SEKAI NO OWARI「バードマン」歌詞の意味(解釈)とは?『めざまし8』(フジテレビ系)テーマソング

SEKAI NO OWARI

SEKAI NO OWARIの「バードマン」は、『めざまし8』(フジテレビ系)のテーマソングです。

SEKAI NO OWARIの「バードマン」はどのような曲なんでしょうか。

SEKAI NO OWARIの「バードマン」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

SEKAI NO OWARI「バードマン」歌詞

作詞:Saori・Fukase
作曲:Nakajin・David Sneddon・Kasper Larsen

おはよう Early bird
飛べない鳥の名前が
こんな僕の
始まりによく似合うな

電線に止まった鳥たちは今
五線譜の上の
音符みたいに空を駆ける

一方この僕が 得するのは三文
羽のない背中
丸めて溜め息吐いた

分かってる そう言いたくなる
無人のベンチで

おはよう Early Bird
頑張れたらそうしたいよ
こんな所で 道草食ってるけど

何で 今
容赦もなく
始まった今日は
こんなに眩しいんだ

ただ上手くいかない その時感じる
甘えてるとか怠けてるなんて匿名の視線

そんなの誰だって 望んでないし
どっちか選べるなら空飛べる方になりたい

分かってる そう言いたくなる
無人のベンチで

おはよう Early bird
頑張れたらそうしたいよ
こんな所で 燻ってばっかだけど

何で今
容赦もなく
始まった今日は
こんなに眩しいんだ

今日も何も出来ない
そんな日がまた終わっていく
でもきっと 明日は ああ

Early bird
最悪だった昨日も
あんな酷い 想いをしたあの日も

きっと今日の
為だったんだと
言える準備は
いつでもしておくから

おはよう Early bird
何も寝てた訳じゃないさ
どんな日々も 何とか繋げてきたから

きっと今
容赦もなく
始まった今日が
こんなに愛しいんだ
こんなに眩しいんだ
こんなに愛しいんだ

SEKAI NO OWARI「バードマン」歌詞の意味(解釈)とは?

SEKAI NO OWARIの「バードマン」は、全力で生きる人は全力で休むんだと伝えた曲です。

SEKAI NO OWARIの「バードマン」は具体的にどんな曲なんでしょうか。

SEKAI NO OWARIの「バードマン」の歌詞の意味を考えていきます。

おはよう Early bird
飛べない鳥の名前が
こんな僕の
始まりによく似合うな

Early birdとは、早起きの人、(会などに)定刻より前に来る人のことです。

鳥の名前ではないようです。

僕は早く起きました。

それまで寝ていたのかわかりませんが、これは一体どういう意味なのでしょうか。

これから物語が始まります。

電線に止まった鳥たちは今
五線譜の上の
音符みたいに空を駆ける

鳥たちは音楽を奏でるように空を飛び立っています。

美しい朝を綺麗な鳴き声で色づかせるんです。

一方この僕が 得するのは三文
羽のない背中
丸めて溜め息吐いた

鳥たちは自由に空を飛び回ります。

行きたい空を自由に飛び回れるんです。

空から人間たちを見下ろすと、高い建物から見た時のように全ておもちゃのように見えるのかもしれません。

実際僕は今腑抜けの如く、その体を使い果たしたんです。

分かってる そう言いたくなる
無人のベンチで

僕は無駄な時間を過ごしていました。

一人、公園かどこかのベンチでため息をついて。

わかっています。

頑張らないといけないこと。

軽快に走り出さないといけないことを。

おはよう Early Bird
頑張れたらそうしたいよ
こんな所で 道草食ってるけど

早起きでいつも元気そうな人が走っています。

僕も本当ならそんなふうに元気に1日をスタートしたいんです。

でも今日はなんかそんな気分ではありません。

自分でも頑張りたいってそう思っているのに、なぜかできないんです。

何で 今
容赦もなく
始まった今日は
こんなに眩しいんだ

辛くて悲しい昨日だったとしてもまた眩しくて綺麗な今日が始まります。

なんの準備もしていなかった今日が、まだ昨日のままの今日が僕を襲ってくるんです。

でもその今日はとても美しいんです。

ただ上手くいかない その時感じる
甘えてるとか怠けてるなんて匿名の視線

何もしていないわけじゃありません。

僕は僕なりに頑張っています。

でもなぜだが思うようにできません。

そんな時があるんです。

多くの人に知られてしまった自分。

歩みを止めたらみんなが心配してくれます。

心配するだけじゃなく、サボってるんだと言われたり、言われていると感じたり。

本当は僕だって頑張りたいのに。

そんなの誰だって 望んでないし
どっちか選べるなら空飛べる方になりたい

頑張らなきゃいけないことは知っています。

誰だって元気に楽しく生きたいんです。

でも今はそれができないんです。

誰だって批判なんて望みません。

誰だって仲良く過ごしたいんです。

分かってる そう言いたくなる
無人のベンチで

そんなことは十分わかっています。

頑張らないといけないことくらいわかってるんです。

でも今日はなんだかそれができないんです。

おはよう Early bird
頑張れたらそうしたいよ
こんな所で 燻ってばっかだけど

本当は僕もあの人と同じように元気に活動したいんです。

でも今日はひどく落ち込んでしまっています。

何で今
容赦もなく
始まった今日は
こんなに眩しいんだ

それでも朝はやってきます。
眩しくて、綺麗で輝いた朝がやってきたんです。
美しい朝のイメージ画像

今日も何も出来ない
そんな日がまた終わっていく
でもきっと 明日は ああ

たとえ今日が何にもしない日だったとしても、また明日もそうとは限りません。

眩しい朝は毎日やってきます。

少し休んでもなんでもないです。

昨日休んでも、今日頑張ったなら帳消しです。

Early bird
最悪だった昨日も
あんな酷い 想いをしたあの日も

きっと今日の
為だったんだと
言える準備は
いつでもしておくから

たとえどんなに苦しい日だとしても、その苦しい日の最善を尽くしましょう。

苦しい中でもがいて、少しでも頑張って歩いていたら、回復した時よくやったと褒めることができます。

またいつか笑える日が必ずやってきます。

それまでどんな状況でもできる限りの努力をするんです。

おはよう Early bird
何も寝てた訳じゃないさ
どんな日々も 何とか繋げてきたから

今日もしも何もできなくて寝ていただけだとしても、それは僕が頑張るために頑張って寝ていたんだということです。

僕は明日のために一生懸命休憩します。

毎日を本気で生きるんです。

時には本気で休憩すれば良いんです。

きっと今
容赦もなく
始まった今日が
こんなに愛しいんだ
こんなに眩しいんだ
こんなに愛しいんだ

毎日をちゃんと、頑張って休憩もしながら生きていたら、この朝を、この美しい朝を体中で感じることができます。

綺麗で美しい毎日の始まりを、今日も生き抜くんです。

また始まります。

今日という美しい日が!

SEKAI NO OWARI「バードマン」タイトルの意味(解釈)とは?

created by Rinker
¥250 (2021/09/28 13:34:29時点 Amazon調べ-詳細)

SEKAI NO OWARIの「バードマン」。

それはどんな意味なんでしょうか。

SEKAI NO OWARIの「バードマン」の中に出てくる鳥は電線から空に飛び立った時音楽を奏でると言っています。

そして丸めた背中でため息をついた僕と対比されています。

バードマンとはそんな対比されたEarly Bird(早起きの人)のことを指しているんじゃないでしょうか。

いつも元気に早起きできる人。

でもそれは背中を丸めため息をついた僕のことでもあります。

僕だって必死で生きています。

必死で生きているからため息をついてしまうんです。

ため息は頑張って生きている証拠です。

バードマン、それは毎日を一生懸命生きている人のことを指しているじゃないでしょうか。

SEKAI NO OWARI「バードマン」歌詞の意味(解釈)を考えた感想

時々苦しくて何にもできない日があります。

1日中寝てしまって体が全然動かなくて。

「何をやってたんだ」って思うことがあるんです。

でもそれは何かやりたいけれどできなかっただけで、サボっていたわけではないんです。

次の日のための充電期間かもしれません。

どんな状況だとしても毎日を頑張って生きていたら、時に休んでしまっても良いんです。

それは必死で生きるための必死の休息なんです。

頑張れる人を羨む必要はありません。

今は頑張って休めば良いんです。

毎日美しい朝は定刻通りにやってきます。

明けない夜はありません。

美しい朝に今日も出会えたら、また美しい1日をスタートさせれば良いんです。