L’Arc〜en〜Ciel「ミライ」歌詞の意味(解釈)とは?『BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)』オープニングテーマソング

L'Arc〜en〜Ciel

L’Arc〜en〜Cielの「ミライ」は、PC向けオンラインRPGの『BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)』オープニングテーマソングです。

L’Arc〜en〜Cielの「ミライ」はどのような曲なんでしょうか。

L’Arc〜en〜Cielの「ミライ」の」歌詞の意味を考えていきます。

L’Arc〜en〜Ciel「ミライ」歌詞

作詞・作曲:hyde

ねぇずっと響いてる 大切なメロディー
血のように僕らの身体を巡っている
見えなくても 触れなくても ここにある

夜空へと向かい 炎の矢を放て
闇は燃やして朝を呼ぼう
声を集めたら 重なり合うハーモニー
鼓動よ響け 時空越えて
届けよう ミライへ

地図も道も何も無くても
乗り越えた不安で自信ある一歩へ

未来は何時も 僕は知ってる
手を伸ばせ

夜空へと向かい 炎の矢を放て
闇は燃やして朝を呼ぼう
響き合う魔法に 心灯して
満天の星が見守っている
孤独じゃないんだ

真っ暗な世界で 揃った声を糧に
進めないと思ってた その先へ
あの向こう側へ

今虹がかかり ひとつに繋がる
君は頬をつねって夢じゃない
無数の願いに 星座が現れ
想像する奇跡 狙いを定めて
撃ち放つ ミライへ

ミライ
ミライ

L’Arc〜en〜Ciel「ミライ」歌詞の意味(解釈)とは?

L’Arc〜en〜Cielの「ミライ」は、奇跡を信じ新しい未来を描こうと伝えた曲です。

L’Arc〜en〜Cielの「ミライ」は、具体的にどのような曲なんでしょうか。

L’Arc〜en〜Cielの「ミライ」の歌詞の意味を考えていきます。

ねぇずっと響いてる 大切なメロディー
血のように僕らの身体を巡っている
見えなくても 触れなくても ここにある

大切なことが心に残っています。

楽しかった思い出、辛かったこと、共に生きたこと。

ずっと僕らの音楽が流れているんです。

素晴らしい音楽、かけがえのない音楽。

今がどんな状況であっても、ここにはあの頃のままのメロディが流れています。

夜空へと向かい 炎の矢を放て
闇は燃やして朝を呼ぼう
声を集めたら 重なり合うハーモニー
鼓動よ響け 時空越えて
届けよう ミライへ

もう一度みんなで未来を描きます。

暗い過去、暗い未来をこの心で燃やしていくんです。

そうして明るい未来を作っていくんです。

さあ。

地図も道も何も無くても
乗り越えた不安で自信ある一歩へ

未来は何時も 僕は知ってる
手を伸ばせ

どうしたらいいかわかりません。

何もわからないんです。

でも次々に起きることに対処する術は持っています。

それを乗り越えて未来を確かな自信あるものに変えていくんです。

未来は確実にそこにあります。

どんな未来でも確実に時は流れていくんです。

そこに生きるのは前向きな僕なんです。

手を伸ばしましょう。

どんな未来でも明るくできるはずです。

夜空へと向かい 炎の矢を放て
闇は燃やして朝を呼ぼう
響き合う魔法に 心灯して
満天の星が見守っている
孤独じゃないんだ

暗い未来が待ち受けているかも知れません。

でも心に光を灯せば夜は開け朝がやってきます。

憎み合っていたとしてもそこに心があるなら魔法が生まれます。

一人じゃできないことがあるんです。

一人では奏でられないメロディがあります。

そこに仲間がいればもう一人じゃないんです。

真っ暗な世界で 揃った声を糧に
進めないと思ってた その先へ
あの向こう側へ

もう無理だと思っていました。

でもまだやりたいという意思があるんです。

僕らはやってこれたんです。

まだまだやれるはずです。

それを乗り越えた時、もっと大切な何かを伝えられるんじゃないでしょうか。

今虹がかかり ひとつに繋がる
君は頬をつねって夢じゃない
無数の願いに 星座が現れ
想像する奇跡 狙いを定めて
撃ち放つ ミライへ

ミライ
ミライ

今奇跡が起きています。

今もう一度、力を合わせる時がきたんです。

夢ではありません。

これはずっと望んでいたことなんです。

やって欲しい。

もう一度やって欲しい。

そんな願いが新しい光を導いたんです。

もう一度未来を築きましょう。

ミライ。

新しいミライを。

L’Arc〜en〜Ciel「ミライ」歌詞の意味(解釈)を考えた感想

ラルクファンとしては待望の4年半ぶりのシングルとなりました。

その曲のタイトルは「ミライ」。

でも作詞・作曲がhydeさんでした。

歌詞を考察したら、そこには確かにラルクの世界がありました。

でもファンとしてはやっぱりkenさんtetsuyaさんyukihiroさんの新曲も聴きたい。

そんな思いでいっぱいです。

もう一度やり直してくれるんでしょうか。

正直どんなことが起きているのかわかりません。

でもQUEENの映画『ボヘミアン・ラプソディ』のようなことが起きているとしたら、今もう一度始める意思を持ったのだとしたら、日本の音楽シーンのトップに返り咲いてほしいと思います。

ラルクの音楽は特別なパワーを持っています。

他のアーティストには奏でられない魔力を持っているんです。

それはどんな人にも立ち入られない聖域です。

どうかもう一度その領域へ。

音楽業界の現実

正直今の音楽業界はとてもレベルが高いです。

ミスチルだって手出しできないほどの個性が火花を散らしています。

ヒゲダン、米津玄師、宇多田ヒカル、ワンオク、Mrs. GREEN APPLE、YOASOBI、yama、Ado、セカオワ。

その歌唱力も普通じゃありません。

そんな中で過去の栄光に縋るラルクはもはや過去の産物です。

そう思う人もいるんじゃないかと思います。

でもこの厳しい中で、Apple Musicの1位を勝ち取りました。

僕は応援したいです。

L’Arc〜en〜Cielという魔力をもう一度世の中で咲かせて欲しいです。

『BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)』とは?

PCPC向け オンラインアクション RPGゲームです。

バンダイナムコオンライン社とバンダイナムコスタジオによる、2社共同プロジェクトとして開発中のタイトルで、共同プロジェクト『PROJECT SKY BLUE』の中核を成すコンテンツとしてリリース予定です。

劇場アニメに入り込んだような倒的なグラフィックの世界と、オンラインゲームの特性を活かしたマルチプレイアクションを突き詰めたゲーム性を融合したオリジナルとなる新作オンラインアクションRPGです。

情報が少ないので、わかり次第更新します。

ちょっとかなり面白そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です