GENERATIONS & THE RAMPAGE「Alternate Dimension」歌詞の意味(解釈)とは?

GENERATIONS

GENERATIONS & THE RAMPAGEの「Alternate Dimension」はどのような曲なんでしょうか。

GENERATIONS & THE RAMPAGEの「Alternate Dimension」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

GENERATIONS & THE RAMPAGE「Alternate Dimension」歌詞

作詞:sty
作曲:Chaki Zulu・sty・DJ DARUMA

交差する宇宙
観測不可能な世界でさえ
飛び越えて
どの世界線でもぼくは探すよ
In the city of Tokyo
輻輳(ふくそう)してる alternate dimension

超東京 手にするモノ全て
本物か嘘か?分かんない街で
明日をまた迎えるのを無為に待ってる
自由の求め方すら忘れてる
気持ちだけ高揚しても 心は迷ってる

交差する宇宙
観測不可能な世界でさえ
飛び越えて
どの世界線でもぼくは探すよ
In the city of Tokyo
虚実綯い交ぜ(ないまぜ)の alternate dimension

Life is all about choices
So listen to ya own voices
自らの声 can’t ignore, you gotta face it
目を覚まして そしてつぶやくんだ phrases
この街で本物の自分は誰?って
Don’t care in case you like it
Or not, i do not give a shit
選択肢握るその手 that’s me
Mr.taxiみたいに自由自在に
Jr.EXの選択なら間違いないし

超東京 凡(あら)ゆるモノ全て
オーバーフロウしてる此の街で
命も自我でさえも持て余せど
自由を疑う事に気づき始めてる
常識が擁護しようとも 心は秒読みしてる

交差する宇宙
観測不可能な世界でさえ
飛び越えて
どの世界線でもぼくは探すよ
In the city of Tokyo
虚実綯い交ぜ(ないまぜ)の alternate dimension

増加する夢中
些末なバイアスで真実
曇らせないで
どんな時代でもぼくが見つけるよ
In the city of Tokyo
輻輳(ふくそう)してる alternate dimension

GENERATIONS & THE RAMPAGE「Alternate Dimension」歌詞の意味(解釈)とは?

GENERATIONS & THE RAMPAGE「Alternate Dimension」は、人生は選択の連続だ。だから何をするか考えることが重要だと伝えた曲です。

GENERATIONS & THE RAMPAGEの「Alternate Dimension」は具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

GENERATIONS & THE RAMPAGEの「Alternate Dimension」の歌詞の意味を考えていきます。

交差する宇宙
観測不可能な世界でさえ
飛び越えて
どの世界線でもぼくは探すよ
In the city of Tokyo
輻輳(ふくそう)してる alternate dimension

輻輳とは、寄り集まって込み合うことです。

alternate dimensionは代替次元のことです。

すごくかっこいい歌詞です。

東京。

いろんな人がいろんなことをしています。

そんな中でも何かを探すと言っています。

それはなんでしょうか。

超東京 手にするモノ全て
本物か嘘か?分かんない街で
明日をまた迎えるのを無為に待ってる
自由の求め方すら忘れてる
気持ちだけ高揚しても 心は迷ってる

東京という街で私たちは暮らしています。

東京でなくてもいいです。

NY、上海、シンガポール、ニューデリー、どこにでも人がごった返しています。

そんなに多い人間という生き物。

僕らはどうして人間をしているんでしょうか。

何をすればいいんでしょうか。

全くわからないんです。

交差する宇宙
観測不可能な世界でさえ
飛び越えて
どの世界線でもぼくは探すよ
In the city of Tokyo
虚実綯い交ぜ(ないまぜ)の alternate dimension

虚実とは嘘と本当のことです。

世界ではいろんなことが起きています。

一人一人の選択で世界は回っています。

あっちに行ったりこっちに行ったり、戻ったり離れたり。

世界はそうやって未来を作っているんです。

Life is all about choices
So listen to ya own voices
自らの声 can’t ignore, you gotta face it
目を覚まして そしてつぶやくんだ phrases
この街で本物の自分は誰?って
Don’t care in case you like it
Or not, i do not give a shit
選択肢握るその手 that’s me
Mr.taxiみたいに自由自在に
Jr.EXの選択なら間違いないし

人生とは選択の連続です。

自分の意思は自分の心の中で選択した結果により生まれます。

自分とは自分の意思で選択したその成れの果てなんです。

同じ顔の人はいるかもしれませんが、同じ行動をする人は1人としていません。

今ここから自分が何をするのか。

たったそれだけのことです。

ここが火星だろうが、地球だろうが、ゲームの中だろうが、全ては自分の選択次第です。

そしてその選択に間違いも正解もありません。

ただただ自分の本当にやりたい選択ができているのかそれだけです。

超東京 凡(あら)ゆるモノ全て
オーバーフロウしてる此の街で
命も自我でさえも持て余せど
自由を疑う事に気づき始めてる
常識が擁護しようとも 心は秒読みしてる

この世界はどんどん変わっていきます。

10年前までの常識さえ通用しません。

ましてやパワハラ、セクハラそんなものが言葉になる時代です。

これからどんどん変化していきます。

常識と呼ばれる過去など無意味です。

未来を見続けるんです。

交差する宇宙
観測不可能な世界でさえ
飛び越えて
どの世界線でもぼくは探すよ
In the city of Tokyo
虚実綯い交ぜ(ないまぜ)の alternate dimension

世界は刻々と変化しています。

あらゆるものが次々に決まっています。

そしてあらゆるものがばらまかれています。

いろんな選択。

そこには良いものも悪いものもあるんです。

だからこそ面白く、だからこそう難しいんです。

でも、そこで僕らは戦っているんです。

増加する夢中
些末なバイアスで真実
曇らせないで
どんな時代でもぼくが見つけるよ
In the city of Tokyo
輻輳(ふくそう)してる alternate dimension

些末なとは、全く重要でない、ごく小さなことです。

バイアスとは偏りのことです。

いろんなことが起きているこの世の中では一つのことしか考えられない人は無視されてしまいます。

柔軟性が求められます。

頭を柔らかくして生きていきましょう。

GENERATIONS & THE RAMPAGE「Alternate Dimension」歌詞の意味(解釈)を考えた感想

この世界はもう平成、昭和の延長線上にはありません。

インターネットが生まれ、AIが開発されている世界では、もはや今までの人間の速度では考えられないほどの文明の発展が予想されます。

その中では、成長する人と全く成長しない人の2つに人間が分かれていきます。

なぜなら、世の中はどんどん便利になり、生活が簡単になっていくからです。

一方で努力する人は、その便利さを生かしてさらなる発展を目指していきます。

そんな中で僕らはどうして生きていけばいいんでしょうか。

別に何も考えなくても仕事だけやっていれば生きていけますよね。

だから時々自分を見失って、ときには傷ついてうつ病になります。

死にたくなったり、自殺する人が出てきます。

それはこの世界が単純で簡単だからこそ、難しいからです。

そんな中で僕らはどうやって生きていけば自由に楽しく生きられるんでしょうか。

大事なことは、自分がやりたいことをすることです。

そしてもう一つ大事なことは正しいと思えることをすることです。

一つ一つの選択を納得して行っていれば後で後悔しても胸を張ってそれを修正することができます。

重要なことは、その選択が周りの人にとっても正しい選択なのか考えることではないでしょうか。

私はGENERATIONS & THE RAMPAGE「Alternate Dimension」の歌詞の意味を考えてそんなことを感じました。