WANIMA「旅立ちの前に」歌詞の意味(解釈)とは?「ファイト!九州」テーマソング

WANIMA

WANIMAの「旅立ちの前に」は、「ファイト!九州」テーマソングです。

WANIMAの「旅立ちの前に」はどのような曲なんでしょうか。

WANIMAの「旅立ちの前に」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

WANIMA「旅立ちの前に」歌詞

作詞:KENTA
作曲:KENTA

何をやっても上手くいかず
立ち止まって後戻りも出来ずに
その時だけどうかそんな時だけ
歌って欲しい歌がある

振り返ればぶり返す痛み
潰れそうな時はとっておきのリズムに乗せ
もう少しだけどうかあと少しだけ
かっこ悪くても…

誰だって悩んで誤魔化して笑って
生きていれば綺麗なままじゃ無理で
(降り出した雨)
ここにいる 心の中で旗を振る
人知れずまた生まれる音

まだ頑張れよ ただ踏ん張れよ
ヒントが無い今日も…
選ばれずに終わった時も…
何度も何度でも底から這い上がる
逃げる事無く耐えた君だけ
許されたスタートライン
失敗や後悔も 酸っぱい思い出も
描く未来 力となれ
苦しみを乗り越え 喜び数えたい

踏み出せ 次の一歩 怖れず
笑われても進め 諦めない事がアンチ
もっともっと前へ 強くグッと堪え溜め
その日が来る前に…この先で逢おう

誰だって悩んで誤魔化して笑って
生きていれば綺麗なままじゃ無理で
(雨あがり晴れ)
ここにいる 心の中で旗を振る
(この星のどこか)人知れずまた生まれる音

だから…
また頑張るよ
行きたい場所があって
抜け出して
見せたい景色があって
何度も何度でもここから立ち上がり
この未知を進もう

まだ頑張れよ ただ踏ん張れよ
ヒントが無い今日も…
選ばれずに終わった時も…
何度も何度でも底から這い上がる
逃げる事無く耐えた君だけ
許されたスタートライン
失敗や後悔も 酸っぱい思い出も
描く未来 力となれ
苦しみを乗り越え 喜び数えたい
何があっても…
不確かなまま まだ不揃いで
不可能を可能にただ変えたい

Hey この歌を贈ろう
Hey 旅立ちの前に
寂しい思いしないように
歌って届けて
Hey この歌を贈ろう
Hey ありがとうの代わりに
振り返らないで済むように
歌って届けて

Hey この歌を贈ろう
Hey 旅立ちの前に
寂しい思いしないように
歌って届けて
Hey この歌を贈ろう
Hey ありがとうの代わりに
振り返らないで済むように
歌ってどうか届けて

WANIMA「旅立ちの前に」歌詞の意味(解釈)とは?

WANIMAの「旅立ちの前に」はどうしたら諦めずに続けることができるか伝えた曲です。

WANIMAの「旅立ちの前に」は具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

WANIMAの「旅立ちの前に」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

これは読んだ方がいいと思います。

人生が変わるんじゃないでしょうか。

何をやっても上手くいかず
立ち止まって後戻りも出来ずに
その時だけどうかそんな時だけ
歌って欲しい歌がある

苦しい出来事は起きるものです。

そんな時どうしたらいいかわかりません。

歌なんて聴く気になれないかもしれません。

でも覚えておきたいです。

この歌があることを。

振り返ればぶり返す痛み
潰れそうな時はとっておきのリズムに乗せ
もう少しだけどうかあと少しだけ
かっこ悪くても…

諦めてしまいそうになることがあります。

辛くて立ち直れそうにない時もあります。

このまま辞めてしまった方が楽だと思うこともあるんです。

でももう少しだけ続けることができるかもしれません。

誰に何を言われようと、トライする方が良い時があります。

誰だって悩んで誤魔化して笑って
生きていれば綺麗なままじゃ無理で
(降り出した雨)
ここにいる 心の中で旗を振る
人知れずまた生まれる音

辛いことはいくらでもやってきます。

自分の手を汚してしまうこともあります。

上司に言われ嫌々行わなければならないこともあるんです。

そういう時に心が泣き始めます。

何もかも投げ出したくなるんです

まだ頑張れよ ただ踏ん張れよ
ヒントが無い今日も…
選ばれずに終わった時も…
何度も何度でも底から這い上がる
逃げる事無く耐えた君だけ
許されたスタートライン
失敗や後悔も 酸っぱい思い出も
描く未来 力となれ
苦しみを乗り越え 喜び数えたい

辛い状況が続いています。

全然うまくいきません。

もうどうしたらいいかわからない、そんな日々が続いているんです。

自分にはやっぱり無理なんだ。

あんな人のようになれる逸材じゃなかったんだ。

そう思い、悔しくて逃げ出したくなることがあります。

大抵の人はそこで諦めるんです。

でも何かを達成する人というのはそこから逃げない人です。

諦めないためにはどうしたらいいんでしょうか。

それはこの歌を聴くことでわかります。

踏み出せ 次の一歩 怖れず
笑われても進め 諦めない事がアンチ
もっともっと前へ 強くグッと堪え溜め
その日が来る前に…この先で逢おう

たとえ辛い状況が続いていたとしても諦めずに進んでいきましょう。

世間から見放されても相手にされなくても、やり続けるんです。
そここそが踏ん張りどころなんです。
続けることができたら、未来は見えてきます。

誰だって悩んで誤魔化して笑って
生きていれば綺麗なままじゃ無理で
(雨あがり晴れ)
ここにいる 心の中で旗を振る
(この星のどこか)人知れずまた生まれる音

誰にでも嫌なことは起きます。

うまくいかないことがあるんです。

うまくいかないことが起きた時、逃げても逃げなくてもいつか晴れの日がやってきます。

人生は繰り返します。

逃げても逃げなくても必ず良いことがやってくるんです。

だとしたら、逃げない方が断然得なんです。

だから…
また頑張るよ
行きたい場所があって
抜け出して
見せたい景色があって
何度も何度でもここから立ち上がり
この未知を進もう

やりたいことがあるからやっているんです。

今より幸せになりたいから挑戦しているんです。

この現状を抜け出したいはずなんです。

周りの人を幸せにしたいはずなんです。

だったらまたやらなければなりません。

もう一度試すんです。

まだ頑張れよ ただ踏ん張れよ
ヒントが無い今日も…
選ばれずに終わった時も…
何度も何度でも底から這い上がる
逃げる事無く耐えた君だけ
許されたスタートライン
失敗や後悔も 酸っぱい思い出も
描く未来 力となれ
苦しみを乗り越え 喜び数えたい
何があっても…
不確かなまま まだ不揃いで
不可能を可能にただ変えたい

どんなことがあっても、うまくいかない日が続いていたとしても、やりたいことがあるはずです。

自分だってできるんだというところを見せたいはずです。

もしそこで諦めてしまったら、普通の人だったということです。

そうじゃないはずです。

僕らはやれるんです。

Hey この歌を贈ろう
Hey 旅立ちの前に
寂しい思いしないように
歌って届けて
Hey この歌を贈ろう
Hey ありがとうの代わりに
振り返らないで済むように
歌って届けて

そこには応援してくれる人がいます。

周りにそんな人がいなくても、WANIMAの「旅立ちの前に」が応援してくれています。

やり続けるです。

歌い続けるんです。

Hey この歌を贈ろう
Hey 旅立ちの前に
寂しい思いしないように
歌って届けて
Hey この歌を贈ろう
Hey ありがとうの代わりに
振り返らないで済むように
歌ってどうか届けて

WANIMAがついています。

苦しいことがあったらこの歌を聴きましょう。

そしてもう一度トライするんです。

WANIMA「旅立ちの前に」を聴いた感想

人生では辛いことがたくさんあります。

思えばその都度やる気を失って逃げ出してきました。

このブログも何度も更新をやめています。

プログラミングもわからないところで何度も諦めてきました。

コロナ禍でもうダメだと逃げ出したことを覚えています。

でも今思えばあの時続けていたら今はもっとこうだったのにと思うことがあるんです。

もちろん続けるべきではなかったこともあります。

でも多くのことは続けていた方が良かったと思えることです。

諦めそうになった時、僕らはどうして諦めてしまうんでしょうか。

僕の場合は手を出し尽くし、もうどうしたらいいかわからなくなった時に諦めてしまいます。

コロナの時も世界が変わり、今までの計画通りではうまくいかないと知った時どうしたら良いかわからなくなりました。

でもそんな時でも資格の勉強をして自分を成長させようとしていた人がいることを知りました。

僕らが歩みを止めている時でも、諦めずに何かに挑戦している人がいます。

(雨あがり晴れ)

人生は巡り来るものです。

辛いことも楽しいこと、うまくいくことも必ず循環するんです。

それは諦めなくても同じです。

諦めようとしたその日だって晴れているかもしれません。

たとえ雨の日だとしても、二、三日もすれば晴れがやってくるんです。

だとしたらずっと続けながら晴れの日を楽しむ方がいいんです。

どうしてもできないことがあるのであれば、見落としていることがないかもう一度確かめてみるんです。
何度も見てきたことにやりのこしたことがないか確認してみるんです。

過去と現在と未来は違います。

世界は目まぐるしく変化しているんです。

きっと同じことを行ったとしても違う結果がやってきます。

諦めずに進みましょう。

そしたらあの時やっていればよかったという後悔はなくなります。

WANIMA「旅立ちの前に」MVの意味(解釈)とは?

WANIMAはどうして「旅立ちの前に」をリリースしたんでしょうか。

WANIMAが戦う土俵はとても厳しい世界です。

ライバルには、ミスチル、ヒゲダン、ワンオクなど錚々たるメンバーがいるんです。

いつ自分たちが売れなくなるかわかりません。

自分たちの曲など不要だと言われればそれまでです。

WANIMAは世間から相手にされなくなったらやりたくない仕事をすることになります。

今までステージに立っていた自分が夢を捨てることになります。

コロナ禍でミュージシャンの収入も落ちているのではないでしょうか。

辛い現実はいつも突き刺さるんです。

それでもやり続けることができるのは、「旅立ちの前に」で語られる諦めない方法を知っているからではないでしょうか。

ここに至るまで様々な努力をされてきたんです。

今この瞬間にも売れずに夢を追い続けているミュージシャンがたくさんいます。

その中で勝ち抜いてきたんです。

そしてまたレベルの高いプロの世界で戦い続けるんです。

それは相当な努力を要するものです。

私たちはそんな苦しい中で生きるWANIMAが発する声を聴くことができるんです。