あいみょん「愛を知るまでは」歌詞の意味(解釈)とは?『コントが始まる』主題歌

あいみょん

あいみょんの「愛を知るまでは」は、ドラマ『コントが始まる』の主題歌です。

あいみょんの「愛を知るまでは」はどのような曲なんでしょうか。

あいみょんの「愛を知るまでは」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

あいみょん「愛を知るまでは」歌詞

作詞・作曲:あいみょん

いざ、手のなる方へと
導いたのは 誰でもない自分自身なのに
自信がないよ 笑っちゃうな
もたついている
空気が抜けたままの身体

走れど走れど続く
人生という名の死ぬまでのエピソードは
軽いままの身体では
吹き飛ばされて
すぐに終わってしまうな

あー、誰にもないものを持っていたいのになぁ
無理矢理に抱きしめてた
心を今解いて

優しい心を持ちたいのだけれど
時にはがむしゃらに怒って
涙は真に受け止める
愛を知るまでは死ねない私なのだ!
導かれた運命辿って
今日も明日も生きて行こう

目の前に見えた星は
幾千年の輝きを失いそう
夢で終わる夢ならば
見なくていいと 自分に言い聞かせた

あー、まだ咲ききれない
花のような毎日だなぁ
無茶苦茶に走り続けた
身体を今休めて

交わることのない誰かと巡り合い
無限に広がる雲に乗って
見たことのない虹を見たい
愛を知るまでは死ねない私なのだ!
導かれる運命頼って
今日も明日も生きて行こう

あー、誰にもないものを持っていたいのになぁ
無理矢理に抱きしめてた
心を今解いて

優しい心を持ちたいのだけれど
時にはがむしゃらに怒って
涙は真に受け止める
愛を知るまでは死ねない私なのだ!
導かれた運命辿って
今日も明日も生きて行こう

あいみょん「愛を知るまでは」歌詞の意味(解釈)とは?

あいみょんさんの「愛を知るまでは」は、夢を追うためには愛を知ることが必要だと伝えた曲です。

あいみょんさんの「愛を知るまでは」は、具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

あいみょんさんの「愛を知るまでは」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

いざ、手のなる方へと
導いたのは 誰でもない自分自身なのに
自信がないよ 笑っちゃうな
もたついている
空気が抜けたままの身体

好きなことをやりたいと思う一心で駆け抜けました。

でも自分の実力のなさに気づき怖気付いています。

今はどうしたらいいかわからないんです。

走れど走れど続く
人生という名の死ぬまでのエピソードは
軽いままの身体では
吹き飛ばされて
すぐに終わってしまうな

人生は長く広いです。

いろんなことが起きます。

それをどう生きるかは自分次第です。

強くなければなりません。

いろんな経験をするんです。

そうして太く重くなるんです。

あー、誰にもないものを持っていたいのになぁ
無理矢理に抱きしめてた
心を今解いて

才能、美貌、財産。

そんな生まれながらにして持ち合わせた勝つための能力を持たずに生まれた私は、無防備なままで戦います。

こんな自分が勝つためにはどうしたらいいか考えるんです。

今できることは、心を解いて自分がやりたいことをやることなんです。

もう閉じ込めることはしません。

自分がやりたいと思うことをやるんです。

優しい心を持ちたいのだけれど
時にはがむしゃらに怒って
涙は真に受け止める
愛を知るまでは死ねない私なのだ!
導かれた運命辿って
今日も明日も生きて行こう

そんな簡単に、人は感情をコントロールできません。

怒り、悲しみ、憎しみ、喜び。

そういうものを持ち合わせているんです。

いろんなことを感じ、学び、経験し生きていきます。

そして愛を確実に手に入れるんです。

それこそが人生です。

目の前に見えた星は
幾千年の輝きを失いそう
夢で終わる夢ならば
見なくていいと 自分に言い聞かせた

時は長く続いています。

私が生きた時間など一瞬です。

その中でやりたいと思うことを見つけたんです。

だったら力尽きるまで続けるんです。

たとえどんなことがあろうともやり抜くんです。

そう思っているんだけど、周りの人の目や立場、年齢などがその心を砕こうとします。

あー、まだ咲ききれない
花のような毎日だなぁ
無茶苦茶に走り続けた
身体を今休めて

自分はまだまだやれます。

まだ可能性があるんです。

やめない未来と、やめた未来。

どちらが自分にとっていいんでしょう。

もっとやりたいんです。

もっと頑張りたいんです。

でも今はそれが本当に歩む道なのか悩んでいます。

交わることのない誰かと巡り合い
無限に広がる雲に乗って
見たことのない虹を見たい
愛を知るまでは死ねない私なのだ!
導かれる運命頼って
今日も明日も生きて行こう

私には無限の可能性があるんです。

この夢の先にはさまざまな出会いがあって、新たな可能性に満ちています。

今まで経験したことのなことを経験したいんです。

そんな人生を見てみたいんです。

だから今はやっぱり追い続けるんです。

この心の底から湧き上がる確かな夢の指す方へ。

あー、誰にもないものを持っていたいのになぁ
無理矢理に抱きしめてた
心を今解いて

誰ももっていない確かな才能を持ち合わせていればよかったんですが、残念ながら私にはそんなものは備わっていませんでした。

でもそれが夢を諦める理由にはなりません。

だからこそ今はこの想いが思うまま行動するんです。

たとえ夢が叶わないとしても、この心が叫ぶ音楽を奏でたいんです。

優しい心を持ちたいのだけれど
時にはがむしゃらに怒って
涙は真に受け止める
愛を知るまでは死ねない私なのだ!
導かれた運命辿って
今日も明日も生きて行こう

人間は器用ではありません。

いろんなことに悩んで苦しんで生きていくんです。

そして時々出会える楽しみに身を寄せて、明日に希望を抱きます。

自分に素直になるんです。

やりたいことをするんです。

それこそが愛に満ちた人生の続きを描く原動力になるんです。

ドラマ『コントが始まる』とは?

ドラマ『コントが始まる』は、有村架純さん、菅田将暉さん、神木隆之介さん、仲野太賀さんなど今人気の俳優が集まったドラマです。

コント芸人を目指す3人の青年は30を前に解散を決意しました。

10年続けて芽が出なかったら止めると、親と約束したその10年がもうすぐやってきます。

マネージャー(中村倫也)には、これからが重要だと言われ心が揺れてしまいます。

もうダメだと諦めそうになった時に踏ん張れる人が成功するんだそうです。

春斗(菅田将暉)は親に芸人を続けたいと申し出ますが門前払いをくらいます。

春斗の兄は絵に描いたようにできる男でした。

しかし周りからの期待を背負い過ぎて、心を壊してしまいました。

春斗の夢を追う折れない心が兄に届いたのか、兄はもう一度歩み出す決意をします。

そして春斗のためにもう一度できる兄を演じるんです。

ドラマ『コントが始まる』は、夢を追うことの難しさ。

この世界で生きることの難しさを描いています。

必死で頑張って働いた人が、心を壊す世の中を私たちは生きています。

そんな残酷な世界で生きるにはやっぱり確かな愛に満ちた関係が必要なんです。

ドラマ『コントが始まる』はそんなことを伝えているんじゃないでしょうか。

そしてあいみょんさんの「愛を知るまでは」にもまさに夢や希望を追うために必要な愛が描かれています。

愛を知るまでは死ねないんです。

愛を知って、夢を追うんです。

みんなで助け合いながら生きていくんです。

あいみょんさんの「愛を知るまでは」とドラマ『コントが始まる』はそんなことを伝えようとしているんです。