Mr.Children「Brand new planet」歌詞の意味(解釈)とは?ドラマ『姉ちゃんの恋人』主題歌

Mr.Children

Mr.Childrenの「Brand new planet」は、ドラマ『姉ちゃんの恋人』の主題歌です。

Mr.Childrenの「Brand new planet」はどのような曲なんでしょうか。

Mr.Childrenの「Brand new planet」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

Mr.Children「Brand new planet」歌詞

作詞・作曲:桜井和寿

立ち止まったら そこで何か
終わってしまうって走り続けた
でも歩道橋の上 きらめく星々は
宇宙の大きさでそれを笑っていた

静かに葬ろうとした
憧れを解放したい
消えかけの可能星を見つけに行こう
何処かでまた迷うだろう
でも今なら遅くはない
新しい「欲しい」まで もうすぐ

ねぇ 見えるかな?
点滅してる灯りは離陸する飛行機
いろんな人の命を乗せて
夢を乗せて 明日を乗せて

「遠い町で暮らしたら
違う僕に会えるかな?」
頭を掠める現実逃避
さぁ 叫べ Les Paul よ
いじけた思考を砕け
新しい「欲しい」まで もうすぐ

さようならを告げる詩
この世に捧げながら
絡みつく憂鬱にキスをしよう
何処かできっと待ってる
その惑星(ほし)が僕を待ってる

この手で飼い殺した
憧れを解放したい
消えかけの可能星を見つけに行こう
何処かでまた迷うだろう
でも今なら遅くはない
新しい「欲しい」まで もうすぐ
新しい「欲しい」まで もうすぐ

Mr.Children「Brand new planet」歌詞の意味(解釈)とは?

Mr.Childrenの「Brand new planet」は、たとえ辛いことがあって、動き出すことができなくなってもまたやり直すことができると伝えた曲です。

Mr.Childrenの「Brand new planet」は、具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

Mr.Childrenの「Brand new planet」の歌詞の意味を考えていきます。

立ち止まったら そこで何か
終わってしまうって走り続けた
でも歩道橋の上 きらめく星々は
宇宙の大きさでそれを笑っていた

何かをやりたい、何かを達成したい。

でも自分のやる気を砕くものはそこら中にあり、いつも僕らはそれらと戦っています。

負けないように立ち止まらないように続けようと頑張っているんです。

でもそうもがいていることこそ、とてもちっぽけなことなんです。

焦らなくてもいい。

止まってしまってもいい。

たとえ止まってしまったとしても、また動き出せばいい。

そんなことを伝えています。

静かに葬ろうとした
憧れを解放したい
消えかけの可能星を見つけに行こう
何処かでまた迷うだろう
でも今なら遅くはない
新しい「欲しい」まで もうすぐ

希望を失っていました。

やる気を完全になくしていました。

今はただ生きるだけで精一杯。

何かにチャレンジすることなんでできなくなっていました。

でもまた歩き出すことができるようになりました。

また少しずつチャレンジできるようになったんです。

また壁にぶつかることがあるでしょう。

また苦しくなることがあるんです。

でもやればいいんです。

今できるようになったんだったら、怖がらずに前に進みましょう!

ねぇ 見えるかな?
点滅してる灯りは離陸する飛行機
いろんな人の命を乗せて
夢を乗せて 明日を乗せて

飛行機というものは落ちてしまったら、大惨事です。

多くの人の命を奪うことになるかもしれません。

でもその飛行機というのは、正常に稼働できれば多くの人の時間を短縮できます。

行けなかった場所へ連れていくこともできるんです。

そのためにあらゆる努力とアイデアが飛行機には注がれています。

どうしたら安全に彼らの夢と希望を運ぶことができるのか。

飛行機を作ることこそ希望だったんです。

飛行機

今まで幾度の失敗を重ねてきました。

事故だって何回も起きているんです。

でも今日も飛んでいくんです。

怖ふがらずに、ただ前だけを見て。

「遠い町で暮らしたら
違う僕に会えるかな?」
頭を掠める現実逃避
さぁ 叫べ Les Paul よ
いじけた思考を砕け
新しい「欲しい」まで もうすぐ

Les Paulは、アメリカのギタリストでかつ発明家です。

音楽系の発明を行ないました。

逃げていてはいけません。

困難な状況に立ち向かうんです。

逃げていた明日を回復した強い自分で越えていくんです。

また失敗するかもしれません。

また落ち込んでしまうかもしれません。

でもまた立ち上がることができます。

やりたいと思ったことがあるんならやってみればいいんです。

さようならを告げる詩
この世に捧げながら
絡みつく憂鬱にキスをしよう
何処かできっと待ってる
その惑星(ほし)が僕を待ってる

別れや辛いことはいくらでもあります。

でもそんなものも愛せるようになったら、僕らは綺麗になれます。

どんなに頑張っても幸せになれない。
どんなに頑張っても恋人ができない。
そうやって嘆いていたとしても、思いはただ1ついつか僕を待つものがあると信じることです。

悩んでいても仕方がありません。

どんなに断られようとも、次の一歩を踏み出すんです。

この手で飼い殺した
憧れを解放したい
消えかけの可能星を見つけに行こう
何処かでまた迷うだろう
でも今なら遅くはない
新しい「欲しい」まで もうすぐ
新しい「欲しい」まで もうすぐ

自分になどできない。

あるいは今の自分にはできない。

そんな風に押し殺していたやりたいことが心にあります。

それを解放するんです。

続けていたら、できるようになるのが普通です。

本当にやりたいことがあるならやってみればいいんです。

そしてどんなに傷つこうが、どんなに苦しもうがまた必ず立ち上がれる日がやってきます。

だから苦しまなくてもいいんです。

苦しんだとしても、明日を見続けるんです。

ドラマ『姉ちゃんの恋人』とは?

ドラマ『姉ちゃんの恋人』は、大切な人を守るために、加害者を殴り逮捕された過去を持つ青年が新しい彼女を見つけるストーリーです。

主人公の真人(林遣都)は、恋人を守るために相手を殴って捕まってしまったのですが、守ったはずの恋人は襲われてなどいないと嘘をつき、真人は心を壊してしまいます。

そのことが真人原因で父親まで亡くしてしまい、生きることをやめていました。

自分は楽しんだらダメなんだ。

だから恋人なんて作ってはいけない。

そう思っていました。

旦那を亡くした母親(和久井映見)と共に、真人はひっそりと暮らしていました。

そこで出会った桃子(有村架純)は強く優しい女性でした。

互いに惹かれ合い、最終的に結ばれるんですが、二人は真人の過去を一緒に洗っていきます。

何も悪くない真人が苦しめられたその傷を桃子はゆっくり整頓してくれます。

どんなことがあっても、いつか必ず癒える時がきます。

どんな苦しいことがあったとしても、またやり直せる日がやってくるんです。