Ado「夜のピエロ」歌詞の意味(解釈)とは?ドラマ「初情事まであと1時間」主題歌

Ado

Adoの「夜のピエロ」は、ドラマ「初情事まであと1時間」主題歌です。

Adoの「夜のピエロ」はどのような曲なんでしょうか。

Adoの「夜のピエロ」の歌詞の意味を考えていきます。

Ado「夜のピエロ」歌詞

作詞・作曲:biz

街灯は消えてく 孤独な夜が誘う

騒がしい日々の眩しさに 今日を演じてる
憧れと好奇心 眩み 目は霞んでゆく

退屈な自分は 窮屈な日常は 忘れ去って
踊るナイトタウン

もう慢性的な不感症 未体験 街を抜け出そう
鏡とその面影 でも あどけなくて

サヨナラを告げた 自分を嘲笑った
これでいいんだ 止まった終電

いつか忘れてた この夢も
日々の幻想に消えてゆく

ネオンが夜を飲み干す 苦いだけの空き缶に
掃き溜めた劣等 冷たく胸を焦がす
独り孤独を吐いた

煌めく街の明かりは 色を変えて
蔑んでる 部屋にポツリ
虚ろな光は通り過ぎて 影となった
夜に沈む

夜明けは微かなメランコリー 朝が怖いんだ
蓋をする思考力 酔えず吐いたアルコール

理由もない不安が胸に押し寄せるんだ
溺れそうだ 足掻くだけの日々

使い捨てのような毎日に
ただ踊るだけのエキストラ

ネオンが夜を飲み干す 苦いだけの空き缶に
掃き溜めた劣等 冷たく胸を焦がす
独り孤独を吐いた

煌めく街の明かりは 色を変えて
蔑んでる 部屋にポツリ
虚ろな光は通り過ぎて 影となった
夜に沈む

笑い笑われるピエロ
街灯は消えて夜に沈む

Ado「夜のピエロ」歌詞の意味(解釈)とは?

Adoの「夜のピエロ」は、街で騒いでも何も解決しないよと伝えた曲です。

Adoの「夜のピエロ」は具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

Adoの「夜のピエロ」の歌詞の意味を考えていきます。

街灯は消えてく 孤独な夜が誘う

騒がしい日々の眩しさに 今日を演じてる
憧れと好奇心 眩み 目は霞んでゆく

自分が楽しそうに見えるのは偽りです。

本当は暗くて寂しがり屋です。

真っ暗になると悲しくなるんです。

でも本当はそれが本来の自分です。

退屈な自分は 窮屈な日常は 忘れ去って
踊るナイトタウン

本当は何もない自分。

街に出かけて賑やかさを味わって楽しくなります。

それが何なのか。

疑問に思ったんです。

もう慢性的な不感症 未体験 街を抜け出そう
鏡とその面影 でも あどけなくて

もう何も感じなくなってしまいました。

経験したことがない苦痛を感じているんでしょうか。

賑やかな場所に良過ぎたからでしょうか。

本当の自分はどこにいるんでしょう。

サヨナラを告げた 自分を嘲笑った
これでいいんだ 止まった終電

まだまだ街にいたい。

でも帰らなきゃならない。

なかなか帰ることができない。

なかなか変わることができない。

何故でしょう。

いつか忘れてた この夢も
日々の幻想に消えてゆく

本当にやりたいことがありました。

でも毎日騒がしく生きています。

目の前の仕事。

目の前の楽しさ。

そういう場所で本当の自分が逃げていくんです。

ネオンが夜を飲み干す 苦いだけの空き缶に
掃き溜めた劣等 冷たく胸を焦がす
独り孤独を吐いた

結局街で騒いでも寂しくなるだけでした。

そこで感じる楽しさはなんだか薄っぺらかったんです。

街に集まる人たちは皆悲しみを抱えています。

その心は冷え切り、熱いものがなくなっています。

煌めく街の明かりは 色を変えて
蔑んでる 部屋にポツリ
虚ろな光は通り過ぎて 影となった
夜に沈む

街で騒いだ後家で1人で座っています。

結局何も変わりません。

街で何がしたかったんでしょう。

孤独はいつまで経っても消えないんです。

夜明けは微かなメランコリー 朝が怖いんだ
蓋をする思考力 酔えず吐いたアルコール

メランコリーは憂鬱という意味です。

朝になると憂鬱な気分になります。

だから朝が嫌いです。

いろんなことを考えてしまうんです。

それが嫌なんです。

なぜならこれこそが現実だからです。

理由もない不安が胸に押し寄せるんだ
溺れそうだ 足掻くだけの日々

どうしたらいいかわかりません。

不安な日々が押し寄せてきます。

街で遊んでも何も解決しません。

ただ日々を生きるだけです。

使い捨てのような毎日に
ただ踊るだけのエキストラ

ただただ仕事をするだけです。

本当に楽しいのかわかりません。

だから街に出て楽しいことを探しにいくんです。

でも何もなくて。

ただそれの繰り返しです。

ネオンが夜を飲み干す 苦いだけの空き缶に
掃き溜めた劣等 冷たく胸を焦がす
独り孤独を吐いた

街に集まるのは結局孤独な人ばかりです。

人生に嫌気がさしています。

それを愚痴ったりするんでしょうか。

街に出て騒いでも何も変わりませんでした。

煌めく街の明かりは 色を変えて
蔑んでる 部屋にポツリ
虚ろな光は通り過ぎて 影となった
夜に沈む

街から帰ってきた私は結局孤独なままでした。

楽しかったあの時間を思い出して孤独を感じているんです。

結局寂しさは拭えません。

そういう夜を越えていきます。

笑い笑われるピエロ
街灯は消えて夜に沈む

私はただ寂しさを紛らわせて楽しくもないのに笑うピエロなんです。

これが正しいのかわかりません。

でもそれしかできないんです。

Ado「夜のピエロ」歌詞の意味(解釈)を考えた感想

Adoの「夜のピエロ」はめちゃくちゃ面白いですね。

街に出て騒ぐのはとてもいいことだと思います。

楽しくてワクワクします。

でもそこで騒いでも結局人生にはなんの影響もありません。

家に帰ってきて一人ぼっちで寂しさを味わうんです。

街で騒いでるときは楽しいかもしれませんが、それも一瞬の出来事です。

結局は何も変わっていないんです。

使い捨てのような毎日に
ただ踊るだけのエキストラ

毎日何をしたらいいかわらからずただ仕事をこなしています。

つまり毎日別にやりたくもない仕事をやっているんですね。

ドラマに出てくる不特定多数のエキストラと同じ人生を歩んでいます。

いつか忘れてた この夢も
日々の幻想に消えてゆく

本当にやりたいことはあるのに、日々のネオンと遊ぶ中で消えていきます。

これは街で騒ぐ人を皮肉っているように見えます。

結局そんなことをしてもなんの意味もないよと。

でもちゃんと楽しんでいる人もいると思います。

街で騒ぐことも重要なんです。

でもそれを重要にするためには、自分が本当にやりたいことをやることが前提です。

街で騒ぐのはストレスを発散するためです。

何もやることがないから行くところではないんですね。

何もやることがない人が街で騒いでも帰ってきたらまた寂しくなります。

まずは自分がやりたいことを見つけるんです。

そうしてそれに没頭して、打ち込んで疲れたら街に行くようにすればいいんです。

理由もない不安が胸に押し寄せるんだ
溺れそうだ 足掻くだけの日々

理由もない不安が胸を押し寄せるのは、本当にやりたいことをやっていないからです。

自分がどうすべきか分かっている人は不安になどなりません。

不安が怖いなら、たくさん本を読めばいいんです。

さまざまな不安の解決策は本の中で解かれています。

街で騒ぐ前に様々な知識を身につけ、やりたいことを見つけるんです。

それが不安を消し、新しい道を作ってくれます。

そうして夢を追いかけているうちに仲間が増え、応援してくれる人が増え、大切な人が生まれるんです。

Adoの「夜のピエロ」はそんなことを伝えてくれているんじゃないでしょうか。