嵐「青空の下、キミのとなり」歌詞の意味(解釈)とは?『ようこそ、わが家へ』主題歌

嵐の「青空の下、キミのとなり」は、ドラマ『ようこそ、わが家へ』の主題歌です。

嵐の「青空の下、キミのとなり」はどのような曲なんでしょうか。

嵐の「青空の下、キミのとなり」の歌詞の意味を考えていきます。

嵐「青空の下、キミのとなり」歌詞

作詞:wonder note・s-Tnk
作曲:Gigi・wonder note

グルグル彷徨って混ざって 暗闇にほどけて
(街は隠すだけ)
名前も見えない他人の情報が 視線返す

なんで狂おしいのに不安がって 希望も忘れ
(曇り空のように)
騒々しい僕らはBABE 帰る家はどこに?

潜み続ける永遠の影 誰もが交差する街並み
無限の点を繋ぐ その真ん中で 君と

飛べない 届かない 空はない
掴めない 見れない 夢もない
アンサンブルはMY LIFE かけがえないMY TIME
隣にいよう そっと ずっと
消えない 色のない 虹はない
いらない 必要のない 人はいない
見つけた光を辿って 君と君と つながっていたいんだ

どこかで途切れ散らかって この空に浮かべて
(痛み隠すように)
出口も見えない世間の失望が 視線おとす

掻き消された言葉の向こう 遥か遠い場所まで …ようこそ!
眠れない夜を越えた その感情で 君と

癒えない 解けない 傷はない
動かない 移らない 時代もない
真実だけをMY LIFE 見つけたいよMY TIME
守りたいから そっと ずっと
バレない 伝わんない 嘘はない
迷わない 間違えのない 人はいない
恐れる事なんてないよ 君と君と つながっていたいんだ

答えなんて 見えないや
だからここにいるんだ 君と

飛べない 届かない 空はない
掴めない 見れない 夢もない
アンサンブルはMY LIFE かけがえないMY TIME
隣にいよう そっと ずっと
消えない 色のない 虹はない
いらない 必要のない 人はいない
見つけた光を辿って 君と君と つながっていたいんだ
いたいんだ

嵐「空の下キミのとなり」歌詞の意味(解釈)とは?

嵐の「空の下キミのとなり」は、大切な人と一緒に困難を乗り越えようと伝えた曲です。

嵐の「空の下キミのとなり」は具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

嵐の「空の下キミのとなり」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

グルグル彷徨って混ざって 暗闇にほどけて
(街は隠すだけ)
名前も見えない他人の情報が 視線返す

街は知らない人で溢れています。

世間では何が起きているかわかりません。

突然何かが起きることもあります。

いろんな人がいるんです。

何が起きても不思議ではありません。

なんで狂おしいのに不安がって 希望も忘れ
(曇り空のように)
騒々しい僕らはBABE 帰る家はどこに?

狂おしいというのは、心が乱れているという意味です。

不安になる必要はありません。

希望を失う必要のないんです。

ただ心が一時的に乱れているだけです。

そんなに落ち込む必要はないんです。

それなのに全てを失ったように思ってしまうんです。

潜み続ける永遠の影 誰もが交差する街並み
無限の点を繋ぐ その真ん中で 君と

いろんな人がいます。

そんな人たちはこれから二度と会うことがないでしょう。

街ゆく人にはなんの運命もありません。

関係性が築かれるはずがないんです。

でも何故か君とは出会ったんです。

出会って、挨拶をして、話して、仲良くなったんです。

これっておかしいと思いませんか?

この違いはどこから生まれるか説明できますか?

飛べない 届かない 空はない
掴めない 見れない 夢もない
アンサンブルはMY LIFE かけがえないMY TIME
隣にいよう そっと ずっと
消えない 色のない 虹はない
いらない 必要のない 人はいない
見つけた光を辿って 君と君と つながっていたいんだ

アンサンブルは、合奏、合唱など、一緒にという意味の言葉です。

人間の関係性はとても不思議です。

大切な人を見つけることも難しいです。

多くの人の中から出会って話すようになりました。

この関係性をできれば維持したいんです。

君と出会えたんです。

君といれば、この先もその奇跡が起きるはずです。

どこかで途切れ散らかって この空に浮かべて
(痛み隠すように)
出口も見えない世間の失望が 視線おとす

いろんなことが起きてしまい、世の中を失望に追い込むものがあります。

今なら東京五輪開催をしようとする政府の奇怪な行動がそれにあたります。

掻き消された言葉の向こう 遥か遠い場所まで …ようこそ!
眠れない夜を越えた その感情で 君と

世間がどんなにおかしな場所になっても君と僕の関係性の中では正常が保たれています。

おかしなことは2人の間では一切起きません。

どんなことが起きても、僕らは正常であり続けるんです。

癒えない 解けない 傷はない
動かない 移らない 時代もない
真実だけをMY LIFE 見つけたいよMY TIME
守りたいから そっと ずっと
バレない 伝わんない 嘘はない
迷わない 間違えのない 人はいない
恐れる事なんてないよ 君と君と つながっていたいんだ

いろんなことがあります。

でも全ては変化しています。

明日も今日とは全然違うんです。

間違えを犯してもいいです。

挑戦しないよりは100倍いいんです。

失敗したらどうするか知っていればいいんです。

僕らは一緒に乗り越えていけます。

答えなんて 見えないや
だからここにいるんだ 君と

どうしたらいいか分かっている人なんていません。

でもどうしたらいいかわからないからこそ、人は繋がっていられるんです。

1人ではなできないことを2人ならできます。

2人なら3人、4人と仲間を増やすことができるんです。

飛べない 届かない 空はない
掴めない 見れない 夢もない
アンサンブルはMY LIFE かけがえないMY TIME
隣にいよう そっと ずっと
消えない 色のない 虹はない
いらない 必要のない 人はいない
見つけた光を辿って 君と君と つながっていたいんだ
いたいんだ

どんなことが起きても力を合わせればきっとうまくいきます。

だから諦めてはいけません。

前に進み続けるんです。

大切な仲間と一緒に。

『ようこそ、わが家へ』とは?

ドラマ『ようこそ、わが家へ』は、相葉雅紀さん主演のドラマです。

ある日おかしな人に家まで尾行されてしまい、その日から生活が狂い出すというストーリーです。

それでも家族みんな力を合わせて事件を紐解いていくという、池井戸潤さん原作のドラマで非常に面白かったのを覚えています。

嵐「青空の下、キミのとなり」歌詞の意味(解釈)を考えた感想

まず世間で会う人の大半は全く関係のない人だということです。

それなのに、関係性を持つ人がその中のごくわずかいるということです。

その関係性も1年続いたと思ったら、なくなることだってあります。

私はフリーランスのエンジニアなので、1年も続かない関係性はよくあります。

でも何故か今でも関係が続いているという人もいます。

最近では出会い系のアプリが浸透しています。

頑張って探せば毎週知らない人と会うことだって可能な時代です。

それでも街ですれ違う人とは一生関係性を持たないこともあります。

この違いは一体なんなんでしょうか。

人間関係について最近とてもよく考えています。

世間にはいろんな性格の人がいます。

そのどれもがその人の個性です。

嫌な人、気に食わない人、腹が立つ人がいます。

それでも中には心が通じ合う人もいるんです。

いろんな人に会って、心が通じる人はわずかだとわかります。

その中で一生付き合えるようなそんな人に出会えたら、奇跡なんじゃないでしょうか。

そういう人を探すことが人生の一つの醍醐味かもしれません。

今はネット社会です。

いろんな人と出会うチャンスで溢れています。

もしも大切な人を見つけられたとしたら、手放してはいけません。

きっと僕らは何か未来に形を作るために出会ったのです。

だから、何かを一緒に乗り越えていくべきです。

嵐の「青空の下、キミのとなり」はそんな大切なことを教えてくれているんじゃないでしょうか。