Ado「踊」歌詞の意味(解釈)とは?〜騒ぎたければ騒ごうよ〜

歌詞考察

Adoさんの「踊」は、NHK「夜光音楽 ボカロP 5min.」(日曜深夜0・35)のテーマ曲です。

Adoさんの「踊」はどのような曲なんでしょうか。

Adoさんの「踊」の歌詞の意味を考えていきます。

Ado「踊」歌詞

作詞:DECO*27
作曲:Giga・TeddyLoid

半端なら K.O. ふわふわしたいならどうぞ
開演準備しちゃおうか 泣いても笑っても愛してね
ほら Say No 低音響かせろ

なんだかな…ってつまんないこともあるでしょう
ロンリー論理のノート ハンディー本気脱走
やんなっちゃって泥に Bad ご法度だろうが溺れて堕ちて そろそろいっか

もっと頑張って アガるまでもっと頑張って
繋がろうひとりよりふたり 増えたら安心 心配ないや

Alright 任せて Don’t Mind
波あり難題 みんなで乗っかっちゃえば
案外さくっと行っちゃいそう

半端なら K.O. ふわふわしたいならどうぞ
開演準備しちゃおうか 泣いても笑っても愛してね
ほら Say No 低音響かせろ

今宵は暗転パーティー
Woah 踊りだせ 踊りだせ 孤独は殺菌 満員御礼
Woah 痛みまで おシェアで ここらでバイバイ Let go

どんな劣等感だとて 即興の血小板で
抑え込んで 突っ込んで 仕舞っちゃうでしょ

Up and down なテンション
ねえまいっちゃってんの相当
ドバっと噴き出すのは 本音の独り言

「別に興味ない」
「特に関係ない」
塞ぎ込んで 舌鋒絶頂へ
合図を奏でて PrrPrrPrr
ほら集まって夜行だ 鳴いていこう

半端なら K.O.

Woah 踊りだせ 踊りだせ 孤独は殺菌 満員御礼
Woah 痛みまで おシェアで 今宵も暗転パーティーだ
Woah またのお越しを きっと
Woah 次回までお元気で ここらでバイバイ Let go

Ado「踊」歌詞の意味(解釈)とは?

Adoさんの「踊」は、騒ぎたい時に騒ごうぜと伝えた曲です。

Adoさんの「踊」は具体的にどのような曲なんでしょうか。

Adoさんの「踊」の歌詞の意味を考えていきます。

半端なら K.O. ふわふわしたいならどうぞ
開演準備しちゃおうか 泣いても笑っても愛してね
ほら Say No 低音響かせろ

何事も本気でやった方がいいです。

ダラダラしてるなら相手にしません。

泣きたい時は泣いて、笑いたい時に笑うんです。

全てを全力でやりましょう!

なんだかな…ってつまんないこともあるでしょう
ロンリー論理のノート ハンディー本気脱走
やんなっちゃって泥に Bad ご法度だろうが溺れて堕ちて そろそろいっか

どうしてもうまくいかないことがあります。

逃げ出したくなることもあるんです。

「あれ、これってどう考えても終わりじゃん」って思うこともあります。

そういう時は死んじゃった方が楽ですよね。

みんなそんなことを経験しているです。

もっと頑張って アガるまでもっと頑張って
繋がろうひとりよりふたり 増えたら安心 心配ないや

そんな辛いことがあったなら、誰かと集まって騒いで忘れたらいいんです。

自分1人だと辛いだけです。

いろんな人に出会うことで可能性が広がります。

Alright 任せて Don’t Mind
波あり難題 みんなで乗っかっちゃえば
案外さくっと行っちゃいそう

どんなことがあっても焦ってはいけません。

1人では解決できないなら、誰かに頼ればいいんです。

人手が足りないからできないということもあります。

だったら協力を仰げばいいんです。

1人で考えていてはいけません。

半端なら K.O. ふわふわしたいならどうぞ
開演準備しちゃおうか 泣いても笑っても愛してね
ほら Say No 低音響かせろ

自分が100%投資できることをやるんです。

真面目になれるものに時間を割くんです。

面倒な行きたくない誘いならNoと言いましょう。

その時間がもったないです。

今宵は暗転パーティー
Woah 踊りだせ 踊りだせ 孤独は殺菌 満員御礼
Woah 痛みまで おシェアで ここらでバイバイ Let go

今日で全てを変えちゃいましょう。

嫌なことは全て忘れるんです。

みんなで騒いで楽しみましょう。

辛いことも全部吐き出すんです。

どんな劣等感だとて 即興の血小板で
抑え込んで 突っ込んで 仕舞っちゃうでしょ

「自分に自信が持てない」「自分にはできない」「なんであの人はできるんだ」

そういうことを考えて動きを止めるのは意味がありません。

そんな劣等感は全部捨ててしまえばいいんです。

そんなものほど不要なものはありません。

Up and down なテンション
ねえまいっちゃってんの相当
ドバっと噴き出すのは 本音の独り言

感情の起伏が激しいのは相当なストレスを受けている証拠です。

だったらどこかで発散しないといけません。

騒ぎたい時は騒げばいいんです。

「別に興味ない」
「特に関係ない」
塞ぎ込んで 舌鋒絶頂へ
合図を奏でて PrrPrrPrr
ほら集まって夜行だ 鳴いていこう

舌鋒とは、言葉の矛先のことです。

言葉の矛先が絶頂になります。

自分の感情をいつも押し殺して生きています。

真面目に生きて、社会人やってるんです。

それは本当の自分なんかじゃありません。

だったら本当の自分を曝け出す必要があるんです。

半端なら K.O.

Woah 踊りだせ 踊りだせ 孤独は殺菌 満員御礼
Woah 痛みまで おシェアで 今宵も暗転パーティーだ
Woah またのお越しを きっと
Woah 次回までお元気で ここらでバイバイ Let go

今日は真面目に楽しむんです。

最高に楽しんで欲しいんです。

このつまらない世界の中にも本当に楽しい時間があることを知って欲しいんです。

孤独に耐えたらいけません。

ストレスは発散しましょう。

(コロナ自粛中は自粛しましょう!)

Ado「踊」を聴いた感想

ニュースで若者は全然ダメだなんてことをよく聞きます。

コロナ禍で自粛期間中なのに渋谷の人が全然減らないとか。

もちろんそうです。

感染拡大は防止しなければなりません。

でもどうして若者は渋谷に集まっているんでしょうか。

Ado「踊」を聴いて少しわかったような気がします。

社会はあまりにも窮屈です。

自分のやりたいことをしたらすぐに叩かれます。

政治家も芸能人も足の引っ張り合いです。

そんなことを見ていると息が詰まるんです。

会社でも同じようなことが起きているんじゃないでしょうか。

そんな世界だからこそ、全てを忘れられる場所が必要なんじゃないでしょうか。

おじさんたちも体に悪い酒を飲んでストレスを発散しているんです。

コロナはそういう場所を奪ってしまったんでしょう。

だとしたら新しい何かを提示する必要もあるかもしれません。

Adoさんの「踊」はそういう場所の1つなんではないでしょうか。

Adoとは?

Adoさんは2021年4月現在18歳の女性歌手です。

「うっせぇわ」のYouTubeMV再生回数が1億回を突破しました。

今すんごく話題のアーティストです。

「踊」という曲のタイトルはすごく斬新です。

新しいアイデアで人々を魅了します。

今若者から絶大な支持を得ている彼女のこれからの活動に注目です。