も匂いも覚えている
シャッターを切る時間も
君に触れていれば良かった
全ての時間を君だけに使えばよかった

僕は君をすごく愛していたから、全ての記憶を心に留めていました。

君のことならなんだって言えます。

好きなものも、嫌いなものもなんだって全部言うことができるんです。

だからこそ、忘れるには時間がかかります。

でももっともっと君のことを考えることができたら、僕は君に嫌われるようなことがなかったのかもしれません。

僕は自分のために君を好きになっていたのかもしれません。

僕は自分のことばかり考えていたんです。

君のことなど何一つ考えていなかったのかもしれません。

それが原因だったのだろうかと考えています。

お決まりのデートコースと
お決まりの愛の言葉
見栄えの良いものばかりが
インスタに残った

インスタにはいい思い出ばかりが残っています。

みんなに見せても大丈夫な綺麗な思い出ばかりが残っているんです。

棚の上に置いたカメラじゃ
映せないものが
君と僕の間にあって
それに気づけなかった

一見うまくいっているようでも、僕らの間には僕らにしかわからない溝のようなものができていたのかもしれません。

それは僕だって気づかなかったものなんんじゃないでしょうか。

君だけが気づいていた、見えない溝が僕たちを離れさせてしまいました。

僕がカメラに映る映像だけじゃなく、目に見えないものにもちゃんと目を向けられていたら、こんな結果には至らなかったかもしれません。

今でも気持ちは
やっぱりわからないけど
君のアルバムに居る僕は全部
いらないんでしょう

今でもどうして君が僕から離れていったのかわかりません。

本当はわかっているんだけど、それを確かめることもできません。

あんなに一緒に居たのに、今は1人です。

もう会うことはできないんでしょうか。

シャッターが落ちるみたいに
君を切り取って恋に落ちて
壊したくなくて無難に
きっとやり過ごしてた
だからさ だからさ
映りの悪い僕だったろう
シャッターを切る時間も
君に触れていれば良かった
全ての時間を君だけに使えばよかった

想いが深まれば深まるほど、君の気持ちが離れていってしまうのが怖かったんです。

本当は全然ダメな自分を見せるのが怖かったのかもしれません。

だから君の目をちゃんと見ることもできませんでした。

本当の君に触れることもできなかったんです。

ただ表面上の君しか愛することができなかったんです。

本当はもっと深いところまで愛することができればよかったのに。

どんなに綺麗で美しい宝石みたいな思い出も
そこに僕が居なきゃ 君が居なきゃ
何の意味もないのに

思い出はいくらでも残すことができます。

でも思い出というのは2人で見るから楽しいんです。

1人で見ても楽しくはありません。

そして思い出なんて残すことにはなんの価値もないことだと気づきました。

今この瞬間をちゃんと生きることが何よりも重要だったのかもしれません。

もしもあの時ちゃんと君の目を見て話すことができていたとしたら、今ここにまだ君がいたかもしれないんです。

シャッターが落ちるみたいに
君を切り取って恋に落ちて
壊したくなくて無難に
きっとやり過ごしてた
だからさ だからさ
映りの悪い僕だったろう
シャッターを切る時間も
君に触れていれば良かった

恋に落ちることは誰にでもできます。

その人に気持ちを伝えることなら誰にだってできるんです。

でも大切なことは君に気持ちを伝えることではなくて、君と人生とともに生きることなんじゃないでしょうか。

大好きだけじゃ足りないんです。

自分も相手に好きになってもらえるように努力しなければなりません。

それが愛するということで、それが僕にはたりなかったんです。

シャッターが落ちるみたいに
君を切り取って恋に落ちて
心のアルバムに全部
そっとため込んでた
だからさ だからさ
仕草も匂いも覚えている
シャッターを切る時間も
君に触れていれば良かった
全ての時間を君だけに使えばよかった

もっと君のことを考えることができたら、よかったのにと後悔しています。

いまだに君がどうしていなくなったのかわからないんです。

どうすればよかったのか考えています。

でもその答えが全くわかりません。

今あるのは心の思い出ばかりです。

でもそれを見ても君の気持ちを全く知ることができないんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です