清水翔太「恋唄」歌詞の意味(解釈)とは?〜失恋の悲しい経験〜

清水翔太

清水翔太さんの「恋唄」は、2020年11月リリースのMini Album『period』以来半年ぶりの新曲です。

清水翔太さんの「恋唄」はどのような曲なんでしょうか。

清水翔太さんの「恋唄」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

清水翔太「恋唄」歌詞

作詞・作曲:清水翔太

君をわかりたくて わかりたくて
背伸びした分だけ ちゃんと苦しかった

それでも好きだった 好きすぎた
例えこうなる事、わかってても

いつも優しくて眩しかった
君を見て僕も少しは変われたんだ
爪を噛む癖や夜更かしも
出会う前より減ったかな

近くて遠い恋でした
今はただ遠いだけ

もう君を愛せないんだ
もう君に愛してもらえないんだ
なのにさ僕の気持ちはまだ
何ひとつ変わってない
味のしない朝食を さっと済ませて
仕事に行かなきゃだよ

こわいものなんて何もなくて
「君が居る」それが心の拠り所
君を失ってこんなにも
弱い自分に気づいたんだ

時に君が怒るとき
それは僕が嘘ついたとき

もう悩む事もないんだ
もう君は困らせてくれないんだ
なのにさひとりぼっちで居るとこんなにも
何故かくだらないものに 見えてしまうよ
楽しかった事 全部

結局は君を
救えなかった気がしてるよ
僕が弱すぎたね
せめて優しい誰かと居て。

もう君を愛せないんだ
もう君に愛してもらえないんだ
なのにさ僕の気持ちはまだ
何ひとつ変わってない
お互いの夢の為か そもそも全部か
わからないけれど bye-bye

清水翔太「恋唄」歌詞の意味(解釈)とは?

清水翔太さんの「恋唄」は、失恋した人の気持ちを綴った曲です。

清水翔太さんの「恋唄」は、具体的にどのような曲なんでしょうか。

清水翔太さんの「恋唄」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

君をわかりたくて わかりたくて
背伸びした分だけ ちゃんと苦しかった

それでも好きだった 好きすぎた
例えこうなる事、わかってても

君と一緒にいたくて僕は無理をしていました。

今別れてしまうことになったけれど、後悔していません。

とても幸せだったんです。

良い関係にはなれなかったけれど、本当の自分じゃなかったけれど、楽しかったんです。

今は少し休むんです。

いつも優しくて眩しかった
君を見て僕も少しは変われたんだ
爪を噛む癖や夜更かしも
出会う前より減ったかな

僕は君に好かれたくて、君に相応しい人になりたくて、いつもはしない努力をしました。

大変だったけど、成長できた気がします。

僕が頑張れたのは君がそばにいてくれたからです。

近くて遠い恋でした
今はただ遠いだけ

でも頑張っていた本当の僕じゃない僕の恋はとても大変でした。

辛くて楽しくて、苦しくて。

それでも君がそばにいてくれたから今までやってこれました。

でも今はもう君がいない。

もう君を愛せないんだ
もう君に愛してもらえないんだ
なのにさ僕の気持ちはまだ
何ひとつ変わってない
味のしない朝食を さっと済ませて
仕事に行かなきゃだよ

君は僕から離れていきました。

でも僕はまだ君のことが大好きです。

ここ最近とても辛い状況が続いている。

悲しいから本当は仕事どころじゃないのに、日常を作らないといけない。

辛いのに、何もないふりをしないといけない。

君はどうしているんだろうか。

こわいものなんて何もなくて
「君が居る」それが心の拠り所
君を失ってこんなにも
弱い自分に気づいたんだ

君がいたからいろんなことができました。

君がいたから世界が美しかったんです。

君を失った今、とても辛い状況が続いています。

僕は一人では生きていけなくなっていたんです。

悲しい日々が続いています。

時に君が怒るとき
それは僕が嘘ついたとき

もう悩む事もないんだ
もう君は困らせてくれないんだ
なのにさひとりぼっちで居るとこんなにも
何故かくだらないものに 見えてしまうよ
楽しかった事 全部

君がいた時、それはそれで大変なこともたくさんありました。

君と喧嘩をした時もありました。

でもそれは賑やかな辛さだったんです。

今は静かで悲しい辛さが襲ってきます。

あの時君と見た景色は、嘘だったんでしょうか。

本当の君に会いたいんです。

結局は君を
救えなかった気がしてるよ
僕が弱すぎたね
せめて優しい誰かと居て。

僕は君を救うことができませんでした。

僕には君は釣り合わなかったんです。

背伸びしても追いつけなかった。

努力では解決しない溝があったんです。

僕じゃない誰かと幸せであって欲しい。

僕は君を応援しています。

今でも君を愛しているんです。

もう君を愛せないんだ
もう君に愛してもらえないんだ
なのにさ僕の気持ちはまだ
何ひとつ変わってない
お互いの夢の為か そもそも全部か
わからないけれど bye-bye

僕はまだ君を大好きだけど、僕らのために離れることにしました。

その方がいいんです。

今までのことは嘘みたいで、悲しいけれど、今はもうさよならを言うしかできません。

大好きでした。

この気持ちをどうしたらいいかわかりません。

だから唄にしました。

清水翔太「恋唄」MVの意味(解釈)とは?

君がいなくなった日々の中でも、日常を暮らしています。

君はもうそこにいないけれど、僕は一人で生きています。

この一人の生活を今は噛み締めています。

辛い状況を噛み締めています。

僕は一人でこの日々を過ごしています。

君がいない日々を過ごしています。

君はもう帰ってこない。

君との日々を思い出しながら、ただ君がいない日々を過ごします。

世界が変わった気がしました。

世界が全然違う色を見せています。

それを一人で感じています。

それでも自然は綺麗で、木漏れ日は僕を照らしてくれます。

そんな優しさも今は僕を孤独に変えてしまいます。

今、僕は君が置いていったワンちゃんと二人で暮らしています。

清水翔太「恋唄」歌詞の意味(解釈)を考えた感想

私は2019年10月頃に3年ほど付き合っていた人と別れました。

その人は海外に行ってしまったので、あれから会ったのは2019年の年末だけです。

それからも連絡は取り合っていますが、もう会うことはできません。

これから先、会うこともあるかもしれませんが、一緒にいた頃のように毎日会うことはできないんです。

2021年5月現在、私の心は完全に癒されています。

辛かった2年間は過去のものになりました。

特に2020年のコロナ禍は一人ぼっちでとても辛い状況でした。

寂しくて苦しくて、張り裂けそうでした。

2020年の年末年始は一人で過ごしました。

死にたいと思う日もありました。

でも時が経てば、一人でも大丈夫だと思える日が必ずやってきます。

辛い状況は長く続きます。

でもその先には必ず明るい未来があります。

失ったものは大きかったけれど、その穴には新しいものがたくさん埋まっていきます。

今までできなかったことがたくさんできるようになります。

今まで出会うはずがなかった人とも出会うことができます。

考え方も変えることができました。

それはとても大きな成長につながるんです。

たとえまた誰かと結ばれたとしても、また別れる日がやってくるんでしょう。

でもこうやって乗り越えることができたんだから、次に辛い状況がきたとしてもまた乗り越えることができるでしょう。

失恋は辛いものです。

でもその先にもきっと明るい未来が待っているんです。

だから今を耐えていきましょう!