三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「100 SEASONS」歌詞の意味(解釈)とは?

三代目 J Soul Brothers

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「100 SEASONS」は、日常がテーマになっている曲です。

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「100 SEASONS」は、どのような曲なんでしょうか。

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「100 SEASONS」の歌詞の意味を考えていきます。

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「100 SEASONS」歌詞

作詞:YVES&ADAMS
作曲:SKY BEATZ・J FAITH・RICO GREENE

君と歩いてく… Oh yeah

あともう少しだけ 夢の中にいたいような Morning
寝落ちした Weekend ソファの裏でアラームが Calling
降り続いた雨も上がり 動き出した世界に
君からのメッセージ 指先で小さく贈るハート

待ち合わせた 明日までは遠いけど
愛しさ募らせて 会えるから

ありふれた Sunday, Monday… Ordinary days 晴れ渡っていく
君と並んで Birthday, Summer holidays… どんな季節も
そばにいて 心に触れていたいから
君と笑って泣いて過ごす Everyday 掛けがえない 100 SEASONS

この手を離さないで
君と歩いてく 100 SEASONS

”いま何してるの?” 既読もつけずに Taxi の Back seat
いつも急だけど 呼び出せるフランクな距離が恋しい
好きな服を着て 流行りの歌で朝まで騒いだ
あの日々を Throwback 笑顔だけ切り取った Photograph

優しさが 充電されるように
この時が 強さに変わるよ

ありふれた Sunday, Monday… Ordinary days 晴れ渡っていく
君と並んで Birthday, Summer holidays… どんな季節も
そばにいて 心に触れていたいから
君と笑って泣いて過ごす Everyday 掛けがえない 100 SEASONS

永遠など 無いことを知った
たくさんの当たり前に A grateful day
またこの場所から 星が見えるまで
何度でも空を見上げよう

ありふれた Sunday, Monday… Ordinary days 晴れ渡っていく
楽しみな Halloween, Christmas そして New year… どんな季節も
そばにいて 心に触れていたいから
君と笑って泣いて過ごす Everyday 掛けがえない 100 SEASONS

この手を離さないで
君と歩いてく 100 SEASONS

もう一度未来描いて
君と歩いてく 100 SEASONS

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「100 SEASONS」歌詞の意味(解釈)とは?

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「100 SEASONS」は、全ては永遠ではないから今を大切に生きようと伝えた曲です。

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「100 SEASONS」は、具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「100 SEASONS」の歌詞の意味を考えていきます。

君と歩いてく… Oh yeah

あともう少しだけ 夢の中にいたいような Morning
寝落ちした Weekend ソファの裏でアラームが Calling
降り続いた雨も上がり 動き出した世界に
君からのメッセージ 指先で小さく贈るハート

とても素敵な時間。

そんな素敵な時間に君からメッセージが着て、さらに心が踊ります。

なんだか素敵なことが起きそうな予感がするんです。

待ち合わせた 明日までは遠いけど
愛しさ募らせて 会えるから

ありふれた Sunday, Monday… Ordinary days 晴れ渡っていく
君と並んで Birthday, Summer holidays… どんな季節も
そばにいて 心に触れていたいから
君と笑って泣いて過ごす Everyday 掛けがえない 100 SEASONS

君とずっと一緒にいたい。

普通の日も、特別な日も君の心に触れていたい。

君を感じていたいんです。

君といることがとても幸せなんです。

会えない時も君のことを考えています。

会える日ことを知っているからとても嬉しいんです。

この手を離さないで
君と歩いてく 100 SEASONS

”いま何してるの?” 既読もつけずに Taxi の Back seat
いつも急だけど 呼び出せるフランクな距離が恋しい
好きな服を着て 流行りの歌で朝まで騒いだ
あの日々を Throwback 笑顔だけ切り取った Photograph

Throwbackは懐かしいという意味です。

いつも君のことを考えていました。

会いたい時に会える関係。

二人で気の向くままに過ごしたんです。

そんな日々を愛おしく感じています。

優しさが 充電されるように
この時が 強さに変わるよ

君といるだけで、全てが洗い流されていきます。

君といるだけで世界が変わるんです。

君といるだけで、明日を頑張れるんです。

ありふれた Sunday, Monday… Ordinary days 晴れ渡っていく
君と並んで Birthday, Summer holidays… どんな季節も
そばにいて 心に触れていたいから
君と笑って泣いて過ごす Everyday 掛けがえない 100 SEASONS

君とならどんな日も美しくなります。

普通の日も色づいていくんです。

君と一緒にいたい。

いつまでもどんな時も。

永遠など 無いことを知った
たくさんの当たり前に A grateful day
またこの場所から 星が見えるまで
何度でも空を見上げよう

君との日々が永遠に続くと思っていました。

でも君に出会えたその日はかけがえのない日だったことを知りました。

君に会える日が続いていたとしてもそれは、一瞬に過ぎません。

幸せな日々は急になくなってしまいます。

またいつか笑える日を願っています。

ありふれた Sunday, Monday… Ordinary days 晴れ渡っていく
楽しみな Halloween, Christmas そして New year… どんな季節も
そばにいて 心に触れていたいから
君と笑って泣いて過ごす Everyday 掛けがえない 100 SEASONS

君とずっと一緒にいたいです。

この幸せな時間を永遠に続くと思っていた。

君とこの先もずっと歩いていきたい。

この手を離さないで
君と歩いてく 100 SEASONS

もう一度未来描いて
君と歩いてく 100 SEASONS

君と歩いていく。

そう言えば言うほど、それが難しいことなんじゃないかと思ってしまいます。

だからこそ、君と歩いていく、そう言っているんじゃないでしょうか。

100SEASONS

ずっと永遠に。

でも永遠なんてないんだ。

君は永遠という言葉を考えてしまう大切な存在なんだ。

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「100 SEASONS」MVの意味(解釈)とは?

いろんなことが思い出に変わっていきます。

時は流れ、時間は進んでいきます。

楽しかった思い出も、辛かったことも、全部過去のものになります。

楽しい時間はかけがえのない時間。

いつも今この瞬間が大切な過去になります。

だからこそ、今この瞬間を大切に生きるんです。

全てが思い出になる前に。

今この時を大切に。