ゆず「NATSUMONOGATARI」歌詞の意味(解釈)とは?なぜ石原さとみ?

ゆず

ゆずの「NATSUMONOGATARI」は、『桜木町』のアフターストーリーとして制作された楽曲です。

ゆずの「NATSUMONOGATARI」はどのような曲なんでしょうか。

ゆずの「NATSUMONOGATARI」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

ゆず「NATSUMONOGATARI」歌詞

作詞:北川悠仁
作曲:北川悠仁・蔦谷好位置

臨港パークから見えてる ベイブリッジの向こうに輝く
君と叶わなかった約束 何度も手を振るよ

レッドブリックはオレンジに 照らされ記憶を繋いでいく
タイムスリップしたみたい 鮮明に映し出す横顔

季節変わり今さら 想い出が何になるっていうのだろう
「帰ろう」「帰りたくない」でも通り過ぎてゆく 誰かにあの日重ねて

さよなら 夏のせいにしてた二人 振り返らず駆け出した未来
ハッピーエンドも永遠もいらないって気づいてた 魔法が解けること
初恋みたいに戸惑いながらも 触れ合うたび離れたくなくて
暮れてく空 切ない蝉しぐれ

夏物語二人語り いろはに想ゑど 行ったりきたり
泣きたくなるほど会いたくて
一二三(ヒフミ)数える四五六七夜(ヨイツムナヤ)

時を刻む 観覧車 音のない花火 信号待ちの交差点に一人
ここにあるんだ 並んで歩いてたリアル あり得ない 消せないよ

心変わり 今でも問いかける 君ならなんて言うのだろう
いつかの待ち合わせ場所にいるはずもない もう来ない最終電車も

「ありがとう」って迷わずに言えたら 何もなかった顔して会えたら
ラッキーカラーも星座も苦手な占いだって 信じてみるから
潮風の香りと君が混ざり 笑うたび下がるその目尻も
揺れる想い 願えば虚しくて

変わり続けてく 見慣れてた街並も
だけど今も目を閉じれば あの日の二人がそこにはいる

つないだ手を離した 辛かった 寄り添うその優しささえも
「いつもそばにいるよ」って両手広げてくれた 飛び込むこと出来たなら

さよなら 夏のせいにしてた二人 振り返らず駆け出した未来
ハッピーエンドも永遠もいらないって気づいてた 魔法が解けること
初恋みたいに戸惑いながらも 触れ合うたび離れたくなくて
暮れてく空 切ない蝉しぐれ

夏物語二人語り いろはに想ゑど 行ったりきたり
泣きたくなるほど会いたくて
一二三(ヒフミ)数える四五六七夜(ヨイツムナヤ)

臨港パークから見えてる ベイブリッジの向こうに輝く
君と叶わなかった約束 最後の手を振るよ

ゆず「NATSUMONOGATARI」歌詞の意味(解釈)とは?

ゆずの「NATSUMONOGATARI」は、君を忘れられない僕の物語です。

ゆずの「NATSUMONOGATARI」は具体的にどのような曲なんでしょうか。

ゆずの「NATSUMONOGATARI」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

臨港パークから見えてる ベイブリッジの向こうに輝く
君と叶わなかった約束 何度も手を振るよ

臨港パークはみなとみらいにある、パシフィコ横浜の公園です。

臨港パークからベイブリッジが見えます。

とても素敵な景色です。

2人で幸せな時を過ごしました。

2人だけの素敵な時間でした。

でももうそれは過去の出来事です。

レッドブリックはオレンジに 照らされ記憶を繋いでいく
タイムスリップしたみたい 鮮明に映し出す横顔

レッドブリックは横浜の赤レンガのことです。

赤レンガがオレンジ色になります。

おそらく夕焼けか朝日が差し込んでいる頃のことでしょう。

太陽は東から西に沈むため、これは朝日を指しているのかも知れません。

ただ普通はこういう時夕日を引用します。

風景は記憶を呼び覚まします。

その記憶は辛い記憶に変わったんでしょうか。

季節変わり今さら 想い出が何になるっていうのだろう
「帰ろう」「帰りたくない」でも通り過ぎてゆく 誰かにあの日重ねて

君との想い出がまだ心の中にあります。

僕はもっと一緒にいたいです。

でもその想いは一方通行。

君は相手をしてくれないから、違う人を求めるけれどしっくりきません。

もう心は君の形になってしまったから。

さよなら 夏のせいにしてた二人 振り返らず駆け出した未来
ハッピーエンドも永遠もいらないって気づいてた 魔法が解けること
初恋みたいに戸惑いながらも 触れ合うたび離れたくなくて
暮れてく空 切ない蝉しぐれ

蝉しぐれは蝉が一斉に泣き出すことです。

僕らは別れることになりました。

2人はまだ互いを愛しているんでしょうか。

触れ合うたびに離れたくないのは僕だけなんでしょうか。

それでももうこの日を最後にさよならしちゃいます。

夏物語二人語り いろはに想ゑど 行ったりきたり
泣きたくなるほど会いたくて
一二三(ヒフミ)数える四五六七夜(ヨイツムナヤ)

はじめはとても幸せでした。

こうなることを予想しませんでした。

1、2、3、4、5、6、7、8。

時が経ち、状況が変わりました。

変わったのは君の心と環境でした。

時を刻む 観覧車 音のない花火 信号待ちの交差点に一人
ここにあるんだ 並んで歩いてたリアル あり得ない 消せないよ

みなとみらいのコスモワールドにある観覧車が回ります。

時は確実に刻まれます。

あの時は2人でここにきました。

楽しくて時間が経つのが早かったです。

同じ場所に1人でいます。

それはとても寂しいものです。

君に会いたい、君との思い出を消したい。

でも消えないし消したくない。

心変わり 今でも問いかける 君ならなんて言うのだろう
いつかの待ち合わせ場所にいるはずもない もう来ない最終電車も

君がどこかからやってくるんじゃないかと期待します。

でもそれは僕だけなんです。

もう君はここにはいません。

今は決して会うことができないんです。

「ありがとう」って迷わずに言えたら 何もなかった顔して会えたら
ラッキーカラーも星座も苦手な占いだって 信じてみるから
潮風の香りと君が混ざり 笑うたび下がるその目尻も
揺れる想い 願えば虚しくて

どうして君に思うままを伝えられないのだろうか。

君の前では本当の自分を出せない。

好きだから、大好きだから、君がいなくなったから。

この状況を笑って修復したいのに、なぜかできない。

どうにかしたい。

どうにもできない。

いっそう忘れたほうが楽なのに、どうしても忘れることができません。

変わり続けてく 見慣れてた街並も
だけど今も目を閉じれば あの日の二人がそこにはいる

時間が経ち、歩く人も街並みにも変わっていきます。

それでも僕はずっと君を忘れられずにいます。

どうして思い出すんでしょう。

それほど君を愛していたんです。

つないだ手を離した 辛かった 寄り添うその優しささえも
「いつもそばにいるよ」って両手広げてくれた 飛び込むこと出来たなら

最後の日、あの手が離れたあの日。

あの日の前まで戻りたい。

何もなかった僕たちに戻れるならどんなに幸せか。

あの頃の君と一緒に過ごしたい。

あの頃をもう一度生きたいんです。

さよなら 夏のせいにしてた二人 振り返らず駆け出した未来
ハッピーエンドも永遠もいらないって気づいてた 魔法が解けること
初恋みたいに戸惑いながらも 触れ合うたび離れたくなくて
暮れてく空 切ない蝉しぐれ

出会った時は考えませんでした。

でもいつか別れる日が来ることは知っていました。

これから何が起きるのでしょう。

まだ僕は君を愛しています。

戻りたいけど戻れない。

今は君を恋しく思うことしかできません。

夏物語二人語り いろはに想ゑど 行ったりきたり
泣きたくなるほど会いたくて
一二三(ヒフミ)数える四五六七夜(ヨイツムナヤ)

時間だけが過ぎていきます。

もうあなたを取り戻すことはできません。

あの日に戻りたい。

時間を巻き戻したい。

臨港パークから見えてる ベイブリッジの向こうに輝く
君と叶わなかった約束 最後の手を振るよ

僕は何度も臨港パークに来ています。

君とよく来た場所です。

幸せでした。

また一緒に来たいです。

でももう来ない。

もう忘れます。

忘れるんです。

ゆず「NATSUMONOGATARI」ジャケット写真に石原さとみの意味(解釈)とは?

ゆずの「NATSUMONOGATARI」のジャケット写真には石原さとみさんの顔が使用されています。

ゆずの切ない曲の代表といえば、桜木町。

桜木町はみなとみらいのすぐ近くです。

桜木町は2004年発売の20thシングル。

あれから20年近く経ち、桜木町にはロープウェイができました。

共に切ない2つの歌を繋ぐのは石原さとみさんだったんです。

ゆずの「NATSUMONOGATARI」は「桜木町」なしでは語れない曲なんですね。