Aimer「グレースノート」歌詞の意味(解釈)とは?短編アニメ「夜の国」第2夜 -26時の探し物-主題歌

Aimer

Aimerの「グレースノート」は、短編アニメ「夜の国」第2夜 -26時の探し物-の主題歌です。

Aimerの「グレースノート」はどのような曲なんでしょうか。

Aimerの「グレースノート」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

Aimer「グレースノート」歌詞

作詞:aimerrhythm
作曲:飛内将大

開いたノートに綴った青さは
終わりのチャイムに君の背中を探してた
不器用で曖昧な譜面にできない音色
胸に閉じ込めて

触れた指でなぞった思い出は
どの言葉で歌にできるかな?
ただ夢の中で絆されたまま
生まれた時は一人ぼっちだったこと
忘れがちになるのかな?

見慣れた景色に何かが足りない
見上げた夜空に頼りない月明かりだけ

泣きそうで投げ出した
書きかけのままの日記
明日は言えるかな?

ふわり指にとまった淡い蝶
この夜更けにどこへ飛ぶのかな
この深い闇に閉ざされたまま
生まれた時は一人ぼっちだったこと
みんな同じなんだよね

君の音で飾った思い出は
どの言葉で歌にできるかな?
この指でなぞった優しさが
いつ誰かの愛に変わるかな?
ただ夢の中で絆されたまま
生まれた時は一人ぼっちだったこと
忘れがちになるんだね

同じなんだよね

Aimer「グレースノート」歌詞の意味(解釈)とは?

Aimerの「グレースノート」は、愛を知ってしまった人が孤独に耐えられなくなったことを伝えた曲です。

Aimerの「グレースノート」は、具体的にどのような曲なでしょうか。

Aimerの「グレースノート」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

開いたノートに綴った青さは
終わりのチャイムに君の背中を探してた
不器用で曖昧な譜面にできない音色
胸に閉じ込めて

君のことを好きになってしまったんでしょうか。

終わりのチャイムでその日見れなくなってしまう君の最後の姿を探します。

どうすればいい変わらないこの感情を胸に閉じ込めているため、まだその思いを伝えていません。

触れた指でなぞった思い出は
どの言葉で歌にできるかな?
ただ夢の中で絆されたまま
生まれた時は一人ぼっちだったこと
忘れがちになるのかな?

絆されるとは、相手の感情や同情の念にかられ、自分の意思や考えに基づかない行動をとってしまうことを指します。

君に触れてしまい、しかもなぞってしまったらもうその気持ちを沈めることはできません。

愛する感情。

その心地よさを誰に止めることもできないんです。

その後は君との時間を思い出しただひたすら絆されてしまうんです。

もう1人でいることが耐えられなくなってしまいました。

君との時間をもう一度味わいたいんです。

見慣れた景色に何かが足りない
見上げた夜空に頼りない月明かりだけ

君に会うまでは1人でも大丈夫でした。

でも君に出会ってしまったから、日常でも君を探してしまいます。

君をいつも求めてしまうんです。

いつも君のことを考えてしまうんです。

泣きそうで投げ出した
書きかけのままの日記
明日は言えるかな?

言えずに考えているだけの言葉を伝えられずにいます。

なぜなら君が自分を好きかどうかわからないからです。

でもそれを言わないと、君に会うことはできません。

君に会いたい。

もっと一緒にいたい。

そう思ってもどうしようもないんです。

ふわり指にとまった淡い蝶
この夜更けにどこへ飛ぶのかな
この深い闇に閉ざされたまま
生まれた時は一人ぼっちだったこと
みんな同じなんだよね

本当なら自由に飛んでいきたいと思っています。

君の住む場所へ自由に飛んでいきたいです。

でもそんなふうにできないのが辛いです。

今はなぜかとても孤独を感じてしまいます。

君と過ごした時間があまりにも幸せだったから。

でも今はひとりぼっちなんです。

みんな孤独に耐えられるはずなのに、今はそれができなくなっています。

君の音で飾った思い出は
どの言葉で歌にできるかな?
この指でなぞった優しさが
いつ誰かの愛に変わるかな?
ただ夢の中で絆されたまま
生まれた時は一人ぼっちだったこと
忘れがちになるんだね

同じなんだよね

君はとても優しく自分を包んでくれたんです。

その優しさを忘れることができません。

優しくて美しくて離れたくなくて。

でも今ここにいない君は誰といるんでしょうか。

寂しい気持ちを抱えています。

自分は今1人で寂しいんです。

きっと君だって同じ気持ちを抱えているはずなのに。

Aimer「グレースノート」タイトルの意味(解釈)とは?

グレースとは愛するという意味です。

愛というのは何なんでしょうか。

愛を綴っただけのノートになんの意味があるんでしょうか。

主人公は愛する人に触れています。

愛する人の優しさにも触れることができました。

それでもまだその想いを伝えることができません。

愛を伝えられない私の愛のノート。

そこにはどんな意味があるんでしょうか。

そのノートを超える愛はどうすれば手に入れることができるんでしょうか。

グレーズノートはそんな焦ったい想いを伝えているんではないでしょうか。

短編アニメ「夜の国」第2夜 -26時の探し物-とは?

短編アニメ「夜の国」第2夜 -26時の探し物-は、Aimerが楽曲提供している短編アニメプロジェクトです。

Aimerサイドの発案でスタートしたのかわかりませんが、音楽にアニメを乗せてそれをYouTubeで配信するというのは新しい試みです。

YouTubeがあったからできたことではないでしょうか。

YouTubeの新しい使い方ですし、音楽の新しい使い方です。

とてもアイデア力のある行動だと思いました。

このように作った楽曲に物語を作成し、MVは別で作成するということが一般化すると同じ楽曲から多面的に価値が生まれるため市場にとっても良いことだと思います。

これからもこのような斬新なアイデアが出ることを楽しみにしています。